ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Nine Inch Nails – Strobe Light

 Nine Inch Nails - Strobe Light Cover

 – Tracklist –
 01. Intro Skit
 02. Everybody’s Doing It (featuring Bono, Chris Martin & Jay-Z)
 03. Black T-Shirt
 04. Pussygrinder (featuring Sheryl Crow)
 05. Coffin on The Dancefloor
 06. This Rhythm is Infected
 07. Slide to the Dark Side
 08. Even Closer (featuring Justin Timberlake and Maynard Keenan)
 09. On the List (She’s not)
 10. Clap Trap Crack Slap
 11. Laid, Paid and Played (featuring Al Jourgensen and Fergie from the Black Eyed Peas)
 12. Feel Like Being Dead Again
 13. Still Hurts (featuring Alicia Keys)
 14. Outro Skit



 - 05. Coffin on The Dancefloor



 - 07. Slide to the Dark Side


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2019.04.01
 Label : Not On Label

 Keywords : Alternative, Electronic, Mashup, Nine Inch Nails.


 Related Links :
  ≫ Atticrent Reznoss on Twitter

  ≫ nine inch nails | the official website


+ + + + + +


Nine Inch Nails(NIN)のTrent Reznor(トレント・レズナー)は2009年の4月1日に、NINのニュー・アルバムとして“Strobe Light”のリリースをアナウンスしました。私もTwitterだったかどこだったか、正確には忘れましたが、実際インターネット上でその情報を目にしました。製作に関わったとされるのは一線級のアーティストばかりで、U2のBonoやJay-Z、Sheryl Crow、Justin TimberlakeにTOOLのMaynard Keenan、MinistryのAl Jourgensen、Alicia Keysなどなど、錚々たる顔ぶれ。しかもプロデュースはTimbaland。NINがこんなメンツでアルバム作るの?って驚いたもんですが、それと同時に何かおかしくね?って思ったことも覚えています。ジャケットイメージもNINぽくないというか、絶妙にハズしている感じだし、違和感満載だったんですが、それもそのはずというべきかどうか、このアルバムはトレントのかましたエイプリルフールのジョークだったんですね(詳細はNinWikiを参照)。何だよおかしいと思ったハッハッハッと笑ったあの日から早10年―

2019年4月1日、ファンメイドによる“Strobe Light”がインターネット上に現れました。完全フリーという形で。裏にいるのはAtticrent Reznossという、NINの右腕であるAtticus Ross(アッティカス・ロス)とトレントの名前をもじったかのようなユーザー名を持つ人物。アカウントには“seed9”というワードが使われています。トレントがこの作品に反応しているのかどうかは調べていませんが、NINの美術監督も務めるRob Sheridanは関知しているようで、Twitterでこのアルバムを取り上げています。

トラックリストも2009年にアナウンスされたものがそのまま使われています。どういった内容になっているのかが気になるところですが、これまでのNINの楽曲、それからフィーチャーリングとしてクレジットされているアーティストのヴォーカルを使った、マッシュアップなアルバムになっています。もともとNIN自体がリミックスワークには積極的だし(オリジナルアルバムのほとんどにリミックス盤が存在する)、“YEAR ZERO”に対するリミックス盤“Y34RZ3ROR3M1X3D”の後に開設されたRemix.nin.com(現在はアクセス不可)においてはファンに自身の楽曲のソースを公開し、自由にリミックスとアップロードを許可したり、“GHOSTS Ⅰ-Ⅳ”のリリース時には、“Ghosts film festival”と称してYouTube上で楽曲に対する映像作品を募るなど、常にファンの創作意欲を刺激するような、そんな姿勢をとってきた。そんなトレントだから、今作についても特別に目くじら立てるなんてことはないと思いますし、興味をもって聴いているかもしれません。

イージーな言い方をすれば、異なる楽曲のバックトラックとヴォーカルを組み合わせてひとつのトラックに仕上げているというのが、今作なわけですが、ファンとしてはその組み合わせの妙を楽しむことになりますね。で、感想としましては非常にクオリティが高いと思います。すべてAtticrent Reznoss(seed9)の手によるものなのかは分かりませんし、詳しく調べてはいませんが、もともと何処か―たとえばNinremixes.comなど―で公開されていたものではなさそうです。上に書いたようにNIN自体がリミックスに対してオープンなので、ウェブ上にはファンによってリミックスされたトラックが沢山ありますし、私も少ないながら耳を通しています。まあリミックスとマッシュアップでは同じラインで比べられませんが、直感的な感想では、数多あるリミックスと比べても、頭一つ出てると思います。

