ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

XBF3 – 間奏

 XBF3 - 間奏 Cover

 – Tracklist –
 01. M-1
 02. M-2
 03. M-3
 04. M-4
 05. M-5
 06. M-6
 07. M-7
 08. M-8
 09. M-9



 - 03. M-3


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2019.06.21
 Label : Not On Label

 Keywords : Broken transmission, Commercial music, Japan.


 Related Links :
  ≫ XBF3 on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


公称イタリアのトラックメイカーXBF3。一貫してBroken transmissionスタイルの作品をリリースし続けています。bandcampにも多くの作品がありますが、SoundCloudにおいても多くのBroken transmissionトラックが公開されており、その数は現時点でトータル753(と、書いているうちに770に到達)という、なかなかの数。ワントラックは短いですが、それでも圧倒的。

(主に)コマーシャルソング等をサンプリング、編集して作品として提示するというのがBroken transmissionの大枠であると私は解釈しているけれども、このスタイルの金字塔といえばやはりFuji Grid TVの“Prism Genesis”。今この手の作品を出すにあたって影響を受けていないということは、おそらくないでしょう。そのくらいストレートにBroken transmissionであり、スタイルとして“Prism Genesis”のフォロワーを匂わせる作品です。

この作品においてはマテリアルがコマーシャルソングだろうとナレーションだろうと、ニュースキャスターの言葉だろうと、基本的には“まんま使い”であるけれども、だからといってその素材自体が持つメッセージを表現に利用しているのかというと、そんなようにも受けとれない(少なくとも私は)。しかし作品によっては明らかにフィーリングに違いがあり、それがどうしてなのかと考える。

XBF3は、たとえば海外のコマーシャルソングをサンプリングした作品も数多くリリースしていて、“Laborwave Transmission”の中には、“Soviet commercial”のワードがついたトラックもある。こういったものは私にとっては壊れたラジオといった印象で、面白くないことはないけれども、耳に引っ掛かるものではないし、聴いていて自分の中に何がしかの広がりが生まれてくるものではなく、“編集されたマテリアル”という印象が強い。“The hard Japanese T R A N S M I S S I O N broke”や“日本の広告 nihon no kōkoku”においては今作と同様日本のコマーシャルソングが使用されているが、それらマテリアルは比較的最近のもので、なぜかしら私の印象は先と同様に“編集”である。

では今作はどうなのか。音源―マテリアル自体がもつレトロスペクティヴな方向性が醸し出すノスタルジアが私自身の聴取感に影響を及ぼしているのは疑いようがない。この感覚、何かなあ、何に近いかなあ、って自身の内側を探ってみたら、ひとつ出てきました。“ドラえもん 謎の回「タレント」”です。これがドンピシャということではないですが、(以前から何回か書いているフレーズですが)“ノスタルジアが狂気に転じる”ような感覚といいますか。懐かしいような“アレ”がいびつに歪んでいくことで表れる非日常。それがこの“間奏”にはあるのです。音楽作品が持ち得るひとつの重要な機能“どこでもないどこか”への誘いを、この作品はBroken transmissionという特異なスタイルで以て、やってのけてくれるのです。

執拗な反復(ちょっとした狂気)がこのXBF3の特徴かなあとも思いますが、別々のマテリアルをコンバインして(わざとかどうか)聴き手を脱臼させるようなことをやってくるのが面白いですね。M-3のガス料金の支払いについてのナレーションから、“知~らないぞ知らないぞ、先生に怒られる♪”って繋げてくる部分、吹き出しました。他の作品、たとえば“Water Transmission”では、全編に水音をフィーチャーしながらのBroken transmissionであったり、その裏バージョンと思しき“Satan Transmission”ではノイズに寄ってみたり、“KEN IL GUERRIERO”では全編でアニメ“北斗の拳”をサンプリングしていたりと、Broken transmissionの中でもいろいろなスタイルを見せてくれています。そしてSoundCloudで公開中の‘////////////////////Fish project’では頭から最後まで静謐なAmbientを披露するなど(!)、懐の深さをうかがわせます。

これだけBroken transmissionに固執し続ける作り手さんも珍しいと思います(フェティシズムすら感じませんか)。ジャケットイメージも含めてグレイゾーンいやブラックなのは必至なので、いつ消えてしまうか分かりません。欲しい方はお早めに! ちなみにジャケットイメージにあるサンキョーのCMはなぜか前作“///”で使われているようです。謎。

