ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

aboutus – Склонность к изменению [MNMN247]

 aboutus - Склонность к изменению [MNMN247]

 – Tracklist –
 01. ч8рные дыры
 02. От окраины к центру
 03. Где-то рядом
 04. Boddicker vs. Murphy
 05. Воображение (feat. N.Ogoltsova)
 06. Склонность к изменению
 07. Всё означает, нет
 08. Пусть исполнится то, что задумано
 09. Спящему
 10. Точка возврата (feat. Ум-к)
 11. Games%Mind
 12. Bonus. Воображение (Instrumental)



 - 05. Воображение (feat. N.Ogoltsova)


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ ifolder ] / [ rutracker.org ] Download Free!
  (※ifolderからのダウンロードについてはこちらを参照してください。rutrackerについては、こちら

 Release Date : 2013.11.26
 Label : MNMN Records

 Keywords : Ambient, Breakcore, Electronic, IDM, Melodic, Piano.


 Related Links :
  ≫ aboutus on SoundCloud / on PROMODJ / on VK (VKontakte)

  ≫ Alexey Maslov on VK


+ + + + + +


ロシアンネットレーベル、MNMN Recordsより。以前にも作品を紹介した、ロシアの音楽プロジェクトaboutusの新しい作品が、フリーでリリースされています。前作に対して、“次作は望めないかもしれない”などと書いてしまった私でしたが、めでたくこうして作品を届けてくれたわけで、失礼いたしました。

しかしリリースページをよく読むと(もちろんGoogle翻訳の力を借りて)、いつくかのトラックは前作にも収録されていたものだと分かります(M-2, 4, 5, 7が該当)。ミックスをやり直しているとかいう感じでもないので、そのまま再度収録されているようです。

前作と比べるとPopな方向に傾いている印象です。ハードなサウンドは前作にもあったM-2やM-4くらいで、あとはAmbientだったり、抽象的だったり、MelodicなElectronica/IDMだったりと、表面的には落ち着いた作りになっています。M-1なんかは、Melodicなサウンドの中にDubstep調のエレクトロでBleepyなシンセを突っ込んできたり、BPMが上がったり下がったりと、変態的な匂いがしますが、ストレンジなトラックは、そのくらいでしょうか。Pianoの音が散見されるところも、Melodicな印象に一役を買っているのかもしれません。

今作の特徴としてはゲストが多く招かれている点。M-4ではN.Ogoltsova(Sweet PADというバンドのヴォーカリストのようです)、M-10ではУм-к、M-11では«Arsagor»(ロシアンBlack/Death Metalバンド、Grey Heaven Fallのヴォーカル)が、それぞれ招かれています。そして、それぞれがそれぞれに、トラックにカラーをつけてくれています。M-10はPianoを生かしたChillなバックトラックに、Rapを重ねた、まさかの直球Hip-Hop。M-11もやはりPianoを交えたMelodicなDowntempo/IDMに、地の底から響くようなデス声が乗せられていて、これはちょっと面白い、というかユニークですね。

残る1トラックが個人的ハイライトで、前作にも収録されていた“Воображение”にヴォーカルを乗せて、見事ウタモノに生まれ変わったM-5。N.Ogoltsovaの、芯がありながらもエアリーなヴォーカルが乗ることで、もともとあった焦燥感や疾走感、抒情性がさらに強まって、インディギターバンドのような蒼いフィーリングが増幅されている。たまらんです。挿入されるやたらとBleepyな電子音も楽曲に絶妙な緩急をつけている。

突出したトラックはないかもしれませんが、Pop志向は間違いありませんし、ハードとソフトを自由に行き来する柔軟なスタイルに見え隠れするクレバーな頭脳は、やはり注目に値するんじゃないかと思います。良作。あとボンヤリしたジャケット画像のせいで、損しているような気がします。もったいない。


+ + +


(CC) by - nc - nd 3.0 deed.ru



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。