ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Aus Dem Inneren Des Uterus – PRAHA

 Aus Dem Inneren Des Uterus - PRAHA

 – Tracklist –
 01. Night I
 02. Night II
 03. Night III



 - 01. Night I


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2012.06.16
 Label : Inner Cinema

 Keywords : Ambient, Field Recordings, Piano, Sound Art.


 Related Links :
  ≫ Aus Dem Inneren Des Uterus on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


オーストリアのエクスペリメンタル系ネットレーベルより。ベルリンのアーティスト、Aus Dem Inneren Des Uterusの作品がフリーでリリースされています。彼の作品をすべて聴いたわけではありませんが、おそらくスタイルとしてはDark AmbientやNoiseを主なものにしている様子。たとえばbandcampで耳にすることができる”ICHHASSEDEINEFREUNDIN”や”HØLE”などは、虫の入る隙間もないような、バリバリのWall of Noiseな作品になっているし、彼のキャッチコピーといってよいのだろうか、自己紹介文は”Noise from Berlin”だ(カッコいいな)。

私はピュアなNoise作品(変な表現だ)には親しみがないので、当然この作品はNoiseとは異なっている。プラハで過ごした3日間、そこにおける煙草とビールと閉鎖空間といった、夜間生活を記したドキュメント的作品。主軸になっているのはField Recordings。たとえば海外の映画のワンシーンを想像してほしい。小さい酒場を借り切って、あるいは友人の部屋を借りて、内輪で催されるパーティのような風景。仕事の話や家庭の話、恋の話や下世話な話が繰り広げられる空間。幼馴染のカップル同士が久しぶりに会ったりして、「彼ったら最近冷たいの」なんて近況報告がなされるような一コマ。人々の話し声や笑い声、グラスのぶつかる音、会場で流れている音楽あるいは歌声。これらの生活音、環境音が記録され、作品に落とし込まれている。だがそれ―雑然とした環境音が、作品の魅力ではない。聴きすすむうちに、膨張し始めるこの環境音たち、それと共にゆがみ始める空間、この在り方がお見事なのだ。

酔っぱらった頭で記録された、というようなことが書かれているけれど、どこからどこまでが酔った状態で作られているのかは判然としない。しかし先に書いたような、生活音・環境音の編集具合は、もうまるで酩酊感をそのまま音像化したとしか思えないほどに、鮮やかなもの。輪郭があやふやになり、くぐもり、遠ざかり、また近づいてきたかと思ったら、急に静まり返るような、周囲の音たち、そして空間。環境音オンリーではなくて、シンセで作られたと思しきダークで不定型なレイヤーがところどころで顔を出してきて、これがまたアルコールが回った状態を強くイメージさせることに、一役を買っている。

そしてまた、作り手は必然的に記録者であるということも関係しているのか、第三者的な視点が存在してることも見逃せない。酔っぱらって喧噪のなかでつぶれていながらも、そんな自分、あるいはにぎやかな空間を、どこかで一歩引いて見ている、冷静な視線の存在。経験がある方は多いでしょう、酔ってテンションあがって楽しんでいるんだけど「あー何やってんだろ自分」という客観的思考が頭を回る、あの感じ。ここにもそれがある。Dark Ambient的空間と、喧噪を記した環境音という、一見ミスマッチなコンビネーションが、そんな感覚を強くするのかもしれない。にぎやかな空間、喧噪の裏に、ダークサイドが張り付いている。ラストは会場に流れているBGMだろうか、ダンサブルなリズムと、楽しそうな会話がひときわ大きくなったところで、ふいに終わる。面白い作品です。実にDrunkenな音像。酔った頭で聴いたら酩酊感2割増しは確実だ。

ちなみに、ダウンロードすると、それぞれのトラックに対応した画像が同梱されています。これがまた、酩酊の中で撮られたと思しき、ピンボケ&アングルも定まらないようなものが多くて、最後の最後まで酔っぱらったイメージを保ち続けるという、あっぱれな作品です。


+ + +


All sounds by Aus Dem Inneren Des Uterus
Piano on I & III by M.



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。