ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

PLAYLIST : 2017.01

helen – 404

 helen - 404 Cover

 – Tracklist –
 01. エコー
 02. 誰がそこに行く
 03. 悲惨
 04. 私は眠れない
 05. 何も終りはありません
 06. ヘレン



 - 03. 悲惨


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.1.21
 Label : Not On Label / also available on New World.

 Keywords : Ambient, DreamPunk, Electronic, Future, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ helen on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


都市の夜景。ビルの間を渡る風。往来を渡る車、列車、バイク、行き交う人々。レトロフューチャーというよりは、サイバーパンクな未来風景。決してあからさまではないその見せ方が、好ましい。私の脳裏に浮かぶのは、“Blade Runner”でもなく、“攻殻機動隊”でもなく、なぜか“The Matrix”なのであった。なぜかはよくわからない。ただおそらくは、使われているセリフなどを鑑みるに、世界観としては“serial experiments lain”なのではあるまいか。未見ではあるが。しかしこの精神世界へのコネクトを感じさせるサイケデリックな質感は、確かに“レイン”が感じさせるものと似ている。ように思う。ぼんやりとではあるけれど、電脳的精神世界とでも呼ばせて頂ければ幸い。

さて―

M-2―ズッシリとしたリズムの裏で加速する音風景や細かく刻まれるエフェクトは、薄汚れた電脳世界をさまよう意識、その領域は一つの到達点を求めてゆるやかに収斂する。最中に混線したように入り込んでくるスポークンワード。他のトラックにおいても散見されるそれらワードは、日本語をメインにしており、日本語圏以外では一風変わったエキゾチックな―異国情緒を醸すのかもしれないが、ここ日本、私の耳には、その言葉の意味はストレートに入り込み、意識にまとわりつき、ある種の精神世界的な気味の悪さを感じさせるのである。

携帯電話がふるえるバイブ音をエコーさせてリフにしてしまう‘悲惨’が面白い。雑踏の声や音、種々のシンセティックなサウンドが左右の耳朶を舞い、そこには、ネオンに彩られたサイケデリックな未来の―あるいは目にしたことのない世界の―繁華街が浮かんでくる。すれ違う人たちの背中はみな煤けていて。薄汚れた衣の下に隠されたサイバネティクスの影。マンションの一室にいる情報屋には金だけとって逃げられる。

ミスを犯し街をさまよう―‘私は眠れない’。寄る辺ない彷徨。ネオン瞬くバーの扉の隙間からフリークスが顔を出す。視線が絡む。お互い珍しくもないといった感じで表情なく、視線を外す。動かない感情。

電脳の網の目の中に見つけた失われたアイデンティティー―‘ヘレン’。かつてあった本当の自分、自らも知らない自分―それは真実か否か―を見つける瞬間というのはとても恐怖であり、ショッキング。大いなる意思に逆らって突き進むも、繰り返される‘Lets never come here again’の言葉。だが自らの存在を知るために、そしてこの世界の仕組みを知るために、進み続ける「私」。やがてスローモになる音の流れは、機能の停止か。悲しきcybernation doll

と、思うままにイメージを書き散らすと二束三文な、どこかで見たようなイメージに引き寄せられてしまうのですが。万有引力。それも面白い。でもAmbientな佇まいでありながらドリーミィ(あるいはサイケデリック)でCyberPunkな音世界を描いており、DreamPunkという言葉はまさに相応しい。こういうVaporWaveを経由したであろう、仄暗く、シネマティックなサウンドスケープ、好きであります。Setsuko Suwa(諏訪節子)なんかも好きなのよなあ。彼/彼女のトラック“06“のビデオ、ここでも“レイン”が使われている(まあこの界隈では珍しいことではないけれど)。というかビデオを作製したと思われるのは1-900-9099-CRYなのだが、そのYouTubeチャンネルには、このhelenの‘私は眠れない’のビデオもあるではないか。どっかどうかでこの辺りが繋がるのであろうか。

ちなみにhelenは岸本加世子さんをシンボルに使い(北野武監督の“花火”の頃か? 愛と死のイメージなんだろうか)、諏訪節子は南果歩さんをシンボルに使う。何か通底するものが感じられないだろうか。上手く言葉にはできないが・・・。

なお今作、ジャケットイメージをエディットの上、トラックタイトルを英語に変え、New World.からもリリースされています。



MIXTAPE : REFLECTION




She stared at her reflection in the mirror.