全曲を分解したり感想を書いたりするのは長くなりすぎるので、かいつまんで。マッシュアップという手法も関係しているのでしょう、基本的にはリズムが活きていたり、ディスト―ショナルなギターが入ってくるような、ノリの良いトラックが多いです。でも流れとしてはきちんと緩急がつけられていて、アルバムとしてのまとまりが意識されている印象です。

カッコいいなあと思った意外な組み合わせは、M-3―‘Into The Void’のバックトラックに‘Terrible Lie’のヴォーカル。ぜんぜん違和感ないのな。もともとがハンマービートな感じなので、‘Into The Void’の引き締まったリズムが合うんでしょうね。M-5も巧みな組み合わせでこれまたカッコいい―‘The Hand That Feeds’の分かりやすいリズムに、‘Discipline’を組み合わせ、間には‘Survivalism’を挟み込みながら勢いをつけ、徐々に‘All The Love In The World’を重ねつつ、ラストは完全にそのテンションで塗りつぶすという、スゲーなあ。そこから続くM-6で‘Wish’のリズムが走ってるのがまた堪らんですね。しかも合わせてるのは‘March Of The Pigs’っていう。吹き荒れるディスト―ション。

その次のM-7も‘The Big Come Down’のリズムっていう、かなりヘンテコなリズム使ってるんですが、そこに重ねてくるヴォーカルがなんと‘Burn’ですよコレ! しかもサビ的に‘Meet Your Master’を使うっていう、‘Burn’ってのあのギターが突っ走る感じがクライマックスになってると思うんですが、それがなくても見事に楽曲としてのテンションが持続しているというか、お見事ですね。すげーカッコいい。

M-11は‘Starfuckers, inc.’に‘Every Day Is Exactly The Same’というありそうもない組み合わせで盛り上がりを作りつつ、Ministryの‘T.V.II’からのシャウトも織り交ぜて爆発させたままM-12が‘Dead Souls’(Joy Divisonのカバーですね)のリズム! そこに‘Sanctified’を合わせてくるという、またこの妙! ダイナミックなリズムとギターで迎えられた‘Sanctified’のメロディは確実に新たな魅力を獲得しています。

しっとりトラックっていうのかな、緩急の‘緩’にあたるトラックには言及しませんが、ラストは‘Hurt’で締めくくってくれます。

ということで、楽曲のクオリティはもちろん、NINらしいテンションの作り方、またアルバムとしてのバランスも考えられていて、これはNINファンならマスト、ファンならずとも耳を傾けてみても損はない作品。そしてNINのオリジナルアルバムが聴きたくて堪らなくなりますねえ(というか実際聴いてました)。気になってしまった人は今からでも遅くはない、NINのファンになりましょう。


+ + +



+ + +


(CC)by – nc – sa 3.0



Salfumán – IWYL

 Salfumán - IWYL Cover

 – Tracklist –
 01. IWYL
 02. Y no te das cuenta
 03. Disco Chill



 -  02. Y no te das cuenta


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.08.05
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Chill, Pop, SynthWave, Vocal.


 Related Links :
  ≫ Salfumán on Facebook / on SoundCloud / on bancamp / on Spotify


+ + + + + +


いいですねえ、このジャケットイメージ、ビビッときますよ。黒いシャツに黄色いジャケット(コートかな?)、周囲を囲むのは緑の植物たち。リラクシンな空間に刺す、イエローという一筋の刺激。そして赤いルージュ。モダンなような、レトロなような、不思議なフィーリングですが、これは彼女の音楽にそのまま通じるような気がします。ちなみに前作のジャケットイメージにも黒、黄色、緑は用いられていて、自身の中で何かキーになっている色なのかもしれませんね。あと植物も良く使われてます。

そんなSalfumánは、スペインのシンガーソングライターSandra Rapulpのソロプロジェクト。Love Our Recordsを活動の基盤にしているようで、いくつかの作品はそちらからリリースされています。

