ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

溶けない名前 – demo​:​刺したい​/​ソーダ室へ行こうよ

 溶けない名前 -  demo​:​刺したい​/​ソーダ室へ行こうよ

 – Tracklist –
 01. 刺したい
 02. ソーダ室へ行こうよ



 - 01. 刺したい


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2012.11.08
 Label : Not On Label

 Keywords : Indie, J-Pop, Psychedelic, Shoegaze.


 Related Links :
  ≫ 溶けない名前|The Official Tokenai-Namae Site
  ≫ 溶けない名前 on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter / on YouTube



+ + + + + +


日本は名古屋発のインディーズバンド、溶けない名前のデモ音源が、bandcampを通じてフリーで公開されています。2012年結成で、メンバーは、うらたにあすか(Vo, Key), イトウリュウタ(Vo, Noise-guitar), ソガベナオキ(Bass, Engineer), ニワキヨシ(Drums), そしてA-chan (Model-Girl)という構成になっている(A-chanがどこまで存在し続けるのか、気になりますが)。実をいえば彼らの存在を私が知ったのは、Zoom LensないしはMeishi Smile経由だった(詳細は失念した)。彼の日本のインディーミュージックに対する関心の強さには、いつも驚かされる(禁断の多数決も彼はしっかりチェック済みなのだ)。

さて、今作収録の2曲を聴いて、ゆらゆら帝国のフォーキーな曲にあった無気力なサイケデリアや、Galaxie 500のような、どこか牧歌的な浮遊感、幻想感、それらのミックスを感じたりもしたんですが、ライヴ映像を見てみると、どうも違う。そういったモヤモヤしたPsychedelic感は抑制されていて、確かにギターやシンセのディレイやリバーヴは効いているのだけれど、それ以上にヴォーカル、メロディが前面に押し出されている印象を受ける(改めて聴くと、音源でもやはり歌は埋もれていない)。このあたり、彼ら自身が、自らを”歌謡シューゲイザーバンド”と呼び、”J-Pop with Shoegaze”と紹介する所以なのかもしれない。

不条理なような、滑稽なような、シリアスなような、不思議な歌詞(自分対誰か関係性を歌うときもあり、それが自分対世界のときもあり、あるいが自分以外誰もいないような、空想的なときもある、そんなように思える)。彼らの楽曲タイトルにある言葉や今作のアートワークをながめてみると、潜在的な部分で、性と死(エロスとタナトスは表裏一体なのだ)、そして思春期的な何かを感じたりもする(リビドーとは違うような)。チャイルディッシュな女性ヴォーカルも無関係ではないだろう。Popなメロディと共存する眩惑的な世界。イノセンスとグロテスク。こういった要素というかイメージをもったShoegazeというと、私の好きな”死んだ僕の彼女“というバンドがいるのだけれど、どこかでつながっていたりはしないだろうか。まだまだミステリアスな存在で、すべてがあいまいな表現になるけれど、この出会いにはドキドキ感、ワクワク感がある。つまり今後が気になります。

ちなみにこの溶けない名前ってどういう意図でつけられたのだろう、なんて考えたんです。’解けない’じゃなくて’溶けない’だし。70年代のサイケデリックなバンドで”吐痙唾舐汰伽藍沙箱(溶け出したガラス箱)”っていましたが、関係あるのだろうか。あるいは経年変化に耐えうる名前っていうか、たとえばNine Inch Nailsなんかも、考えに考えて、時の流れに耐えられる名前をチョイスしたそうだけど、そういう意味なのかなとか(要するに時間がたっても’溶けない’ってことで)。いつか語られることを願っています。

インターネット発で、日本を飛ばしていきなり世界へ飛び出していくという例も決して少なくはない昨今(最近だとLLLLとか思い当ります)。彼らがそういう広がり方をするかは分かりませんが、今後大きな媒体にとりあげられることがあるとしたら、どの角度からアプローチされるのか、気になります。日本でいうところのネオアコ、渋谷系という切り口もあるような気がする。その方向から彼らの音楽にフォーカスするのは、私の役目ではない(というかできないしな!)ので、博識な方々にお任せします。 よろしく! 全国流通の音源が出たら購入したいと思います! ちなみに現時点のフェイバリットは’幽霊少女は八月を殺す(live2012.09.09)’。今作収録曲じゃないっていう(笑)。SoundCloudからダウンロードできます。


+ + +


溶けない名前 幽霊少女は八月を殺す(live2012.09.09)




コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。