ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Various Artists – ANGELTOWN [OCT031]

 angeltown

 – Tracklist –
 01. Foxes in Fiction – Breathing In
 02. R.L. Kelly – Feels Real
 03. Euphoria Again – Cold Bones (Demo)
 04. HAPPY TRENDY – Gross One (Frankie Cosmos cover)
 05. Elvis Depressedly – Thou Shall Not Murder (Single Mix)
 06. MEISHI SMILE – Us
 07. The Sweater I Gave You – Sink (Alternate Version)



 - 06. Meishi Smile – Us


+ + +


 ≫ [ Release Page ] Download Free!
 ≫ [ PurchaseSold Out!

 Release Date : 2013.09.28
 Label : Orchid Tapes

 Keywords : Electronica, Indie, Lo-Fi, Pop, Singer-Songwriter.


+ + + + + +


カナダはトロント発、ブルックリン基盤のレーベル、Orchid Tapesより。7組のアーティストのレア&未リリーストラックを集めたコンピレーションがリリースされています。もともとは2013年9月にカリフォルニアで行われた、レーベルのショウケースで販売されたカセットテープのようです(手書きのサンキューメッセージとレーベルステッカー付き)。ショウケース後もネット販売していましたが、現在は完売。販売終了しています。そしてつい先日、mediafireでダウンロード可能、つまりフリーで入手可能な状態になりました。

個人的な目玉はなんといってもMeishi Smileの未リリーストラックである“Us”。でもその前に、頭から聴いていく。1曲目はレーベルのオーナーでもあるFoxes in Fiction(Warren Hildebrand)のトラック。どちらかというと、電子感の強い、Ambientなトラックになっていて、作品の世界に手招きするような、深遠な雰囲気が漂よっている。エフェクトの効いたテクスチャーと薄いヴェールのような声部は、どことなくShoegazeっぽくもある。AmbientとPopを行き来する彼の作風の内、Ambientの方が強く出た形だ。R.L. Kellyのトラックはシンプルな構成のウタモノ。力の抜けた歌唱とミニマルなギター、メロディが心地よく、自然に耳に入ってくる。

Euphoria Againは、まさにDemoな質感のLo-Fiな歌を聴かせてくれる。ザラついたギターと歌声のみで作られるLo-Fiな空間は、奇妙な寂寥感と哀愁を滲ませる。HAPPY TRENDYはシンプルなドラムとシンセをバックに、 Frankie Cosmosをカバー。オリジナルに漂う若干の清涼感すら抜き去って、気だるさ満開のダルな空気を振りまいて、わずか2分弱をのんびりと駆け抜ける。

続くElvis Depressedlyは、クリアなギターと対峙する、ふわりとした空間とディレイする歌声の妙でもって、ノスタルジックでPOPなサイケデリックフレイバーを散布。たちどころにリスナーの中にはドリーミィな空間が形成されかかる。と、そこに待ってましたとばかりに流れてくるのが、Meishi Smileの‘Us’! Singer-Songwriter的な向きが強い、今作の中で、異彩を放つElectronicでドリーミィなPost-Popを響かせる。なぜこの人の作るトラックはこんなにも私の心のスイッチを押すのだろう。懐かしさと喪失感が同時に襲ってきて、私はホントに泣きそうになる。ある晴れた冬の日に、街を独りで歩いていたら、あの娘を見かけた気がして。あわてて振り向いたら、でもそこには知った顔はなくて、誰かと誰かが楽しそうに笑ってるだけで。それは、“失った”、という事実の再確認。日本のi-flsとも共通するようなこの世界観が、私を魅了してやまない。

ラストはちょっとジャングリーなギターと口笛のようなシンセに包まれた、これまた脱力した歌声で締めくくられる。総じてみると、非常にLo-FiかつIndieな佇まいのコンピレーションで、おそらく好き嫌いが分かれることでしょう。しかし私にとっての‘Us’のように、ひとつでもピンとくるトラックがあったならば、この機会に迷わずダウンロードしておきましょう。で、どうやってピンとくるかを確かめるかって? ありがたいことに、bandcampでストリーミング再生できるんです! 早速いってみましょう! ※ちなみに‘Us’に関しては、Meishi SmileのSoundCloudで単体でダウンロードできます。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。