ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

quietest – chime [nvr048]

 quietest - chime [nvr048] Cover

 – Tracklist –
 01. chime01
 02. chime02
 03. chime03
 04. chime04
 05. chime05
 06. chime06



 - 03. chime03


+ + +


 Release Page
  ≫ [ main ] / [ mirror* ] Download Free! / * = pay what you wish.

 Release Date : 2017.05.11
 Label : Noisy Vagabond

 Keywords : Ambient, Field Recordings, Meditative, Nature, Wind Chime.


 Related Links :
  ≫ Transient on SoundCloud


+ + + + + +


Noisy Vagabondはアメリカのプロデューサー、TransientことCarl Martinが自身の作品をリリースするために設立したレーベル。90年代初期から音楽を作り始めたTransientは、これまでに世界中の沢山の(ネット)レーベルから、多くの作品をリリースしてきています。Discogsを参照すると、そのリリース数は50以上、トラック数は500以上、再生時間は40時間以上にもなるとのことです。

そしてTransientといえば、Trip-Hop, IDM, Downtempoを基軸としたElectronic musicの作り手であり、私もそのような認識しか持っていなかったわけです。その頭で今作を聴いた私はいたく驚いたのです。何故かと言えば、ここにあるのは非常にリラクシンなAmbient musicだったからです。メディテイティヴといってもいい。彼は多くの別名義を使って作品をリリースしていて、このquietestもそのひとつということになりますが、quietest名義では今作のほかに“Cold”という作品が1作あるのみ。調べてみると、このquietestという名義自体が、Transientとしてリリースしたquiet trilogy(“quiet”, “quieter”, “quietest”の3作)と同傾向の作品をリリースするための名義になっているようで、Ambient、リラクシンなサウンドが意図されているようです。知らなかったなあ。

オーケストラルでシネマティック、ときにはピアノを用いた静謐でメランコリックなサウンドスケープを作っていたquiet trilogyと比較すると、このquietestという名義で作られるサウンドは、もう少しラフなイメージがあります。コンセプト、傾向性は確かに一致しているが、サウンドの幅がそこまで限定されていない。そう感じたのは、今作がこれまでのどれとも違う、Field Recordingsによる環境音を利用した、自然(ネイチャー)な感覚にあふれているからです。それに合わせて、各トラックでミニマルな持続音が散りばめられていて、たとえばそれはウィンドチャイムにインスパイアされたという今作の成り立ちと大いに関係があるのだろうけれど、私が勝手に水琴窟Ambient/Electronicaと呼んでいる、点在する電子音をディレイ、リバーヴさせて描くサウンドタペストリーは、ときにはリスナーを無我の境地(のようなもの)へといざない、またときにはリラクシンな瞑想気分へといざなうのです。

メロディを味わうという意味では、quiet trilogyや“Cold”には、まったく歯が立ちませんが、環境音楽、Ambient musicという点では、他のどれよりも圧倒的存在感(Ambientなのに存在感とはこれいかに)。いつになくストレートなジャケットイメージも好感触。緑の中にたたずむガールはそこはかとなく幻めいていて。ノスタルジアと共に。エバーグリーン。

1トラックほぼ10分。計60分=1時間の精神的逃避行。


+ + +


An album of generative ambient inspired by wind chimes.

(CC) by – nc – sa 3.0



CORPORATE災害 – エリカの歌

 CORPORATE災害 - エリカの歌 Cover

 – Tracklist –
 01. 結婚式は滝の下で開催された
 02. 月光の下でハネムーン
 03. 性交
 04. セールスマンの死
 05. 欲望と孤独
 06. 胎児の死亡
 07. 記念碑
 08. 沈む感じ
 09. すべてが寒い
 10. 彼女は自殺した。
 11. 最後のメモ
 12. 引導



 - 06. 胎児の死亡


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.04.09
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Drone, Requiem, Shoegaze, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ CORPORATE災害 on SoundCloud / on bandcamp

