ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Gossip Palace – Torsi

 Gossip Palace - Torsi Cover

 – Tracklist –
 01. Cloud Tube
 02. Ghosting
 03. Pepermint Peaks
 04. Firepower
 05. Izzy Black
 06. Jonquil
 07. White Flowers from a Saint
 08. Soda Rot
 09. Nap Aches
 10. Solar Powdered
 11. Vivite Somnia



 - 09. Nap Aches


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2017.02.17
 Label : Silver Throne Records

 Keywords : Electronic, Future Beats, Hip-Hop, Melodic, Swamp.


+ + + + + +


アメリカ合衆国はミシガン州デトロイトのレーベル、Silver Throne Records。前身はOCCULT DREAMSであると勝手に解釈しているが、間違っていたらスイマセン。

このあたりのBeats~Future Beats(と書いてはいるが、私はよく分かっていませんよ勿論)系のアーティストは、VaporWaveのそれよりはマシかもしれないが、やはり誰が誰やらよく分からない。聞いたことない名前だから新しい人かと思ったら誰かの変名とかは改めて書くまでもなくよくあるパターン(書くまでもなく、といいながら書いているが、ご愛嬌だ)。つまりこのGossip Palaceもよく分からないということで。

この金で作られた(あるいはゴールドプレート―金メッキかもしれないが)オブジェは何であろう。じっと見つめながら視点をあちこち彷徨わせてみるが、判然としない。何かのキャラクターのようにも見えるが、私の知っている中にはないようだ。ショーケース、ガラスケースに展示されている様子のそれは、衆人環視の状態でありながら、しかし意味を持たないようにも見える。意味のあるものを組み合わせたようで、それでいてその実何も表しておらず、あまつさえ“金”という、一般的には価値のあるもので仰々しく存在感を放ち、人目をひきつける。そう、それはまるで“Gossip”―噂話。

音楽的にも一言では表現できない、とは言っても複雑怪奇なものでもなく、Hip-Hopを下地にした、Melodicなフレーズが頻出する、聴きやすい作風ではないかと思う。シンセチックな電子音や、フワフワとしたAmbientな音色を使う一方で、ダビーに振動する‘Firepower’や、‘White Flowers from a Saint’が作品を引き締め(後者はSILENT POETSを想起した)、またラストの‘Vivite Somnia’ではメロディでもって幾ばくかの抒情性を漂わせる。アブストラクトな側面もあるけれど、トラック自体が決して長くないので、飽きずに最後まで聴けるというのも特徴だろうか。各トラックがフックを持っているというのもあるかもしれない。不思議と引き付けられる魅力がある。

さまざまなサウンドを用いたシンセサイズな音像が醸す冷たい人工感。そう、言いたかった言葉は“イミテイション・ゴールド”だ。だがここにある音楽がゴシップを揶揄する意味でイミテイション・ゴールドな佇まいを持っているのか、私にはよく分からない。こじつけすぎかもしれない。



Crisopa – Transhumante

 Crisopa - Transhumante Cover

 – Tracklist –
 01. Bird Song Reincarnation
 02. I am the lord of these ruins
 03. Fast Dive
 04. Serene Option
 05. Melting Wax Sculptures
 06. Fluorine Cold Flames
 07. Irradiating Nucleus



 - 03. Fast Dive


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.01.27
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Electronica, IDM, Melodic, Shoegaze.


 Related Links :
  ≫ Crisopa on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


スペインのトラックメイカーCrisopa(Santiago Lizón)が、久方ぶりのネットリリース! 2010年に名作の誉れ高い“Last Membrane”をドロップしてからは、n5MDから作品をリリースするようになったので、まとまった作品をこうしてネット経由のファイル形式のみでリリースするのは7年ぶりということになりましょうか。

しつこいようですが、彼Crisopaは間違いなくネットレーベルというシーンの盛り上げに一役買ったと思っています。フリーでの配信でありながら、異常なクオリティを誇ったトラックたちは、こんな世界があるのかと私を驚かし、その世界に私を導いてくれたのです。そしてフリーの音源に対する偏見を打ち破った。その微細でドリーミィな音空間に魅了されたリスナーも数多くいるでしょう(おそらくいまだに過去作を経由する形でのファンは増えていると思う)。一時期は過去のネットリリースをまとめてZIPファイルで公開していたのですが、今は取り下げてしまったようです・・・、気になる方はDiscogsなどを参考にマメに手に入れてくださいね。