コケティッシュといってよいんでしょうか、ウィスパー気味のヴォーカルが彼女の音楽のもっとも分かりやすい特徴かと思います。ギターも使われていはいますが、それほど主張はしておらず、むしろシンセによるAmbientな空間作りや、合成的ドリーム感が印象的です。歌詞もスペイン語なんでしょうか、聴いていてエキゾチックな感覚がありますね。

近作になるにつれてPopになってきていると私は勝手に思っているんですが、どうでしょうか―特に“C Y C A”(2016)から“Ambiente Satén”(2017)の辺り、これまでより高いポイントに達している感があります。‘Satén’のストレートにSynthWaveな佇まいとか、それまでにあまりなかったと思うし、このドライヴ感、堪らない(シンセと拮抗するギターの音がヒューマンエモーショナル)。じゃあなんで敢えてこの作品を選んだのかっていう話になりますが、逆にちょっと抜いてきたというか、角度をずらしてきたような聴き心地があって、面白かったからです。

M-1‘IWYL’はシンセも使われているもののそれはぜんぜんSynthWaveのタッチを感じさせるものではなくて、完全に添え物、簡素なギターとリズムで構成された余白の多いトラックにささやくヴォーカルが乗り、アダルティな空気が醸される。M-2‘Y no te das cuenta’もミニマルなリズムとシンセに不定型なヴォーカルラインが乗っかって、そこに生まれるのはChillWaveにも通じる気だるげなサマーヴァイブという、これまであまり見せていないスタイル。割と短めで、インタールードのような役割なのかもしれませんね。ハッキリとした歌もないままに終わってしまいますし。M-3‘Disco Chill’はタイトル通りにディスコテックなリズムではあるものの、フワッとしたシンセと、わざとメロディを崩したようなヴォーカルスタイルが印象的で、不思議な聴き心地ですね。だからDisco Chillなのか。

ということで、全3曲とコンパクトですが、特徴豊かなトラックが収められていて、よい作品だと思います。ときおりPrefab SproutとかNew Orderとか、最近だったらMirror Kissesとか感じたりしなくもないので、その辺のファンの人にもアピールする部分があるかもしれません。思い切り余談ですが、Salfumánの声は誰かに似てるなあと思って、ずっと記憶をほじってたんですが、出てきたのが12 RoundsのClaudia Sarneでした・・・ぜんぜん音楽的に違うけどな。

近作になるとタグにVaporWaveがついていますが、どの辺りなのかなあ、音楽的にはソフトなラウンジ感というか、スムースジャズやフュージョンからの影響があるのかもしれませんね。あとは意匠的には当初から影響受けてる気がします。



 - Satén (from “Ambiente Satén”)



 - C Y C A(from “C Y C A”)


+ + +




+ + +


Arte de Eugenia Gómez


(CC)by 3.0



keyseeker – existence

 keyseeker - existence Cover

 – Tracklist –
 01. existence
 02. apathy



 - 02. apathy


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.11.19
 Label : Not on Label

 Keywords : Ambient, Piano, Sad, Scene.


 Related Links :
  ≫ keyseeker on SoundCloud / on bandcamp / on Spotify / on Twitter / on YouTube


+ + + + + +


John Cageの“4’33″”を引き合いに出すまでもなく(だから話は早速ズレるけれど)、無音というのは十分に作品たり得ると思っています。というのも無音の外から聞えてくる音が我々の心に何がしかの影響を与え、その中に感じられるものが確かにあって、それは無音あればこその感覚だと思っているからです。

keyseekerのこの作品を聴いていて、そんな思いを改めて抱きました。ピアノの短いメロディ、フレーズが流れた後の、一瞬の間―だから正確には、ここにあるのは無音ではないでしょう―、その瞬間に心の中に広がる感情、景色。それは確固としたものではなくて、漠然とした、いつかの思い出のような、あるいはどこかで見た景色のような、ひょっとしたら実際に体験さえしてないかもしれないけれど、けれど確実に頭蓋の中を一度は通り過ぎて行った、つまりは知覚された、アブストラクトな何か。呼び起こされるのは悲しみを伴う懐かしさ。ノスタルジャーな私はその懐かしさに何度でも触れたくて、わずか2トラックで3分前後という短いこの作品を、何度でも再生してしまう。結局何もつかめないのだけれど。