Originally Published on 8tracks : 2016.01.12

Re-Uploaded on YouTube : 2017.01.25


– Tracklist –

 [00:00] Ice Cream Social – Into Forever
 from “Beyond Time” (2010)

 [01:52] paranerd – caught your tumble
 from “cold reflect” (2004) [one014] :: (CC) by – nc – nd 2.0 ::

 [05:04] Crisopa – Algo Cián
 from “Medicamentosa” [++sensor 009_audio] (2007) / [ ZIP

 [10:40] Planetary Bitmap – Forecaster
 from “Wave Charmer (Moon Songs) EP” [GCAF048] (2014) :: (CC) by – nc – nd 2.5 ::

 [14:33] The Dandelion Council – Terra das Cataratas
 from “Essa Misteriosa Estrela” (2014)

 [16:58] Tardiss​ – Mouse Run
 from “Thisistar” [NS066] (2013) :: (CC) by – nc- sa 3.0 us ::

 [21:19] keiss / lwpss – holding breath
 from “Snowfall in spring [EP]” [NrM057] (2015)

 [25:48] hydrus – dea
 from “postcards” [NM019] (2006) / [ mirror

 [29:39] Ambidextrous & Morkva – Final Cut
 from “A & M [es39] (2008) :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::

 [33:17] medkit – cats turn into flies
 from “thread [LimREC142] (2014) :: (CC) by – nc – nd 3.0 :: / [ mirror

 [36:17] secede – memory table pt2
 from “Silent Flower Observers ” (unreleased) (2005)
 ≫ 2005年にNeo Ouijaからリリース予定だったアルバム、に収録されるはずだった曲。一時期はこのトラックだけSending Orbsから配信されていましたが、現在は終了している様子。



開花 tree – Fiori di l’amuri [AM014]

 開花 tree - Fiori di l'amuri [AM014] Cover

 – Tracklist –
 01. رؤى حديقة
 02. 完璧な晴天
 03. 今まで私があれば
 04. 森の秘密
 05. 月明かりに照らされた湖
 06. Cunchiusioni



 - 02. 完璧な晴天


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.09.05
 Label : Adv. Materials

 Keywords : Ambient, Drone, Flower, Love, Melodic, Mystic, Nature, World.


 Related Links :
  ≫ TDS on bandcamp


+ + + + + +


2015年設立のAdv. Materialsより。開花 treeの作品です。といっておきながら、“by TDS”というクレジットがありますね。Vaporholicな方ならいざしらず、私のようにTDS=The Downward Spiral?なんて思う人はいないかもしれませんが、まあとにかく誰ですか?ということで、いつの間にかめっきりこの界隈(だけじゃないかもしれない)の作家を網羅し始めているDiscogsを頼ってみましょう。するとTDSはTelepathic Data Storage、あるいはDefunctの名義を持っていて、さらにはsaki 夢も参加する“Aquatic Airlines 魚の平面”のメンバーでもあることが分かります。またDiscogsでも関連性は示されていませんが、TDSはDOAT―Death Of A Telepathでもあり、Pure Lightでもあるようです。複雑ですね。

しかし今TDSのものと思しきbandcampを訪れても上記の名義による作品は一つとしてなく、Soceco(社会経済学:Hantasi & Seoul?)へのリンクがあったりして、頭を整理するはずが逆に混乱をしてしまいました。どこかにミッシングリンクがあるのかもしれませんが(偏執的にディグれば関連がありそうな他の名義も出てくる)、それを探すことがこの投稿の本願ではないので、追及はここまで(しかしVaporな音楽のこういったディグり甲斐―サンプルの元ネタも含め―というやつも、その魅力の一つではありましょう)。

DOATの“Wolrd 1”ではストレートなChip music、“Deep Into The Rave”ではRaveでありつつもストレンジなElectronic musicを、pure lightの“ߣ≠©«¡ø≈¥αåø”ではささくれ立ったHardvapour、defunctの“aquatic sketchbook”では、ミニマルでfish dreamなAmbient musicと、名義、作品ごとにスタイルを変え、その芯を見せることをしない不思議な作家さんです。本当に一人なのか、複数人ではないのかと疑問も浮かびますが、“aquatic sketchbook”について“defunct (known for her work as DOAT) ~”という記述があるところを見るに、どうやらソロのよう。何にせよ、気になる方は深く掘ってみてください。

肝心の本作はといえば、Ambient/Droneサウンド。無味無臭、ピュアなトーンのそれとはまた違っていて、ゆるやかでミニマルなフレーズがリフレインすることで、淡いメロディが形作られている。虫の声や風の音にも聴こえる効果音や、ウィスパーヴォイス、エスニックな音色も散りばめられていて、知らず、私の脳裏には、霧に包まれた山々とでもいったような、神秘的で幽玄な景色が浮かんでくる。