で、今作になるわけですが、これまでにちょっとずつSoundCloudで公開していたトラックたちをコンパイルしたものでして、ここで初出しというものはないようです。でも先に公開したときはダウンロードできる形ではなかったので、このリリースはうれしいですね。ジャケットイメージがコレなのは、何でなのか・・・、タイトルの“Transhumante”はスペイン語で“移住性の”という意味になるようですが、そこと無関係ではありますまい。自身のことを差しているのか、それともトラックたちに秘められたイメージなのか。

CrisopaらしくありつつもCrisopaらしさからの脱却を図ったような、n5MDからの“Biodance”、そして“A Lucid Dream Kit”。それらと聴き比べると(私としては、久々にその2作を聴き返したのである)、はるかにCrisopaらしさがカムバックしているように感じられ、すなわちn5MDからの作品にどうにも煮え切らなさを感じていたワタクシは、ここで留飲を下げたのである(えらそうだな)。ビートを携えつつもアブストラクトなAmbient空間が強調されていた件の2作では、Crisopa特有のドリーミィでコズミック、Shoegazeにも通じるDroningなレイヤーと、そこに流れるフックのあるフレーズ、メロディ―これらが廃されているように感じられたのだけれど、今作においては、少なからずその音作りが復活している。

夢幻のヴォーカルトラック、‘Bird Song Reincarnation’。ディレイを効かせたドラムがAmbient空間にエモーショナルに響き、ストリングスが優雅に舞い散る‘I am the lord of these ruins’は、どこか‘Last Membrane’を彷彿させる。これぞCrisopaな、IDM/Electronica~ShoegazeがブレンドされたAmbientなサウンドスケープ‘Fast Dive’‘Serene Option’

ちょっとダウナーな悲しみが漂う‘Melting Wax Sculptures’とか新しい気がしますが、こうして聴いていると、ドラムの音色にある生っぽさ(実際生演奏ではないと思う)が、これまでにはあまりなかった要素かなあと思ったりもする。でも電子的なリズムとの合わせ技なので、それ一辺倒というわけではない。あとストリングスが随所で使われているのもあって、今までよりも有機的なイメージが強いかもしれない。

総じて聴いてみると、往年(という言い方が正しいか分からないけれど要はネットレーベルで活動していた頃)のCrisopaと、n5MDに所属してからのCrisopaの、間に位置づけられるようなサウンドではあるまいか。現時点ではそんな印象が強い。とにもかくにも、ネットリリースからは足を洗ったと思い込んでいたので、この突然のプレゼントはうれしい限りではありませんか。みなさんありがたく聴きましょう。

ちなみにCrisopaの現時点で最も新しいトラックはPlataforma-LTW(まだ健在だったとは!)からのコンピレーション“A gift for Rec_Overflow”収録の‘Feed the Queen’。興味のある方はそうぞ。

―では最後に、私がCrisopaのトラックでいっとう聴いているものを、ふたつ(いっとうと言いつつふたつ)あげて、アディオス―



 - Matching (from “Last Membrane” [escala 1:6] )







 - Fibra De Carbono Y Cambios Automáticos (from “Filamentosa EP” [PIR02]) : このコズミック感、鳥肌立つわ。10年以上前だなんて!


+ + +


(CC) by – nc – nd 3.0



Hana Sent – Lampoooni [51bts052]

 Hana Sent - Lampoooni [51bts052] Cover

 – Tracklist –
 01. Escape
 02. La Maison Démontable
 03. Kikiwon
 04. Wonderlust
 05. Hanarcade Summer
 06. Mooncup



 - 02. La Maison Démontable


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ mirror* ] Download Free! / * = pay what you wish.
  :: SUPER LIMITED CASSETTE EDITION AVAILABLE. ::

 Release Date : 2017.04.07
 Label : 51beats

 Keywords : Electronic, House, IDM, Synthesizer.