  ≫ ImCoPav on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


みなさんは、つのだじろうさんをご存知ですか。漫画家であり、心霊研究家でもある。“うしろの百太郎”や“恐怖新聞”が代表作でしょうか。1970年代~80年代に続く、心霊ブームの火付け役といっても過言ではないでしょう。

とまあ、つのださんの紹介はそのくらいで。ちょっとマニアックかもしれませんが、つのださんの書いた短編漫画で、“霊魂の唄が聞える”というものがありました。調べると、初出は月刊ムーの第11号なのかな。第13号まで続く“唄が聞える”シリーズの、第一作だったようです。私が読んだのはムーではなくて、コミックだったのですが、はて何に収録されていたのかが、うろ覚えです(“メギドの火”だったかなあ)。内容については“「ムー」ランド”さんが明るいので、気になる方はそちらを参照。

と、延々と遠回りしておりますが、何が言いたいのかという話ですね。このジャケットイメージ、ちょっと不気味でしょう? どっから引っ張ってきたのか分かりませんが、モデルさんと思しき女性たちが並べられ、その目元が隠されている。匿名性、隠すという行為から連想される、いかがわしさ。加えてこの題字。ちょっとヘタウマな感じからも漂う、歪さ。そんないかがわしさと歪さが結びついたおどろおどろしいイメージの中、タイトルは“エリカの歌”となっている。正直そこに秘められた意味は分からない。何の意味もないのかもしれない。しかし私の中では、ビジュアルから醸される気味の悪さと、“歌”という字面がドッキングして、果たして上記の“霊魂の唄が聞える”という作品の記憶が、遥かなる時を超えて掘り起こされたのだった。

作品としてはAmbient/Droneだし、あえてVaporWaveってカテゴライズする必要もないと思うけれど、何らかのサンプルをDroningしているという点では通じる部分もあるのだろうか(つまりそれほどその側面は強調されていない)。むしろ他作品―“孤独”の収録曲‘望郷’はAphex Twinの‘Rhubarb’を、Cyber Dream Recordsからの“仮想風景”は、Harold Budd & Brian Enoの“Ambient 2: The Plateaux of Mirror”収録曲を、それぞれメロディを保つ程度にChopped & Screwedして引き延ばしている―ので、そちらの方が、よりVaporWaveらしいと言えるかもしれない。

とまあ、“そう”であるかどうかはさておき、私はここに漂う“死”の気配に惹かれる。惹かれてしまう。並んでいるタイトルを見ても、あまり前向きに受け取れるものはない。いずれも抑うつ的なイメージをもっているように思える(そして何らかのストーリー性も予感させる)。そのものズバリ“死”に結びついているものも、いくつかある。そういうところも、上記のような気味の悪さを呼び起こした原因になっているのであろう。

ソフトなShoegazeともいえる、白濁したサウンドスケープは、mistというよりもfog、重さをもったウェットなレイヤーは沈痛のイメージを引き起こし、まるで鎮魂歌のようにも聴こえてくる。と同時に現実とは切り離された、浮世離れ、ドリーミィな側面も確かにあって、それが死を飛び越えた甘美な何か、あるいは飛び越える寸前の甘い誘い―死線―を感じさせるのです。

そういう死にまつわるエトセトラなサウンドイメージもあるのかな、私が今作を聴きながら読んでいたのは、法月綸太郎の“密閉教室”であった―


+ + +


 Note :

私は彼女を愛していた。
私は彼女を崇拝した。
しかし、最後には
私は彼女を捨てた。
そして、今私は価格を支払う必要があります。
私を許して。



Mikk Rebane – Pending

 Mikk Rebane - Pending Cover

 – Tracklist –
 01. Connected
 02. Misty Windows
 03. Pending Devotion
 04. Parallax Wizdom
 05. Shore of Singularity
 06. Ex Masha
 07. Groupshift
 08. Blind Fox’s Rain
 09. Hysterical Contagion
 10. Paper Home
 11. Premortem



 - 07. Groupshift


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.07.03
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Electronica, Glitch, IDM, Melodic.


