ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

The A.W. – [micro.Dreams] [MNMN217]

 The A.W. - [micro.Dreams]  [MNMN217]

 – Tracklist –
 01. I
 02. II
 03. III
 04. IV



 - 01. I


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ ifolder ] / [ rutracker.org ] Download Free!
  (※ifolderからのダウンロードについてはこちらを参照してください。rutrackerについては、こちら

 Release Date : 2013.06.12
 Label : MNMN Records

 Keywords : Ambient, Chillstep, Electronic, Drum’n’Bass.


 Related Links :
  ≫ The A.W. on SoundCloud / on VK (VKontakte)


+ + + + + +


ロシアンネットレーベル、MNMN Recordsより。The A.W.の作品が、フリーでリリースされています。聴いてみて、てっきりソロかと思っていたのですが、どうやら二人組、СергеяとМариныによるユニットのようです。Мариныに関しては、おそらくヴォーカルを担っていると思うんですが、今作においてはそれほど強調されておらず、ほとんど聴こえてきません。

今作ではDrum’n’Bass/2stepのリズムを軸にして、そこにAmbienceやChillなフィーリングを取り入れた、いわばChillstep(あるいはLiquid Funk)のスタイルが採用されているけれど、SoundCloudやVKといった、他所で公開されているトラックを聴いてみると、Electronic musicの中で、特にスタイルを限定している様子ではない(‘Not Like We’はウタモノだし、‘Air’や‘N/A’はGlitch/IDM、‘With You’はSpoken Wordを交えたAmbientな作風だ)。

自らのサウンドに‘Chillstep’や‘Liquid Funk’という言葉を使っているだけあって、ハードな調子はありません。シンセの鳴りにBleepyな響きはあったりしますが、その程度。スピーディなリズムはあれども、全編通じてシンセによる柔らかい音作りが強調されていて、透明感のある流麗な音像が特徴です。M-1やM-3などは聴いていると、冒頭にあるクリアなフレーズがそれぞれ印象的で、水滴が水面におちて、幾重にも波紋が広がっていくような、静かなイメージが頭をよぎります。でも実際その後ろでは確かにリズムが鳴っていて、この静と動のイメージの融合具合が、なんとも面白いところです(このあたり、どことなくΣ-Flyのサウンドを想起させます)。

作品全体にある涼しげ(そしてドリーミィ)なイメージは、この時期には、特に心地よく感ぜられる。上にも書きましたように、スタイルを模索しているような節もありますが、Popに振り切った作品も聴いてみたいですね。あとはIDMなスタイルで統一されたものとか。これからのリリースを楽しみにしてます。ちなみに今作、SoundCloudからも各トラックがダウンロード可能です。分かりにくい方はそちらから入手するのがよいかもしれません。


+ + +


(CC) by – nc – nd 3.0 deed.ru



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。