keeseakerは、かつてはafterstoriesの名義で活動し、現在もnermuri winterの作品に参加しながら、温かみのある抒情的でMelodicなElectronicaを作っていますが、こういうピアノ一発っていうスタイルはあまりなかったような気がします。余計なもの差っ引いて抒情性が浮き彫り、みたいな、ある意味グロいっていうか、聴取感はジンワリなんだけど、心へのインパクトはファイヤーバード・スプラッシュを喰らった時みたいな(すいませんフザケマシタ。もちろん喰らったことはありません)。シネマティック、風景的で、とても好きなんですねえ。音が鳴って、自分の中に景色が流れてくるこの感覚、音楽の醍醐味だと思うわけですよ。たまにやっぱり音楽は魔法だなって思うんです。そんな作品。

bandcampやSoundCloudを辿れば他の多くの作品を聴くことができるでしょう。そしてkeeseakerの最新トラックは(おそらく)“Olive”。nemuri winterで公開されています。下に張らせていただきますのでどうぞお耳を―



+ + +


(CC)by – nc 3.0



The Learning Company ® – Observations on Ritual Landscape, Pilgrimage, and Human Sacrifice in the Southern Ouvis Region [PHANTOM-22]

 The Learning Company ® - Observations on Ritual Landscape, Pilgrimage, and Human Sacrifice in the Southern Ouvis Region [PHANTOM-22] Cover

 – Tracklist –
 01. Mountains of Sustenance and Cliffs of Paradise in Uvaisan Pilgrimage
 02. The procession leaves the village with drummers, flutists, ritual officials, and red banners – proceeding to Mount Uwei. They ascend and play their instruments until they reach the summit; there they play all night until the third day and do not sleep so they can preside over their Gods.
 03. Uvaisan Ritual Object
 04. What It Looks Like to Us & the Anthropological Terms We Use to Describe an Evil
 05. Uvaisan Pilgrims Ascend Mount Uwei
 06. Acropolis flanked by cliffs, ritual architecture, large zoomorphic figures, and three lakes
 07. Curved mountain that resembles depictions of Shu’ve in Uvaisan codices, near the Kajai’sha River
 08. Cannibal Women Descending a Stone Causeway
 09. The Apparition of Mary Above Pilgrims at the Shrine of Uvaisan
 10. Ritual Cave at the Ruins of Uwei
 11. One tribe’s sacred pilgrimage to a Shu’ve hidden temple goes haywire when the cave turns out to also be a backdoor to a wrathful jungle deity
 12. Uvaisan shrine of piled stones in a pool of blood at the end of a tunnel
 13. Incense burners light the way to an exit
 14. Uvaisan Pilgrims Sacrifice a Young Male at a causeway terminus, Crest of Zaisan
 15. Blood & Springwater Flowing Over a Ritual Cliff at Zaisan
 16. Mouth of the Sacred Shu’ve
 17. Line of Basalt Monuments Near Mounds, Spring, and Hills, Zaisan
 18. Ouvis Islands & Ritual Waters
 19. Conclusions: Neutralization/Sword of Saint Michael



 - 06. Acropolis flanked by cliffs, ritual architecture, large zoomorphic figures, and three lakes


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2019.02.19
 Label : PHAṅTom ᴀᴄᴄᴇSS haze

 Keywords : Dungeon Synth, Midi, NewAge, RPG, Synth, VaporWave, VGM.


+ + + + + +


“懐かしく思い出した。本格ミステリィの潔さを”。というのは、周木律さんの書いた推理小説“堂”シリーズの第一作“眼球堂の殺人”に、森博嗣さんが寄せた惹句。今作を聴いていてそんな言葉がよみがえったのは(ちなみに“堂”シリーズは2019年2月刊行の“大聖堂の殺人”を以て、完結した)、懐かしく、潔い、というワードがあてはまったからに違いない。