 Related Links :
  ≫ Mikk Rebane on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter / on YouTube


+ + + + + +


BFW RecordingsBump footからもリリースのあるエストニアのトラックメイカー、Mikk Rebane。2017年には“Margins”をリリースしていますが、こちらは2016年の作品。

正直もうリバイバル的にでもこの手の音にスポットライトが当たることはないのかなあと、思っていて、だから一定層にしか好まれなくてファンが拡大するってことはないのかもしれないけれど、私はこういうサウンドが大好きなのです。冷たいサウンドの中に滲む抒情性と言いますか。それはミニマルテクノとかに比べたらはるかに機械的な質感は薄いし、感情性もあるように思うけれど、それでもラップトップ特有の冷たさっていうのはやはりあると思う。その冷たいテクスチャーに差し挟まれるメロディが、私の場合は、肝になってくるのだけれど、このMikk Rebaneはこのメロディセンスが素晴らしい。

ネットリリースを行うこの手のサウンドのトラックメイカーで私がファンと公言できる人物は何人かいる。いつも挙げるのは、“Transhumante”も記憶に新しいCrisopaや、寡作ながらその才能は折り紙つきのMosaik、GlitchyにしてビューティフルなIDMメイカーEnabl.ed (aka iameb57)、この3人がトップ3だったわけですが、今作や最新作を聴いて、このMikk Rebaneもそこに食い込む勢いですね。コンスタントなリリースと、クオリティが押しなべて高いというのがポイント。

Ambientな包容力、あるいはGlitchの妙、というよりは、メロディに寄っている印象が強くて、それがこのMikk Rebaneのキャラクタ―であるようにも思います。あとは‘Ex Masha’に顕著なように、楽器音―ここではギター(シンセサウンドかもしれませんが)を使ったトラックメイクも披露している―というのも特徴かと。たぶんこういう形じゃなくても、ギターとかピアノだけでも素敵な曲を作れるんではないかなあと思ったりもしましたが、いかがでしょうか。

(自分の中で)ザ・エレクトロニカなイントロを持つ‘Groupshift’も素晴らしい。(これまた私の中で)深海IDM/Electronicaと呼ばれるカテゴリーがあるのだけれど、そこに属する。まあ深海なんて行ったことないわけだけれど、真っ暗で光もささず、何ら感情性のない冷たい流れがある中で、微細なクランプトンの死骸―マリンスノー―がゆるやかに舞い、降り注ぐ、冷たくて幻想的な、そして神秘的な風景。ロングトーンなシンセがコーラスと共にうねる‘Blind Fox’s Rain’も、陽光乱れる川面の流れにさまようノスタルジアなイメージでよい。

そして今作で(最も)特筆すべきはラストの‘Premortem’でしょう。ストリングスサウンドで以て繰り広げるドラマティックで壮大なサウンドスケープは作品の終幕にふさわしい。Classicalな気配もありながら、しっかり電子音もまぶしつつ、それまでのどのトラックとも違っていて、悲しみや別れ、何がしかの決意を感じさせるような、とても感動的、情動的なものになっている。

IDM/Electronicaが好きな方は、是非ぜひ、過去作も含めてどうぞ。


+ + +


(CC) by – nc – sa 3.0



Various Artists – 人間指南

 Various Artists - 人間指南 Cover

– Tracklist –

 01. sususu&56loop – 霓虹過客
 02. LinFeng – Memories Of Reiko
 03. Fantasy Girl 1985 – Musicassette
 04. Goldchild – Feeling Lucky
 05. soulspeak – Aliens Born Chinese
 06. Fcyco – 颈椎病植入DNA1999
 07. Radiax – Touch
 08. Zean – Make It
 09. JoyGInger – Battle
 10. Lofimaker – Black Or White (LOFIMAKER Remix)
 11. Ops.7 – Schizophrenia



 - 03. Fantasy Girl 1985 – Musicassette


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.04.24
 Label : Babel Records

 Keywords : Beats, Future, Hip-Hop, Neo-Soul, SynthWave, Urban, 90s.