+ + + + + +


イタリアン・ネットレーベル、51beatsからリリースされたHana Sentのデビュー作です。彼/彼女は、イタリア基盤のアーティストであることが明かされていますが、他はいっさい謎。リリースページには“ghost electronic music composer”と記されています。

4つ打ちHouseなビートにチープなシンセをまぶした、あっさり仕上げのエレクトロニック・ミュージック。今どき(って言ってしまうと語弊がありますね。どこにおける今なのかって話ですが)のコテコテなシンセサウンドにはなっておらず、音数も少ないし、ゆえに(もちろんサウンドメイクもあるけれど)音の輪郭もはっきりしている。というように非常に簡素な作りになっているにもかかわらず、ここには心、そして耳をひかれる何かが存在している。

それは主に、チョイスされているサウンド、音色であり、またささやかに流れるメロディであると私は思っている。80sという形容も可能かもしれないが、何を以って80sかというのが、イマイチ説明できないのでこれ以上踏み込みませんが、Lo-bitでシンセ然としたサウンド、音色が呼び起こす(いつのものかも分からぬ)ノスタルジア。そして長閑ともいえる、おだやかで優しげなメロディ(強くはないが)、それは休日の昼下がりを思わせるほどにドリーミィ。その様子はIDM/Electronicaに通じるものだと思ったりもするのだけれど、Acid Houseなトリッピ―感もブレンドされており、硬派なファッションと可愛いメイクが同居しているような、不思議な聴き心地。

‘Wonderlust’ではパーカッシヴなリズムや民族音楽のようなコーラスが聴こえてきたりもするのだけれど、そういった部分からはChillWaveのエッセンスも感じたりする。また‘Hanarcade Summer’の冒頭、これはサンバのリズムにも取れる―すぐにほかの音がかぶさってくるので、そのイメージは消えてしまうけれど。そんなように、チープで簡素なサウンドの裏に潜んでいるさまざまなサウンドエッセンスが垣間見えるところも、興味深い。

頭の‘Escape’はわずか28秒のインタールードなのですが、このフレーズをラストの‘Mooncup’で使っているのも面白いです。リプライズ的な。


+ + +


余談。51beatsといえば、errnoisの“The Winter Season”、好きでした。Indietronicという言葉が相応しい素敵な作品でした。今ではこの名義はもう使っていないようですが。興味のある方はどうぞ。


+ + +


Credit :

Music and graphics by Hana Sent

Released by:
51beats
Release date:
7 april 2017
“Lampoooni” by Hana Sent is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License

(CC) by – nc – nd 4.0



OVI – Artificial Sweetener

 OVI - Artificial Sweetener Cover

 – Tracklist –
 01. Lazy memories
 02. Busy Shiba
 03. Gold Watch
 04. My night in Shibuya
 05. Keiichi



 - 01. Lazy memories


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.02.26
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Chill, Downtempo, Hip-Hop, Lonely, Piano.


 Related Links :
  ≫ OVI on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


窓の外は雨。テーブルの上には未払いの光熱費請求書。回り続ける浴室の換気扇の音が、低く響く。

冷蔵庫はもうじき空で、けれど外に出るのも億劫で。

読みかけの文庫を開くが、すぐに閉じる。

訪ねてくるものもなく、予定もない。

心臓の鼓動だけが、生きている証のような。

静かな休日。

そんな“とき”に、似合いはしないでしょうか。

Pianoの澄んだ音色とメロディは漂白的で私の心を白く塗りつぶし懐かしさへといざなう。ルースなHip-Hopのビートはぼんやりとした憂鬱にピッタリだ。

と、うつつを抜かしていると、急に差し挟まれる日本語のセリフに目を覚まされる。“買いに行ったら売切れてたんだよね”と謝る男、“ボヤボヤしてるからでしょ”と怒る女。“ケンタくんはサキちゃんに何をお願いしてたかなあ?”という教育番組のようなナレーション。いったい何が示されているのかといぶかしんでいると、“焼きそばパン!”と声が上がり、“焼きそばパン終わっちゃったな、ゴメンね!”と別の声が答える。そして“売切れてたんだよね”、“ボヤボヤしてるからでしょ”という冒頭のやりとりに戻る。問があって、それに対する一応の答えは得られているわけだが、それがここにおいて何の意味があるんだろうか。甚だ疑問だ。

