ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

DeliVanDiko – Torus EP [MNMN193]

 DeliVanDiko - Torus EP [MNMN193]

 – Tracklist –
 01. Indeterminacy
 02. Torus
 03. Vita
 04. ObeyYrMom



  - 01. Indeterminacy


+ + +


 Release Page* = pay what you wish.) :
  ≫ [ main ] / [ bandcamp* ] Download Free!

 Release Date : 2013.01.29
 Label : MNMN Records

 Keywords : Alternative, Electronica, Glitch, Guitar, Indie, Instrumental.


 Related Links :
  ≫ DeliVanDiko on Last.fm / on SoundCloud / on bandcamp / on VK (VKontakte)


+ + + + + +


ロシアン・ネットレーベル、MNMN Recordsより。ロシア出身、イギリス在住のミュージシャン、DeliVanDikoの新しい作品がフリーでリリースされています。詳しいプロフィールはありませんが、クレジットにあるMikhail Nesterovというのが、おそらく彼のリアルネームでしょう。

ロシアらしい、といってよいのかどうか、なんとも形容のむつかしいサウンドです。ギターを中心にしたInstrumentalなのは間違いないんですが、たとえばありがちなPost-Rock調のサウンド、スローでシネマティックなサウンドスケープに嵌り込んではいない。たとえば今作のM-1などは、リズム面で2step/Hip-Hopを感じさせる部分が少なからずある。ギターのフレーズにしても、どこかオリエンタルな情緒性のようなものを感じさせ、それは軽やかに弾むリズムとあいまって、淡い景色の流れを、眼前に浮かび上がらせる。このトラックを聴かせて、日本のインストバンドの曲だよって言っても、信じる人いそうなくらい。

M-2にしても、リズム面にGlitchyなものがある(あくまでGlitchyであってGlitchではない)し、ギターはさらにその存在感を増してリスナーに迫り、なかばShoegazeのような様相を見せつつも、ソロで聴かせる部分が設けられていて、そのあたりはInstrumental Rockの在り方に近いような気がする。2step meets Shoegazeという形容も浮かんだが、少し違うような気もする(余談だけど、このトラックを聴いていて思い出したのが、“Massive Attack meets My Bloody Valentine”と評されたMasske[a.k.a. Last Romantic]のサウンドだ。私の知っている中では、そこが一番近いかもしれない。彼の作品も素晴らしいんですが、とりいそぎ入手はコチラコチラから)。

M-3などはBass musicの影響を受けていると思しき、ダビーでBleepyな低音部が印象的だ。このトラックはひときわElectronicかつダークで、作中でも異色。ラストはアグレッシヴなギターサウンドに乗せて、ここにきていきなりヴォーカル(というか投げやりなシャウト)を入れてくるという手法で、Rock/Punk/Hardcoreな精神を見せつける。そこまでのサウンドではクールな佇まいの裏に封じ込められていた熱量が、ラストで一気に放出されてくる。こういった部分からも、本来的にはラップトップの人ではないんだろうなと推察。フックのあるシンセと跳ねたリズムに、エキサイティングなギターを絶妙なバランス感覚でもって加えることで、ユニークなInstrumental Rockを鳴らしている。

過去の作品もbandcamp上で実質フリーという形で公開されているんですが、聴いてみると初期の方がHip-Hopに接近している気がしますね。ギターの鳴りは控えめ。電子感のある断片的なシンセフレーズとブレイク気味の生っぽいリズムが組み合わさっている“EP”とか、メチャメチャかっこいいです(だったらそっち紹介しろよっていう野暮なツッコミは無しだぜよ)。特にその中でもやはりオリエンタル・フレーバーでインパクトを残すトラック‘Submissiveness’を以下に貼らせていただきます。すげえクールだ。こういう出会いがあるから、netlabel/netaudio探索の手は止められない。ワクワクしますね。



 - Submissiveness


+ + +


Produced by Mikhail Nesterov
Recorded by Mikhail Nesterov and Cameron Hollis at London School of Sound
Mixed and Mastered by Mikhail Nesterov
Artwork by Kornei Salamatov


(CC) by – nc – nd 3.0 deed.ru



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。