+ + + + + +


中国は北京のレーベル、Babel Recordsより。2016年の“夏日賓館”に続くコンピレーション“人間指南”がリリースされています。

世界のシーンすら見えていない私に中国のシーンなど分かるはずもありませんが、調べてみると、どのトラックメイカーもこの界隈のレーベルと何かしらの形で関わりがあるようで、色々なところで名前を見ることができます。ただ惜しむらくはそうやって調べないと情報にたどり着けないところ、でしょうか。どうもあまり対外的な活動をみなさん行っていないようで、各トラックメイカーのSoundCloudを覗いても、必ずしも今作への収録トラックが公開されているわけでもなし、リリース情報が掲載されているわけでもなし。それをいったら、そう、レーベル側からアーティストのネットスペース―何がしかのアカウントへのリンクも貼られていないようだ。だからこそ穿り返すことの楽しみもあるわけだが・・・もう少しオープンでもよろしいのではあるまいか。などと考える。

そう思うのは今作が積極的に耳を傾けるに値する、素敵な作品だからです。90年代のPop musicをビンテージなアナログトーンでもってサンプリング、というのが今作にある一定の方向性のようで、これによって90年代の中国を未来的に再形成する、描いて見せる、というのが、意図としてあるようです。

何の基盤も持たない私はサンプリングソースについてはもちろん、“ビンテージなアナログトーン”についても具体的な言及できないわけですが、おっとそう、今作はまあHip-Hopと言える作品になっておりまして、どの作品もメロディを使っていて、そこにモコッとした楽器音が入ってくることで煤けたセピアなカラーを塗りながら、それでいてシンセサイズな電子音をぶつけてきたりもするので、まさにレトロフューチャリスティックな過去から見た未来が描かれているような。たとえば90年代の中国の在り方―政治や経済などがどのような状態であったのか、そこと関連づけて今作を聴いたり論じたりするのも楽しみ方の一つかと思うので、興味のある方、そしてできそうな方は是非やってみてください。

どのトラックもみんなフックがあって良いんですが、最も好きなのはM-3‘Musicassette’です。SynthWave meets Hip-Hopっていうか、ちょっとChiptuneっぽい響きもあって、経済成長の時代に夢見たロマンチックな未来、その都市の夜景、みたいな(その未来は今ではないのだろうけれど)。けれどFantasy Girl 1985の素性がつかめない。ほかの作品でも出てくる名前なのですが、レーベル、チャンネル、コレクティヴ、あるいはプロデューサーのチームのような、複数名の集合体なのでしょうか。

Michael Jacksonの‘Black or White’を使ったM-10も面白いですね。どことなくオリエンタルなフレーズを挿入したり、原曲のエモーショナルな歌唱が生かされていて、肉体性もあり、作中でも異色(というよりRemixとなっているから他トラックとは毛色が違うのは当然なのかもしれない)。

他トラックメイカーもなかなか名前を拝見したことのない方が多かったので、せっかくなので他作品からのトラックも―



 - sususu;Cattzim – sweet​,​sweet tone (from “Before Midnight”)



 - ​VISUDY;阿克江 – Seaside Motel​ (from “夏日賓館”)


+ + +


 Note :

以未来之声重塑一个八九十年代的中国场景为主题,来自北京的电子厂牌BabelRecords在4月末发行了一张令人瞩目的复古合集《人间指南》,这是自去年的《夏日宾馆》后他们再次高调发声。
Reshaping a 90’s Chinese scene with a futuristic vibe, Babel Records has just released a compilation full of vintage elements —‘人間指南’. The collection of tracks makes a strong follow-up to their previous compilation ‘Hotel Summer’ released in 2016.

整张专辑中,12首作品都融入自己的思考,采样90年代流行金曲或者运用你熟悉的模拟音色,让回到过去的思维与身处当下的空间感相互融合,重塑一个充满矛盾的复古又未来的八九年代中国场景。

The tracks of this compilation have a sonic coherence. sampling 90s’ pop music with vintage analog tones. Let your mind intermingle with time and space, and reshape a space which full of the contradictions of 90s’ China.