他の作品についても決してVaporWaveに正面からアプローチしたサウンドではないけれど、それは今作も例外ではなく。Adv. Materialsのカタログには排水溝ヴォイスを活かしたVaporWaveサウンドが多いけれど、そのような背景、文脈を無視すれば、およそ今作はVaporWaveとは関連性を見いだせない。ラストのトラック‘cunchiusioni’に至っては、Piano、ストリングスの感傷的なメロディにDowntempoなリズムを持ち込んだ、ちょっと涙腺が緩むくらいの抒情的なものになっていて、それはこれまでのTDSに絡む作品とも違うし、開花 tree名義の前作“ドリーミング桜”とも違うし、また今作収録のほかトラックとも違うし、これには素直に驚かされた。

タイトルの“Fiori di l’amuri”は直訳すれば“花の愛”という意味になるようです。使用されているイメージやトラックタイトルもロマンチックなものになっていますが、作中の視点は自然の神秘性から始まり、それは徐々にミクロに向かい、花の持つ美しさとそれゆえの儚さに収斂し、そして幕を閉じるような。

トラックによってはTranceやShoegazeのエッセンスも感じられるし、開花 treeが真に上に示したような複数名義を持つならば、まったくもってその音楽的な引き出しの数と、そこにある深さは杳として知れない。


+ + +


by TDS

(CC) by – nc 3.0



Dea Karina – Tidur

 Dea Karina - Tidur Cover

 – Tracklist –
 01. Salam Kenal
 02. Seruling
 03. Bulan Purnama
 04. Subuh di Gunung



 - 01. Salam Kenal


+ + +


 Release Page :
 ≫ [ main ] / [ mirror ] Download Free!

 Release Date : 2017.01.18
 Label : mindblasting Netlabel

 Keywords : Acoustic, Ambient, Dream, Electronica, Shoegaze, Solitude.


 Related Links :
  ≫ Dea Karina on SoundCloud / on Twitter


+ + + + + +


音楽の届け方って色々ある。音楽単体はもちろん、目の前で演奏するのだってそうだし、目の前で演奏しながらも違う映像を見せる場合もあるし、そして全然特別なことではないけれど、音楽に映像を付して共に届けることもある。映像は音楽とシンクロすることもあるし、補完する場合もあるし、新たな解釈を生み出す場合もあるし、全く関係ない(ように思える)ディレクターの嗜好や興味が炸裂している(ように見える)ものもある。映像が付された音楽に私はドキドキ、ワクワクすることが多いんだけれど、それはなぜかと考えると、決して不可分ではない映像と音楽を共に楽しめる、いわば二つの違う味のキャンディを同時に舐めて、さあどんな味がするだろうかと楽しむようなもの、なのかもしれない(そういえば、そういうキャンディ、ありましたよね?)。観賞者がそういう受け取り方をするであろうことを利用して、音楽と映像でアンビバレンスな表現が行われることもあるでしょう。そう考えると、ちょっと話ずれるけれど、音と映像(そしてストーリーというある種の流れ)が組み合わさった映画というのは、あらゆる表現の複合体であり、作り手にとっても受け手にとっても非常に「面白い」表現なのだと解釈できるし、だから音楽の作り手がどういう形にしろ映像や映画という表現に関心を持っていく(あるいは映像・映画の作り手が音楽も共に手がける)、という流れは、素直に首肯できる。

話を元に戻すけれど、映像が付された音楽に私は確かに胸を高鳴らせることが多いんだけれど、その一方で、音それのみを聴いて、眼前、いや脳裏にあるイメージが立ち上ってくるような、その感覚も非常に好きなのです。たとえばある小説が映画化されたときに批判される理由に、“こんなイメージじゃない”というやつがあると思うんだけど、そこからも分かるように、脳内のイメージは往々にして具現化された映像をある意味で超える(それをスカルシネマと表現したのは誰だったか)。分からないことは分かることよりも恐ろしいというか、暗闇が怖いのはそこに何が潜んでいるか分からないからだろう。そこによくないイメージが広がってしまうからだ。と―また話が逸れた、けれどそぎ落とすことはしない。

だから音楽それのみから立ち上がる、明確でない、曖昧模糊としたイメージというヤツがとても好きで、それをもたらしてくれる音楽もまた好きなのです。

さて、インドネシア基盤のネットレーベル、mindblasting Netlabelより。Dea Karinaの作品がフリーでリリースされています。これが初作なのでしょうか。あまり大っぴらに音楽活動はしていないようです。SoundCloudを覗くとElectronicな硬い質感のトラックもあったりするのですが、ここにあるのはAmbient色が強い。Droningな印象もあるサウンドスケープにウィスパーボイスを挿入したスタイルは確かに珍しくはない。M-2では管楽器、M-4ではギターと思しき弦楽器の音が挿入されていて、モヤリとしたウェットな空間の中に出現する、そのAcousticな質感は面白い。