町の雑踏(ここも日本語だ)とChipsoundのような煌びやかな音色が組み合わさった‘My night in Shibuya’も不思議なトラックだ。ドリーミィでサイケデリックで、都会の夜の喧騒に包まれながら一人歩いているような、(仮想的)孤独感がよくあらわされている。にぎやかさとの対比で己の孤独感が浮き彫りになるのだな。だから都会の夜は奇妙に―真っ当にではなく奇妙に―さびしいのだ。その寂しさに侵食され、取りつかれた者たちが、知らず知らず、何かにおぼれていくのであろう―と、どうしようもない想像をしてみる。

ラストの‘Keiichi’もまた、古ぼけたエレキピアノのような音色に、サワサワとした雑踏の声(のようなもの)が、静かに絡み合う。足元のビートはトボトボとした家路への道だろうか。どこか夕暮れどきの住宅街が思い起こされ、我知らず、追憶。

そんな仮想的な孤独感と追憶が途切れたときに、己が実際部屋に一人であることに気づき、現実的な孤独感に襲われるのであった―いや襲われてはないけどな。

OVIさんがどこのどなたか全く存じませんが、なかなかに私の日常に寄り添ってくるではありませんか。短いけれど印象深い作品です。ちなみにタイトルの“Artificial Sweetener”(人工甘味料?)はDaisuke Tanabeさんのトラックから拝借しているそうですよ。


+ + +


Note :

Taking a name from a favorite song by Daisuke Tanabe, “Artificial Sweetener” is a vibrant EP that focuses on things in life we rarely remember. The small details in our routine that create such melody, yet we forget to listen.



School Of Crystal Healing – Lightworkers Delight [TNRFREE010]

 School Of Crystal Healing - Lightworkers Delight [TNRFREE010] Cover

 – Tracklist –
 01. Influx
 02. Boutique Sternway
 03. Parallax Oasis
 04. Seven Stages Of Empathy
 05. Lavender
 06. Cherry Blossom
 07. Lonely Planet
 08. Fruity Loom



 - 05. Lavender


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ Ektoplazm ] / [ Troll N’ Roll Records* ] Download Free! / * = pay what you wish.

 Release Date : 2016.06.18
 Label : Troll N’ Roll Records

 Keywords : Ambient, Deep, Downtempo, Drone, Meditation.


 Related Links :
  ≫ School Of Crystal Healing on Facebook / on SoundCloud

  ≫ Gubbology on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


Troll N’ Roll Recordsというと(ちなみにスウェーデンのレーベルだ)、コテコテのトランス・ミュージックばかりだと思っていたのだけれど。それは私の勝手な思い込みだったようだ。レーベルでもありトランス・ミュージック全般のポータルサイトでもあるEktoplazmからもリリースされている今作は、実に私好みの、DeepなAmbient、あるいはDrone作品だった。

Gubbologyの名前でも活動するOlof Ejstesのもう一つの顔が、このSchool Of Crystal Healingで、2012年には同レーベルから“Form And Frequency”をリリースしている。そちらも今作に負けず劣らずよい作品なのだけれど、私の中ではこちら“Lightworkers Delight”に軍配が上がる。

それはおそらく今作の方がメロディに寄っているからだろう。Ambient/Droneの趣が強い作品について述べる言葉としては語弊があるかもしれないが、総じて聴きやすい。シンセティックな音色で作られる、ドローニングなレイヤーの起伏、またそのかすかな瞬きは、森林(あえて深林と書いてもいい)、あるいは深海のような、ディープ、深遠なイメージへと私をいざなう。この手の音楽だと、一本調子のように誤解されるかもしれないが、なかなかどうして各トラックはバラエティに富んでいて、そのこともやはり聴きやすさに結びついている―複数のレイヤーが絡み合うような音作りや、また鳥や獣の鳴き声、水音のような環境音を差し挟んだりといった細かい演出、さらには和楽器の音色やDowntempo的なリズムを用いたりと、Ambient/Droneで一本筋を通しながらも、そこになされる肉付けは多種多様になっている。