 - ////////////////////Fish project



PLAYLIST : The last few months




How can you tell me
I still believe you some time
You don’t have to make a show
Or new beginning
Just have to move
You sometime

Alone
Alone
Alone
Alone



VAW – Public Footpath

 VAW - Public Footpath Cover

 – Tracklist –
 01. 01_97
 02. Isøtøpɇ
 03. Think
 04. Ǝ-Numbers
 05. Hana
 06. Escapement
 07. Escarpment
 08. Cave
 09. MSGS
 10. 𝓂𝒶𝓁𝓁 𝑔𝒶𝓂𝒾𝓃𝑔
 11. 02_98



 - 07. Escarpment


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.08.21
 Label : Hallworth Collective

 Keywords : Alone, Ambient, Drone, Field, Psychedelic, Quiet, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ VAW on bandcamp


+ + + + + +


みなさんは“ぬくもりが欲しくて 人混み歩いた”(By ZARD)なんてことはありますか。私はありません。“そのぬくもりに用はない”とばかりに精神的パーソナルスペースを発動してこっそりと他人を敬遠するのが私という人間の悪い癖(頭悪いな自意識過剰で)なのですが、さりとて街という人混みに出向かなければならないときもあり、そんなときはしっかりと心に武装をして(大げさ)出かけて行っているような気がなんとなく自分ではしておるのですが、そうやって一人で、否、独りで街へ出ているときにフトした瞬間に訪れる虚無感というヤツ。周りにいるのがすべて他人という事実。一生のうちに今ここでしか出会わないのではないか、つまり彼ら/彼女らとはなんの繋がりもないという断絶感。しかし頭上には太陽が照り、空気は私の頬をスルリと撫で、その横で皆は三々五々、何かを口にしながら、感情を表に出しながら、私の周りを流れ、そして散っていくという、いたって標準的な日常があり。その瞬間、見知った風景が、まるで見知らぬものに変わるような、不条理な感覚に襲われる、ことがある。自分だけが、何か大きな存在から取り残されたような、はぐれてしまったような、孤独感。周りに存在する人々の挙動、口を動かし、表情を変え、手足を動かしているその姿が、なぜか途端にグロテスクに見えてきてしまう(私はこれを職場の食堂でも感じることがある。昼時にテーブル席に着いた数多くの人間が皆、口を開けて食物というある種の物体を体内に入れていくという光景が、ひどくシュールでグロテスクに思える時が)。その一瞬のサイケデリア。たとえばそれは、つげ義春の“ねじ式”において、かみ合わない会話と知らない景色と肉体的なグロテスク、影のある描写から醸される得体のしれない不安感、のようなものにつながっていき、それはまた(私の中で)孤独につながっていく。

そんな、都市、街、における孤独感とでもいおうか、あるいはその孤独を幻想的にごまかすサイケデリアといおうか、そんなものがこの作品(楽曲だけではない。タイトルやジャケットイメージもすべて含めて)には漂っているように思います。添えられたメッセージは“I’m lost, can you help me?”。見知った街で自分の存在を見失う。精神の孤独。魂の彷徨。自分を置いて景色だけが流れていくような奇妙なラッシュ感(‘Escarpment’) 。自分が視点だけの存在になって、存在していながら存在していないような。かと思ったら陽の暖かみが私を現実に引き戻したり(‘Cave’

マルッと捉えればそれはもうAmbient(正直音だけではあまりpublic footpathなニュアンスはない。あとVaporWaveを期待して聴けるのはM9~10くらいだと思う)なんだけど、実に味わい深い。ヘッドフォンで大きい音で聴いているとその味はさらに濃厚になります。

VAWの素性は謎ですが、同コレクティヴからもう2作、“Train Thoughts”、“级联”(どちらもワントラックの長尺作品だ)がリリースされていますので、興味のある方はそちらもどうぞ―



Strawberry Hospital – Grave Chimera

 Strawberry Hospital - Grave Chimera Cover

 – Tracklist –
 01. Memento
 02. Canary Mane
 03. Chimera
 04. Holoparasite
 05. Cherish
 06. Arowana’s Scarlet



 - 01. Memento


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.08.06
 Label : Not On Label

 Keywords : Alternative, Ambient, Emo, Noise, Screamo, Shoegaze, Pop, Punk, Vocaloid.