てっきり動きを止めたと思っていたPHAṅTom ᴀᴄᴄᴇSS haze(ex. ♱ )がちゃっかりカムバックしていることに気づいて、リリースをチェックする中で、圧倒的異彩を(というかこのレーベル/コレクティヴのリリース全体が異彩な気もする)放っていたのがこの作品。そもそもレーベル/コレクティヴなのか、一人が複数名義を使って作品をリリースしているだけなのか、いまだに判然としませんが、今作の作り手はThe Learning Company ®。“原子カフナCAFE”の拡張版、“原子カフナCAFE (a moderately enhanced audiophonic experience) ”の作り手としてその名前を見ることができますし、Karen Weatherlyの作品にもクレジットされています。

たとえばそう、Karen Weatherlyの“A Separate Reality”について、それはCarlos Castaneda(カルロス・カスタネダ)の著作に基づいた(架空の)冒険譚にあてがわれたサウンドではないかと、私は想像を逞しくしたわけですが、今作についても、これは似たコンセプトなのかなあと思い、ここに秘められている物語の源を探ってみようと試みたわけですが、さっぱり分かりませんねん・・・。各トラックのタイトルから何となく察するに、そしてタグに“RPG”と使われていることからして、やはり何がしかの冒険(それもビデオゲームの中の)がイメージされているのだろうとは思うのですが。このレトロな洋ゲー感丸出しのジャケットイメージとかどっから持ってきてるんだろう・・・知りたかったぜ。現代の少年が遺跡の中で不思議な剣を見つけて、異世界へ旅立つ・・・てまあ、ありきたりだけど、そんなお話が下地にあるのかなあ。

曲はMIDI風の音源で軽快な部分もあるんですが、トラックタイトルはけっこう穏やかじゃないですよね、M-12は‘Uvaisan shrine of piled stones in a pool of blood at the end of a tunnel’だし、M-14, 15も‘Uvaisan Pilgrims Sacrifice a Young Male at a causeway terminus, Crest of Zaisan’‘Blood & Springwater Flowing Over a Ritual Cliff at Zaisan’と、血のプールに石を積み重ねて作られた建物だったり、生贄や儀式と、血なまぐさいイメージが並んでいます。そういった部分のせいもあるんでしょうか、曲自体に圧力は決してないんですが、どこか重々しく、グロテスクに感じられてしまうのです。なんなら導入部のM-1にいつかのOPN(Oneohtrix Point Never)を感じたせいもあるかもしれません。メロディはあるけれども決して明るくはなく、ときおりバロック音楽やフォークロアを感じさせ、なおかつVGMを匂わせるという体裁からは、Dungeon Synthと共振するものを感じますし、積極的にその方向から紹介する人がいてもおかしくない。MIDI風のサウンドにごまかされてしまう部分もありますが、よくよく聴くと、面白いし、よくできている作品だと思います。私の中では名うてのトラックメイカーですね。

そう、“懐かしい”MIDI風のサウンドを、“潔く”使っていながらも、なんで”VaporWave”なん?て言われたら正直分かりませんよそんなもん。明らかに“過去”のものであるMIDIサウンドをNewAge調の大仰なサウンドと共にリバイヴさせているという点、プラス、その大仰さの中に漂う不穏なサウンドが、VaporWaveの何たるかを感じさせるからでしょうか。・・・にしてもタイトル長いなあ、いや、長いよなあ。

なぜか聴いていて思い出したビデオゲームがあってですね、いずれもKEMCO(ケムコ)が発売した作品で、“シャドウゲイト”と“悪魔の招待状”でした。不気味なんだけど、どこか滑稽、そして世界はファンタジーという部分で、リンクしたのかもしれません。以下に―













+ + +


Some rights reserved. Please refer to individual track pages for license info.



Hevel – Nowhere Have You Gone

 Hevel - Nowhere Have You Gone Cover

 – Tracklist –
 01. Sleeping Beauty
 02. Love From Dirt
 03. Whereof One Cannot Speak
 04. Thereof One Must Remain Silent



 - 02. Love From Dirt


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2019.06.03
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Classical, Drone, NewAge, Orchestral.