Cover Art by Lofimaker & 重型燈



PLAYLIST : 2017.04

Gossip Palace – Torsi

 Gossip Palace - Torsi Cover

 – Tracklist –
 01. Cloud Tube
 02. Ghosting
 03. Pepermint Peaks
 04. Firepower
 05. Izzy Black
 06. Jonquil
 07. White Flowers from a Saint
 08. Soda Rot
 09. Nap Aches
 10. Solar Powdered
 11. Vivite Somnia



 - 09. Nap Aches


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2017.02.17
 Label : Silver Throne Records

 Keywords : Electronic, Future Beats, Hip-Hop, Melodic, Swamp.


+ + + + + +


アメリカ合衆国はミシガン州デトロイトのレーベル、Silver Throne Records。前身はOCCULT DREAMSであると勝手に解釈しているが、間違っていたらスイマセン。

このあたりのBeats~Future Beats(と書いてはいるが、私はよく分かっていませんよ勿論)系のアーティストは、VaporWaveのそれよりはマシかもしれないが、やはり誰が誰やらよく分からない。聞いたことない名前だから新しい人かと思ったら誰かの変名とかは改めて書くまでもなくよくあるパターン(書くまでもなく、といいながら書いているが、ご愛嬌だ)。つまりこのGossip Palaceもよく分からないということで。

この金で作られた(あるいはゴールドプレート―金メッキかもしれないが)オブジェは何であろう。じっと見つめながら視点をあちこち彷徨わせてみるが、判然としない。何かのキャラクターのようにも見えるが、私の知っている中にはないようだ。ショーケース、ガラスケースに展示されている様子のそれは、衆人環視の状態でありながら、しかし意味を持たないようにも見える。意味のあるものを組み合わせたようで、それでいてその実何も表しておらず、あまつさえ“金”という、一般的には価値のあるもので仰々しく存在感を放ち、人目をひきつける。そう、それはまるで“Gossip”―噂話。

音楽的にも一言では表現できない、とは言っても複雑怪奇なものでもなく、Hip-Hopを下地にした、Melodicなフレーズが頻出する、聴きやすい作風ではないかと思う。シンセチックな電子音や、フワフワとしたAmbientな音色を使う一方で、ダビーに振動する‘Firepower’や、‘White Flowers from a Saint’が作品を引き締め(後者はSILENT POETSを想起した)、またラストの‘Vivite Somnia’ではメロディでもって幾ばくかの抒情性を漂わせる。アブストラクトな側面もあるけれど、トラック自体が決して長くないので、飽きずに最後まで聴けるというのも特徴だろうか。各トラックがフックを持っているというのもあるかもしれない。不思議と引き付けられる魅力がある。

さまざまなサウンドを用いたシンセサイズな音像が醸す冷たい人工感。そう、言いたかった言葉は“イミテイション・ゴールド”だ。だがここにある音楽がゴシップを揶揄する意味でイミテイション・ゴールドな佇まいを持っているのか、私にはよく分からない。こじつけすぎかもしれない。



Crisopa – Transhumante

 Crisopa - Transhumante Cover

 – Tracklist –
 01. Bird Song Reincarnation
 02. I am the lord of these ruins
 03. Fast Dive
 04. Serene Option
 05. Melting Wax Sculptures
 06. Fluorine Cold Flames
 07. Irradiating Nucleus



 - 03. Fast Dive


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.01.27
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Electronica, IDM, Melodic, Shoegaze.