 Related Links :
  ≫ Strawberry Hospital on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


PURE AESTHETEにも所属していたトラックメイカーStrawberry Hospital。新しい作品が2018年に出ていました(そしてこれ以外の作品は消してしまった…のか?)。

紹介文には―

Grave Chimera is a 6 track autobiographical album that emulates the complex feelings that come with issues like childhood trauma, sexual dysfunction, suicide, escapism, and gender dysphoria.

―とありますが、そこからうかがい知れるように、以前よりも内面的、内省的なアルバムになっている印象です。以前のサウンドといえば、Vocaloidが歌うPopなメロディにElectronicなバックトラック、ドリーミィな空間づくりが特徴で、それは日本人のリスナーにもアピールする心地よいものでした。対して今作はというと、少なくとも表面的にはハードでアグレッシヴな部分が目立っています。Noiseという部分でいえば、以前の作品にもShoegazeな要素はありましたが、ここではもっとハードコアな方向に振っています(何ならジャケットイメージにあるタイトルロゴもハードコア系のそれ)。

ディストーショナルなギターサウンドに加え、メロディックなパートを歌い叫ぶ(ここがVocaloidなのかは不詳)という、いわゆるEmo~Screamoに近いサウンドを鳴らしているのが今作の最大の特徴でしょう。といってもバンドサウンドではないので、リズム面でマシーナリーなエディットもあるし、フワフワしたシンセサウンドも使われている。でもこういった電子的なハードコアサウンドと親和性の高いBreakcoreな方向にはいっていないのが、ユニークに感じます(一時期のMeishi Smileなんかを彷彿とさせますね)。

精神的な鬱屈とした部分をモチーフにしているのであればもっと黄昏たサウンドになってもおかしくないと思いますが、苦しいときに強い気持ちで何かを願うような、そんな思いの強さがこのサウンドを生み出しているのでしょう。否定したい自分や、打ち消したい過去といった、誰しもが心の中に持っている影の部分に思い切って立ち向かっているが故の、焦燥感、暴力性。しかし冷静さを失わずに過去を懐かしむような目線もあり、Ambientなワンミニット・トラック‘Holoparasite’などは作中随一の郷愁。続く‘Cherish’は過去作のファンも留飲を下げるであろう、ドリーミィなVocaloidトラックになっていて、サービス精神も発揮されている。M-1のMetalっぽい耽美的雰囲気も魅力的。

Vocaloidを使用しながら、Ambient~Emo~Screamo~J-Popを股にかけたドリーミィサウンドを作り上げるこの手腕、巧みです。ラストの‘Arowana’s Scarlet’のハードコアパートとドリームパートの自由自在感とか凄いですね。しかもAmbientな哀愁で終幕させるという力技。

The ultimate goal of Grave Chimera is to serve as a form of therapeutic musical catharsis.

という言葉を見て、よくよく考えると、Strawberryというキュートでドリームなイメージと、Hospitalという(メンタル)ヘルスケアなイメージを融合させたこの名義―Strawberry Hospitalの名前に、もっともふさわしい作品なのかもしれません、今作。


+ + +


Note :

Grave Chimera is a 6 track autobiographical album that emulates the complex feelings that come with issues like childhood trauma, sexual dysfunction, suicide, escapism, and gender dysphoria.
Drawing influence from metal, j-pop, VGM, and industrial, Grave Chimera is self indulgent, nihilistic, and intimate.
Merriam-Webster defines “Chimera” as both “an illusion or fabrication of the mind; especially : an unrealizable dream” and “an imaginary she-monster compounded of incongruous parts”.
Grave Chimera explores the long term effects of psychosis, fragmenting your identity and leading you through an altered state of reality in which everything wants to destroy you.
The ultimate goal of Grave Chimera is to serve as a form of therapeutic musical catharsis. This an album for trauma survivors, for trans folk, and for anybody who can find solace in being able to relate to my experiences.
Thank you.



