ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Peach Land – Forest People

 Peach Land - Forest People

 – Tracklist –
 01. A Deep Breath
 02. Forest People
 03. Small Clouds



 - 02. Forest People


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ bandcamp ] / [ Last.fm ] Download Free!

 Release Date : 2012.09.16
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, ChillWave, Electronica, Pop.


 Related Links :
  ≫ Peach Land on Last.fm / on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on VK (VKontakte)


+ + + + + +


ロシアのミュージシャン、Peach Landの作品が、ネット上でフリーで公開されています。ワールドワイドな目でみた場合、ロシアの音楽というのは、欧米のそれに比べて日が当たっていない気がするのは、私の気のせいでしょうか。言語の問題ではなく、何かほかの部分で、さえぎっているものがあるような。

まあ、それはさておき。この作品はわずか3トラックの収録で、いずれも尺は3分もない、短いものですが、よい作品だと思います。シンセチックなレイヤーが輝かしい、作品の導入部になるM-1からはじまり。それに続くM-2は、水の流れるような、不思議な電子音が印象的な、澄んだ空気を感じさせるトラック。その電子音の透明な鳴りは、白い景色の中を流れる、雪解けの流水を思わせる。ゆるやかにループするざらついたレイヤーは、どこかノスタルジックで。中途から聴こえる人声のコーラスのような、シャイニーなフレーズは、幻想的な風景の中に、神々しさを生み出している(それはまさに‘forest people’という言葉がふさわしい)。強調されていないものの確かな存在感のあるリズムは、Dubstepあたりからの影響も、感じられるような。

ラストの‘Small Clouds’は、今作の中ではもっとも弾んだ調子のトラックだ。リズミカルなドラムと、かわいらしい電子音で描かれる、あたたかい春の気配。跳ねまわる電子の単音によって形作られていくメロディは、まるで点描画のようなイメージだ。音数は少ないし、決してメロディが際立っているわけでもないのだけれど、妙にあいらしい。子供が鍵盤を無造作に叩く中で、ふと生まれてしまったメロディのような、不思議な丸みをもったトラックだ。

この作品のあとにも“Airplane”をやはりフリーで公開していますが、こちらはワン・トラック。ChillWave的幻想感とレトロなフィーリングをもったサウンドが、ノスタルジックなメロディを盛り立てる、よいトラックです。とくれば、次は是非ともアルバムが聴きたいところ。期待してます。


+ + +


(CC) by – sa 3.0



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。