その結果、聴取感についても、トランシー、サイケデリックなものから、ドリーミィ、メディテイティヴなものまで幅広く、この一作でさまざまな効用、効能を得ることができる。トランス一直線なものは敬遠しがちな私が耳をひかれている理由も、やはりその辺りにあるのだろうと思う。どのトラックも好きなのだけれど、フェイバリットを挙げるのであれば、M-5‘Lavender’―この浮遊感、望郷感たるや、背後にたなびくスペーシーなオーラもいい、そして順番は前後するがM-4‘Seven Stages Of Empathy’―冒頭から続くシンギングボウルみたいな断続的な持続音がやたらとトランシーなくせに、そこに絡んでくるのが優美でエモーショナル、抒情的なシンセメロディっていう、この不思議な組み合わせ。そしてやがては冒頭のエスニックなイメージに回帰していくのだけれど、そのめくるめく精神世界的なイメージが好き。


+ + +


(CC) by – nc – nd 4.0



PLAYLIST : 2017.03

Wondering Albatross – birch

 Wondering Albatross - birch Cover

 – Tracklist –
 01. Norilsk
 02. Ust’-Kut
 03. Nyurba
 04. Oymyakon
 05. Aykhal
 06. Gyda



 - 02. Ust’-Kut


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.03.24
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Beatless, Calm, Drone, Nature.


 Related Links :
  ≫ Wondering Albatross on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


ふとFacebookのタイムラインで流れ来たのが、この作品でした。ポストしてくれたのはricrdo。彼は頻繁に音楽関連の投稿をしている―日本の音楽も多く、Number Girlや横田進なんかもある―ので、これも他の人の作品、つまりレコメンドなのかなと思っていたんですが、どうやらご本人の別名義のようですね(違ったらゴメンナサイ)。そんなricrdoも日本のレーベルEasy + Niceから編集盤“Spica”を発売したばかりですが、それはここでは置いておいて―

このWondering Albatrossのサウンドが非常にいい! 言ってしまえばAmbient/Droneだし、そんなのみんな一緒じゃないかって思う人もいるんでしょうけれど、複数作品を(聴く耳をもって)聴いてくれば、そこに傾向性の違いがあるというのは感じ取れると思うんです。私の場合は手法ではなくて聴取感(聴いた感じ)で区別するしかできませんが、こういうピュアなトーンのAmbient/Droneにおいてさえも、やはり“トラック”ごとの違いというのはあるわけで。たとえばArcticology(おそらく活動終了してますね)とか、The Inventors of Aircraftとか、Kendall Stationとか、alessとか、netaudio界隈における私の好きなAmbient/Drone作家もいるわけですが、それぞれやっぱりちょっとずつ違う。そしてこのWondering Albatrossも同じく、やっぱりちょっと違う。

イメージでいうと、何にもない陽だまりっていうかね。制作者のイメージと異なるかもしれないけれど。あるいはあるがままっていうか。それは自然といってもいいのか、どうか、自分でもよく分からないのだけれど。まあ大きい目で見れば人間も自然の一部だとは思いますが、人の手が入っていない、そのままの存在というか―陽が上り、雲は流れ、木々は風にゆれ、やがて日が沈むと、空には月と星が輝き、草木も眠る―その何でもないサイクル、そこにおける思考の欠落、何者の意志も感じさせない、その在り様が、ただひたすらに、心地よい。ポジティヴな意味で空っぽなんですよ。無。into the void.

私の中で今作のイメージに非常に近しいのは、Aphex Twinの‘Rhubarb’なのですが、そちらはややドリーミィな調子があるのが違いと言えば違い。何もかもを曖昧な輪郭にして、過去へと(あるいはここではないどこかへと)押しやり、その結果、私の現在が(一時的に)空っぽになる。それは決して悪いことではなくて、その瞬間、まるで自分が自然の一部になったような、存在しながら存在していないような、不思議な錯覚に陥るのです。冷たくもやさしくもないその許容ですが、なぜだか私はとても安心するのです。

ということでせっかくなので、上に挙げた4者の、特に好きなトラックを以下に示して終わりといたします―



 - Arcticology – Polybius (from “Music For Daydreamers” [earman053])



 - The Inventors of Aircraft – A way in (from “As it is” [RB088])



 - Kendall Station – Mend (from “Mend” [tube233])



 - Aless – Like Looking Through Broken Glass (from “i’mmobile” [DIST017])


+ + + + + +


Cover photo by Oddbjørn Kvalvik

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。