VIRTUAL PVNDA – A.Bon.Danse

 VIRTUAL PVNDA - A.Bon.Danse Cover

 – Tracklist –
 01. Light Showers
 02. Faded Memory
 03. Her Tears
 04. Tsukiji Tuna Shop
 05. Noble Rot
 06. Weiss Endless Waltz
 07. Metro Transit Power Nap
 08. Forest Slumber Party
 09. Liquid Dream Ending Sequence



 - 02. Faded Memory


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.06.09
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Electronica, IDM, SynthWave, Trap, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ VIRTUAL PVNDA on bandcamp


+ + + + + +


まったくもって、素晴らしい。VIRTUAL PVNDAの作品は、いつだって私の琴線を揺さぶってくる。

とんとチェックを怠っているうちにリリースされていた最新作は“A.Bon.Danse”。全9トラック。

近作からの大きな路線変更はなく、アンビエントな空間に、スローなメロディ、ところによりトラップビートが入り込んでくる。メロディを奏でるのはシンセサイズな音色で、ディレイやリバーヴをかけられたそれはリスナーの中にノスタルジックな思いを引き起こす。今作は特にノスタルジャーな傾向が強いように思われます。“Light Showers”“Faded Memory”“Her Tears”“Liquid Dream Ending Sequence”といったタイトルも、記憶や思い出ににまつわるエトセトラを想起させ、すなわちシャイニング・メモリーなのですね。

スピリチュアルな話になるのかもしれませんが、心が帰る場所っていうのは、みんながみんな持っているものなのでしょうか。原風景、とは少し違うのかなと最近思い始めているのですが、郷愁と共に脳裏によぎるシーンとでもいうような。実際に訪れた場所というわけでもなく、いつかどこかで見た光景なのかもしれませんが、それほど具体的なものでもなく。テレビや映画でもよくあるシーンのような、川面に陽光が反射しているような、不規則なキラキラとした光の動き、光と影のコントラスト、うねり、けれどそこには8mmフィルムのような粒子の粗さがあって、ただそれが延々と、頭の中を流れ、私はそれを見つめ続けるという。そんな場所。それがなくなったからといってきっと困ることはないんだろうけれど、でもなくなるのは嫌だなあと最近思っているという、ああ、何かよく分からない展開になってきましたね。

この作品に限ったことではないんですが、そのシーンを脳裏に呼び起こす音楽作品というのが世の中にはあって、もちろん今作もそうなんですという話。M-2とかマジでたまらないのですよ。ちょっと音が割れ気味になるところもあるんだけれど、それすらもレトロ感の演出に一役買っている気がする。M-7の物憂げな休日感もいい。全編ビートがトラップ経由だけど決してそこに違和感はない。よくマッチしていると思うしそこが今様なのかなとも思う。でも前から言っているように、IDM/Electronicaの側面も相変わらず感じられるし(実際タグにも“Electronica”は使われてますね)、ビートがもっと複雑化したものだったり、あるいはノンビートのものも聴いてみたいなあ。まあそしたら、VIRTUAL PVNDAらしさは失われてしまうかもしれないけれど。

タイトルの意味をいまいち把握できていないのですが、もし“盆踊り”だとしたら、なかなか気が利いている。死者を供養するための踊りである“盆踊り”。死線を越えた向こうから現世を懐かしむかのような郷愁サウンドと、鎮魂の踊りというのは直接的でないにしろ、リンクすると思いませんか。いやそれよりも、もっと単純に、ここにあるサウンド自体が魂を鎮めるために鳴り響いている、そんな風にとらえることもできるのかもしれません―

だんだんとリリースの頻度が少なくなってきているのが気になるけれど、でも今作が素敵なのでしばらくはこれを心に沁み渡らせようと思います。


+ + + + + +


Volca FM + Novation Circuit + PO-12 + PO-20 + PO-14



Final Heal – Fata Morgana[QNR019]

 Final Heal - Fata Morgana[QNR019]Cover

 – Tracklist –
 01. Anna’s Journal
 02. My Blue Heaven
 03. Millennium Fantasy X
 04. Never Die
 05. From Here On Out
 06. Invitation to Elegy
 07. VIRUS
 08. Dream Tower
 09. Wind
 10. Telepathy
 11. Fly Away
 12. People, Memories, Places
 13. Snowman
 14. Sinner’s Lullaby
 15. Faerie Song

 - 15. Faerie Song


+ + +


 Download Page Free!

 Release Date : 2018.08.20
 Label : Quantum Natives

 Keywords : Breakbeat, Electronic, Fantasy, Orchestral, Piano, Strange, VGM.