 Related Links :
  ≫ Hevel on SoundCloud / on bandcamp / on Spotify


+ + + + + +


以前にも“Insides”を紹介したHevelの新しい作品が、bandcampを通じてリリースされています。

彼のサウンドスタイルはAmbient/Drone。ミニマルな持続音の起伏で、抑制されていながらも抒情的な美しいメロディを奏でているような、そんな作品が多くありました。ときには明確な、エディットされたギターの音がそこに加わったりもしましたが、それはやはり楽器の音を意識させるというよりは、空間的な演出が意図されていたように思います。

そんな、これまでの作品と比較すると、今作はある種のチャレンジがあるのではないかという気もします。ピアノやストリングスが惜しげもなく、ストレートに、つまりメロディを鳴らすために用いられていて、ここまでにはあまり見せていなかったClassical/Orchestralな要素が顔をのぞかせているからです。

厳かな楽器音と、それによって奏でられるメロディは、これまでにも増して抒情性をもってリスナーを包み込み、静かに、想像力を掻き立てます。また楽器音に加えて従来からの電子音も巧みに織り込まれているので、方向転換というよりは、あくまでもこれまでの作品の延長線上にあるサウンドだと思います。今までよりもサウンドが直接的になっている分、Ambient/Droneからは遠ざかっているようにも受け取れますし、そこに寂しさを覚えるリスナーもいるのかもしれませんが(メロディが強すぎるというかね。瞑想的なイメージからはやや離れています)、個人的にはこのAmbient/Drone~Classical/Orchestralなスタイルはとっても好きです(じんわりしたAmbient/Droneも勿論ヨイデスケドね)。映画のサウンドトラックのようですね。お気に入りの何がしかの映画とか、あるいは本の中の物語とか、思い浮かべる人もいるんじゃないですかね。

だんとつ白眉はM-2‘Love From Dirt’。上にも書いたように、直球でピアノとストリングスなトラックですが、この作品のこの位置にあることですごくこのスタイルが映えていると思います。M-3‘Whereof One Cannot Speak’の複数レイヤーによるセンチメンタルな奔流から、ラスト‘Thereof One Must Remain Silent’における光と決意を感じさせるような、荘厳なラスト。総じてドラマチックに仕上がっていると思います。

小粒かもしれませんが、良作です! 気に入った方は他の作品も是非。



Samsara inc. – Simple Stories[CUNTROLL115]

Samsara inc. - Simple Stories[CUNTROLL115] Cover

– Tracklist –
 01. Forgetting
 02. Owls
 03. Forgotten amusement park
 04. Waterfalls
 05. Spring
 06. Hero(in)side
 07. Millenium
 08. Musicbox

 - 02. Owls


+ + +


Release Page Download Free! / [also available

Release Date :2018.03.01
Label : Cuntroll

Keywords : Ambient, ChillOut, Downtempo, Electronica, Guitar, Melodic.

Related Links :
≫ Samsara inc. on SoundCloud / on VK


+ + + + + +


ロシアンネットレーベル、Cuntrollより。同じくロシアントラックメーカーのSamsara Inc.(Rodion Kudryavtsev)の作品です。以前にも同レーベルからの“Possible Worlds”を紹介しています。

私の偏見かもしれませんが(おそらくそうでしょう)、ロシアのミュージックって、音の組み合わせ方とか音のバランスとか、要は音作りが独特というか、極端であるイメージなんですが、今回のSamsara inc.のサウンドは統制が取れている。いや独特な部分もそれはもちろん感じられるのだけれど(どっちだよ)、私の中ではバランスが取れているということです。

小気味よいリズムにピアノやシンセの澄んだ音色を織り交ぜてAmbientiveでありながらしっかり動きのある空間を作るんですが、このSamsara inc. の特徴といえば何といってもギターでしょう。しかしながら流れる景色の中で感情性を醸し出すギターの音色は今回そんなに自己主張してこなくて、全編通してみると総じてサポートに回っている印象です。だからかどうか、曲調もちょっとメロウによっている気がします。そのせいでしょう、前作に書いたような、インディギターバンドみたいなイメージはちょっと薄れました(ダイナミックな音像はM-5, 7くらいですか)。細かいGlitchだとか、トライバル、パーカッシヴなリズムだとか、演出、エフェクトにこだわりが向けられている気もします。