ここで先のイメージの話なのだけれど、第一印象、孤独な風景が浮かんできたのですが、さりとて孤独というどこか後ろ向きな感じも違うかなと思い、このイメージは何というのだろうと頭を捻ったのですが・・・ううむ。そういえば英語でいうところの、lonelinessとsolitudeってどう違うんだろうとネットの力に頼ったのですが(身近にネイティヴな方はいないのです)、“孤独に悩む人は”solitudeとloneliness”の違いを認識すべき”という、ああ前にも読みましたありがとうございますな記事にまたも行き当たる。多分解釈は他にもあるのかもしれないけれど、なるほど私が今作に感じていたイメージはsolitudeだったのだ。1人だけれどさびしくはない。自ら選んだ上での孤独、というニュアンス。だからこうちょっと温かみを感じるというか、冷たい部屋の中で1人で洗濯物畳んでるけど、顔はちょっと微笑んでるみたいな。まあ一人も悪くないよねっていう、肯定的なイメージ。solitary activity。

人里離れた山の中での自給自足の生活、それは決して易しいことではないけれど、どうにかこうにか軌道に乗ってきたようだ。そんな男とたまたま出会う、都会の生活に嫌気がさした青年。ここで暮らしたいという青年に、昔の自分を見るようで、優しさと冷たさをコントロールできない男。男の生活に憧れつつも、最後に青年が出す答えは―みたいな。ま、ステレオタイプだな。


+ + +


(CC) by – nc – sa 3.0



MIXTAPE : COSMIC VOYAGE




Electronic music collection.
for spacewalk (in your room)

Originally Published on 8tracks : 2015.02.12

Re-Uploaded on YouTube : 2017.01.21


– Tracklist –

 [00:00] zunzagi – rcreatures
 from “Delayed emotions” (2011) / [mirror
 :: (CC) by – nc 3.0 deed.en_US ::


 [04:20] Iameb 57 – This Is How It Will Feel
 from “Derlka EP” [IDEA014] (2009)
 ※ Ideation Recordsからのリリース。現在レーベルは消失。トラック自体は“Tape Deck Volume 2”に再収録されています。


 [08:37] 08 – 256 (in/jure)
 from “Being Blown” [MELO-002] (2006)
 ※ロシアのmelomaniaからのリリースでしたが、消失したか・・・? 08(Lev Mikeshkin)のSoundCloudはココ


 [13:47] Red Tunnel – Dali Cr Ystal
 from “sYncro” [SBWS009] (2009) / [PICPACK009] (2010)
 :: (CC) by – nc – nd 3.0 / (CC) by – nc – nd 2.0 ::


 [18:08] aniline – orange
 from “raz el hanout” [THEM0010] (2009) / [DL ZIP
 :: (CC) by – nc 3.0 ::


 [24:49] IJO – Ecter Cliffs
 from “Selektida” [Sutemos026] (2009)
 :: (CC) by – nc 3.0 ::


 [28:48] Recue – Bivouac
 from “All the Wrong Places (Remastered)” (2015)
 ※ Originally released by Rednetic Recordings in 2008.


 [32:51] Crisopa – Matching
 from “Last Membrane” [escala 1:6] (2010) / [mirror
 :: (CC) by – nc – sa 3.0 ::


 [39:48] Slylab – Jupiter upon My Head
 from “Singles” [BFW096] (2010) / [mirror
 :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [43:43] Yaooo – Ifs X On
 from “Silence” [QULT MP3 #47] (2008) / [DL ZIP
 :: (CC) by – nc – sa 2.0 ::



MIXTAPE : 永遠 PERSPECTIVE




My Mixed Tape #3.

Originally Published on 8tracks : 2013.11.27

Re-Uploaded on YouTube : 2017.01.19


– Tracklist –


 [00:00] _yi. – sugar rush
 ≫ from “OTNJ_B” (2013)
 :: (CC) by – nc 3.0 ::


 [07:26] ANgR MgMT – Exponential Mileage
 ≫ from “Cut Ups EP2” (2008)


 [10:42] superspink – Aeiou
 ≫ from “Forces” (2011) :: (CC) by – nc – sa 3.0 ::


 [12:49] kenji – Air Flowers
 ≫ from “Raindrops” [USC-WR-1303.0155] (2013) :: (CC) by – sa 3.0 ::


 [17:14] Olivaw – A Long Walk
 ≫ from “Tonight We’ll Rewind The Tape With Pencil LP” [UP012] (2012)
 :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [21:51] Missqulater – Head Up Big Brother
 ≫ from “Jehm Sounds Pt. 2” [JR015] (2013)


 [24:54] ADREIM999 – 50’s Hate A
 ≫ from “Murky Habits” [IPND014] (2012) :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [27:00] HALCALI – Strawberry Chips (JAKAZiD’s Rave Breaks Remix) (2013)
 ≫ by JAKAZiD



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。