 Related Links :
  ≫ Crisopa on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


スペインのトラックメイカーCrisopa(Santiago Lizón)が、久方ぶりのネットリリース! 2010年に名作の誉れ高い“Last Membrane”をドロップしてからは、n5MDから作品をリリースするようになったので、まとまった作品をこうしてネット経由のファイル形式のみでリリースするのは7年ぶりということになりましょうか。

しつこいようですが、彼Crisopaは間違いなくネットレーベルというシーンの盛り上げに一役買ったと思っています。フリーでの配信でありながら、異常なクオリティを誇ったトラックたちは、こんな世界があるのかと私を驚かし、その世界に私を導いてくれたのです。そしてフリーの音源に対する偏見を打ち破った。その微細でドリーミィな音空間に魅了されたリスナーも数多くいるでしょう(おそらくいまだに過去作を経由する形でのファンは増えていると思う)。一時期は過去のネットリリースをまとめてZIPファイルで公開していたのですが、今は取り下げてしまったようです・・・、気になる方はDiscogsなどを参考にマメに手に入れてくださいね。

で、今作になるわけですが、これまでにちょっとずつSoundCloudで公開していたトラックたちをコンパイルしたものでして、ここで初出しというものはないようです。でも先に公開したときはダウンロードできる形ではなかったので、このリリースはうれしいですね。ジャケットイメージがコレなのは、何でなのか・・・、タイトルの“Transhumante”はスペイン語で“移住性の”という意味になるようですが、そこと無関係ではありますまい。自身のことを差しているのか、それともトラックたちに秘められたイメージなのか。

CrisopaらしくありつつもCrisopaらしさからの脱却を図ったような、n5MDからの“Biodance”、そして“A Lucid Dream Kit”。それらと聴き比べると(私としては、久々にその2作を聴き返したのである)、はるかにCrisopaらしさがカムバックしているように感じられ、すなわちn5MDからの作品にどうにも煮え切らなさを感じていたワタクシは、ここで留飲を下げたのである(えらそうだな)。ビートを携えつつもアブストラクトなAmbient空間が強調されていた件の2作では、Crisopa特有のドリーミィでコズミック、Shoegazeにも通じるDroningなレイヤーと、そこに流れるフックのあるフレーズ、メロディ―これらが廃されているように感じられたのだけれど、今作においては、少なからずその音作りが復活している。

夢幻のヴォーカルトラック、‘Bird Song Reincarnation’。ディレイを効かせたドラムがAmbient空間にエモーショナルに響き、ストリングスが優雅に舞い散る‘I am the lord of these ruins’は、どこか‘Last Membrane’を彷彿させる。これぞCrisopaな、IDM/Electronica~ShoegazeがブレンドされたAmbientなサウンドスケープ‘Fast Dive’‘Serene Option’

ちょっとダウナーな悲しみが漂う‘Melting Wax Sculptures’とか新しい気がしますが、こうして聴いていると、ドラムの音色にある生っぽさ(実際生演奏ではないと思う)が、これまでにはあまりなかった要素かなあと思ったりもする。でも電子的なリズムとの合わせ技なので、それ一辺倒というわけではない。あとストリングスが随所で使われているのもあって、今までよりも有機的なイメージが強いかもしれない。

総じて聴いてみると、往年(という言い方が正しいか分からないけれど要はネットレーベルで活動していた頃)のCrisopaと、n5MDに所属してからのCrisopaの、間に位置づけられるようなサウンドではあるまいか。現時点ではそんな印象が強い。とにもかくにも、ネットリリースからは足を洗ったと思い込んでいたので、この突然のプレゼントはうれしい限りではありませんか。みなさんありがたく聴きましょう。

ちなみにCrisopaの現時点で最も新しいトラックはPlataforma-LTW(まだ健在だったとは!)からのコンピレーション“A gift for Rec_Overflow”収録の‘Feed the Queen’。興味のある方はそうぞ。

―では最後に、私がCrisopaのトラックでいっとう聴いているものを、ふたつ(いっとうと言いつつふたつ)あげて、アディオス―



 - Matching (from “Last Membrane” [escala 1:6] )







 - Fibra De Carbono Y Cambios Automáticos (from “Filamentosa EP” [PIR02]) : このコズミック感、鳥肌立つわ。10年以上前だなんて!


+ + +


(CC) by – nc – nd 3.0



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。