M-6の‘Hero(in)side’だけ、夜の底で思考がトグロ巻いているみたいな粘着性がありますが、あとはもう総じてMelodicですね。‘Musicbox’のプィーンとした電子音とかちょっとVGMっぽい響きで、ノスタルジックで堪りませんねえ、そこからのラストへ向けて疾走するBreakbeatも哀愁を加速させる。M-2‘Owls’の静かな風景もよろしい。ありきたりな風景かもしれないけれどそれが大事っていうか。まあいってしまえばEasy Listening的な部分もあるんだけれど、見慣れた景色ってやっぱり安心するじゃないですか。海外旅行の刺激もよいけれど、やっぱり帰ってくるのは我が家っていうか。安心があるんですよ。そんなM-2から続くM-3‘Forgotten amusement park’は、キラキラした音色をバックにギターとピアノが風景を流れていく哀愁の透明感トラック。電子的なリズムの上でギターが血を通わせるM-4‘Waterfalls’もクールです。

シンプルなストーリでもそこには確かに物語があって、リスナーはそれによって何がしかの感情を引き起こされるのです。そしてその感情に嘘偽りはない。作品に付されたメッセージはきっとそんなことを言っているのだと思います。Samsara inc.は他のレーベルからも作品をリリースしていますので、気に入った方はディスコグラフィーをチェックしてみてくださいね(Discogsとか)。


+ + +


(CC)by – nc – nd 3.0



Noble Oak – Collapsing Together

 Noble Oak - Collapsing Together Cover

 – Tracklist –
 01. After The Ending
 02. Out There
 03. Come True
 04. Steal
 05. Hope, Expectation
 06. Dive
 07. Goes Dark
 08. Can’t Be Sure
 09. Distance Gone
 10. Hold
 11. Something More



 - 02. Out There


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.08.25
 Label : Not On Label

 Keywords : Alternative, ChillWave, DreamPop, Vocal.


 Related Links :
  ≫ Noble Oak on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


アメリカはブリティッシュコロンビア州バンクーバーのアーティスト、Noble Oakの作品です。前にも別の作品“improvised memories”で取り上げましたね。今作は2015年から2016年にかけて作られて楽曲たちをコンパイルしたもののようです。

Noble OakといえばドリーミィなChillWaveといったイメージですし、今作もそこから大きく外れるものではありません。でもちょっと違うんですね。印象。ストレートなギターの音が積極的に使われていたり、ブラスの音が聞こえてきたり、ドラムも生き生きしているし、全体的に今までの作品よりアップテンポなところもあるんでしょうか、情熱的、エモーショナルな聴き心地になっています。外からプレイヤーを招いて録音されている楽器もあるようで(M-2, 4, 6のサックスとM-2, 6, 11のドラムはクレジットされている)、そういったところからも、幾ばくかのバンドっぽさ、生っぽさが感じられて、こういう一面もあるんだなあと感じた次第です(だからタグに“alternative”が使われているのは素直に首肯できる)。“improvised memories”もピアノの即興オンリーというスタイルで、体裁は異なりながらもNoble Oakらしさを披露していましたが、ここではまた別の側面を見せてくれています。

リバーヴやディレイといったChillWaveについてまわるエフェクトも(他作品より)抑え気味に思いますし、敢えての作りなのか、それともラフスケッチのような状態なのかは判然としませんが、個人的にはこの肉体的イメージも与える音作り、悪くないと思います。Noble Oakといえば物憂げなくせに伸びやかなヴォーカルが特長ですが、それはここでも健在で、全編ほぼウタモノトラックに仕上がっています。しかしその歌声は曲調や音作りのせいでもあるのでしょう、場合によってはいつもより爽やかな音風景を作り上げているように思います。夢の中、いつか訪れた都市で吹く夜風のような。

気になった方は、これまでにもいくつか作品がリリースされていますので、耳を傾けてみてください。どれもおしなべてクオリティは高いです。聴き比べてみると、今作がちょっと毛色が違うってのも何となく分かっていただけるかと思います。下にいくつか――



 - Hyperion(from “Past Life“)



 - Heaven(from “We Decide / Heaven EP“)


+ + +


a collection of 11 songs written over 2015 and 2016.

written, recorded, and produced in toronto, ontario by noble oak
additional saxophone on tracks 2, 4 and 6 by james bayford
additional drums on tracks 2, 6 and 11 by adam wazonek
album photos by tess paul