 Related Links :
  ≫ Final Heal on SoundCloud


+ + + + + +


プロフィールは不詳ですが、このFinal Healの背後にいるのは、おそらくはAmun Dragoonではないかという指摘を見かけました。私も何とはなしにそう思っておりましたので、“そうだよね!”と共感した次第です。まあ結局よく分かっていないんですけれど。でもそう思わせる要素というのはあって、まずはやはりAmun DragoonのSoundCloudにFinal Healのトラックが(2年も前に)リポストされていること。私がFinal Healの存在を知ったのもそこからでした。単純に気に入ってリポストしただけという可能性もありますが、このつながりに加えて音楽性も類似しているのです。

Amun DragoonはVaporWaveの文脈に入れられることもあるし、実際トラックによってはその傾向も強くありますが(特にNewAge調のトラック)、現時点の最新作2015年の“Socotra Island”などはMIDI風のサウンドに傾倒している節があって、もはやVaporWave作家というイメージは私の中では薄れつつありました。そしてその先に何を出してくるのかという興味も持っていたのですが、それ以降動きはなく、まあ突然活動を止めてしまう(ように見える)アーティストも全然珍しくないので、Amun Dragoonも終了してしまうのかと危惧しておりましたところ、突然現れたのがこのFinal Healでして、聴いてみたところ、正直当初公開されていたトラックからはAmun Dragoonとのつながりは見いだせなかったのです。だってヴォーカル入ってるし(どこかたどたどしい)、何かメロディはポップだし、オーケストラルな要素もあって、ハッキリとした抒情性も感じられて、そこをつなげて考えるのは間違いじゃないかと思っておったのですが。

私がAmun Dragoonで一番好きなトラックは‘Secret Whispers From The Tamate Box’(下に張りますが最高だな!ビデオがイイ)ですが、これと共振する何かを今作の‘Dream Tower’‘Wind’, ‘Telepathy’に嗅ぎ取ったのですね。前者が陰とすれば後者は陽であるけれども、このスピリチュアルな望郷感とでもいうか、意図せず漏れ出てしまっている個性が共通しているように感じられて、ここで初めて両者をつなげて考えてもよいのかなと思い始めたのです。“Socotra Island”の延長線上というよりは、俗に寄せてきた感じ。

と、もし赤の他人だったら申し訳ありませんので、単体で触れましょう。仙人が下界に降りてきて世俗を楽しもうと思いきや、下々の常識が分からずにひっちゃかめっちゃかやってしまいました、みたいな。クロコダイルダンディ。そんなことやっちゃうのみたいな。ローファイ・エレクトリック・ファンタジー。大筋は抒情的なメロディがあって、ファンタジックで、ちょっとVGMっぽいところもあって、ストレートな聴き心地というか、ポテトチップス食べてるみたいな安心感なんですが、ところどころ異質な“何か”が混じっていて、非常に刺激的。M-2も静かに始まったと思ったら、終盤いきなりそんなデカいシンセと強いアタックのドラム入れちゃうの?っていう驚きがあり、M-4はコレ何であえて日本語の歌詞なんでしょう?カバーとかではない気がするんですがちょっとおぼつかない日本語のDIYな歌唱がまた惹きつける、M-6は9分超の大作ですがピアノでひそやかに始まってストリングスなんか入ってアラいい感じと思ってたら急にブレイクビートと共にドラマチックな展開になだれ込んで、何だかビデオゲームのバトルシーンみたいな曲調にいつの間にか連れて行かれてる、M-7もせわしないビートとシンセにアンニュイなヴォーカルが入って最終的に加速してって終わるしM-11も途中でギターなのか何なのかノイジーなフレーズが入ったり後半リズムが妙に力強かったりまたしてもミステリアスなヴォーカルを入れてくる―といった調子で、一度入り込んでキャッチされてしまえば、終始感じられるこの危ういバランス感(焦燥的でもある)と、抒情性の絶妙なコントラストが、クセになること請け合い(さらには‘Invitation to Elegy’‘My Blue Heaven’はSoundCloudで公開されているものとちょっとずつ内容が異なっているという攪乱ぶり)。人によってはスペインの雄This Deep Wellを想起する方もいらっしゃるでしょう。

気になった方は是非Amun Dragoonも辿ってみてくださいネ。にしてもQuantum Nativesのサイトデザインやべえ。あえて不便さを強いてくるような突き放し感がヘヴンリー。


+ + + + + +


Amun Dragoon – Secret whispers from the tamate box


Final Heal – Millennium Fantasy X(directed by Final Heal)



+ + + + + +


Artwork by Aisha Mizuno & Galen Erickson
https://www.instagram.com/doctor_zoom_octopus/
https://www.instagram.com/chaos_egg/



PLAYLIST : H2 2018




 I am Capricious.