ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

b o d y l i n e – COMPUTER IMAGINA [BIZC014]

  b o d y l i n e  - COMPUTER IMAGINA

 – Tracklist –
 01. computer tide
 02. temple
 03. evening wind
 04. pacific maps
 05. memory recall
 06. platform
 07. night visual
 08. echo vision



 - 02. temple



 - 03. evening wind


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2013.08.03
 Label : Business Casual 87′

 Keywords : Ambient, ChillWave, Sample-Based, VaporWave, VHS, 80’s.


 Related Links :
  ≫ b o d y l i n e on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Tumblr


+ + + + + +


“ONLINE DIGITAL MUSIC LABEL FOR THE INTERNET GENERATION”である、Business Casual 87’より。謎のイタリアン・トラックメイカー(それも真実なのかどうか)、bodylineの新しい作品がフリーでリリースされています。数曲単位でのリリースが多いbodylineですが、今作はアルバムと呼んでも差し支えないボリューム。“VIDEO ENCOUNTERS”に続く、セカンド・アルバムといえるかもしれません。

こんなネット全盛の世の中で情報の海を泳ぎ切っている人なんていないわけで、泳いでいるつもりでも溺れていたりして、つまるところ、もうVaporWaveと呼ばれる音楽の輪郭は、私の中で崩壊しかかっている。そんなに量も聴いていないのに。何がVaporWaveで何がそうじゃないのか、その線引きは、もはやかなりあやふやになっている。と感じるようになったのは、bodylineのこの作品を聴いてから。

出所不明なサンプリングをChopped & Screwed。眩惑的なエフェクトによって漂ってくる80s/VHSのフィーリング。ざらついた色彩の海をサーフィンするようなサイケデリアと、グロテスクにゆがんだ異形音との出会いで生じる、うしろぐらい興奮。そこには、猥雑という言葉が似合う。そんなように、私にはVaporWaveは猥雑なものという印象が強かったのだけれど、この作品では、猥雑さもモチロン感じるのだけれど、それとは別にストレートな郷愁というヤツが強くあって、それが私にVaporWaveを分からなくさせたのですね。ウィンドウ・チャイムのような音色が印象的なM-2の‘temple’なんて、80sな邦画の回想シーンなんかに似合いそうで(その辺りはしごくVaporWaveっぽい)、でもその回想はすごくシリアスな感情を秘めている気がするんですよ。抒情的といってもいい。そしてこの流れからくるM-3‘evening wind’がヤバい。ピッチを落とした歌声が入ってるのがちょっと余計なんだけど(失礼だね)、それがなければ、この流れは100点満点だった! 

以降ストレートなVaporWaveスタイルなトラックが続くんだけど(ブラスが入ってたり、ラジカセの再生ボタンを押す音が聴こえたり)、M-6‘platform’がね、コレVaporWaveじゃなくね?っていう仕上がり。先述の‘temple’の流れにあると思うんだけど、なんだろうこのシリアスなノスタルジア。小雨の降る田舎駅のホーム(景色は緑の山々。線路はもちろん単線だ)で、物思いにふけりながら誰かを待っているような。こういうのをポツリとはさんでくる辺りに、VaporWaveからは感じたことのない感情性を感じたものだから、このbodylineは私にとって特別なミュージシャンになってしまった。

ラストの‘echo vision’なんかも、サンプリング基盤なのかどうかも分からないけれど、冒頭は完全にAmbient/Droneだし、なんだったらPost-Rockの匂いだって感じるくらいで、ちょっと恍惚としそうなくらいの崇高さが漂っていて、もはやVaporWaveからは逸脱している。のだけれど、途中からチープなビートとシンセが割り込んできて、一気に流れをVaporWaveにするんです。漂白された空間に猥雑を垂れ流す。すごい面白い展開。

以前紹介した“OCEAN DRIVE (7″)”を聴いたときにも思いましたが、このbodylineは良い意味で、自身のスタイルを限定していないように思います。VaporWaveを軸に、巧みに他を織り交ぜる、この絶妙なバランス感、あるいはハイブリッド感が、たまらなく魅力的。すごくPop志向な人なんじゃないかって気がするなあ。ピュアなAmbient/Drone、Electronica作品も聴いてみたい。あと今作の少し前にmediafireを通じてリリースされた“AFTERNOON RESIDUE”もなかなか好きです(現在は‘cloud’を除いた形で、“Sunset Shell”としてbandcampから配信されています)。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。