ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Tomggg – Popteen [MARU-127]

 Tomggg - Popteen [MARU-127]

 – Tracklist –
 01. Popteen
 02. SO-EN
 03. ViVi



 - 01. Popteen


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2013.12.15
 Label : Maltine Records

 Keywords : Electronic, Lounge, Pop, Progressive, Shibuya-Kei.


 Related Links :
  ≫ tatsuyafujishiro.com
  ≫ Tomggg on SoundCloud / on Twitter


+ + + + + +


日本のMaltine Recordsより。日本は千葉のトラックメイカーTomggg(とむぐぐぐ)の作品がフリーでリリースされています。これまでにも、やはり日本のネットレーベル、Yae Recordsから、Tomgggの他にfujishiro tatsuya名義でもリリースを行っています。

Yae Recordsからの”A String Around Summer“を聴いて、その抑制された(暗さも秘めた)サウンドが耳にあった私は、今作を聴いて、一瞬よく似た名前の別人じゃないかと疑ったんですが、どうもそうではなかったようです。そのくらい、衝撃的にPOPなサウンドが聴こえてきたんですね。Twitterでも、レーベルカラーに合わせて派手めの音にしたようなことを仰っていましたが、狙ってやるとここまでカラーを変えることができるとは、職人的な才能を感じます。

聴きながらずっと、ここにある空気はなんて言葉が合うんだろうなあって疑問に思いながら、何回も聴いてたんですが、YES/NO MUSICのレビューを読んで、みつけました。Shibuya-Kei(渋谷系)でした。ぜんぜん通過してきていないので、頭に上ってこなかったようです。でも渋谷系って言葉だけで通じちゃうほど、型にはハマっていません。

聴いて一発でユニークに感じるのは、ムニャムニャしたヴォーカルです。変調されたような機械的なヴォイスがウニャムニャと言葉を紡ぐのですが、そこには意味は見いだせません。しかし意味はなくとも、そこにある声音と発声のニュアンスだけで可愛らしさを打ち出してしまうセンス。面白いです。歌詞で伝えたいことがないのなら、むしろ歌詞から意味など消してしまおうという意思が存在する、のかは分かりませんが、B―DASHの“ちょ”なんかを思い出しました(不適当な引き合いでしたらスイマセン)。

チャイルディッシュなElectonicaのような出だしから、徐々に加速していき、エレクトロなエディットをかまし、そのままHouseになだれ込んでいくような、多段的な構成が抜群に気持ちよい、タイトルトラック‘Popteen’。加速感と、その加速感の中にちりばめられたPOPな音色、フレーズたちの混然一体具合がものすごく気持ちよいです。

雨の日のような、物憂げなイントロから一転、やはりチャイルディッシュなヴォイスと、Trance様のシンセがきらめき、さらにはJuke/Footworkを経由したような高速の細切れビートが走りはじめる、‘SO-EN’。中盤にあるメルヘンかつアグレッシヴな音のうねりは、加速感の中に上昇下降する気持ちよさがあって、ジェットコースター的っていうと安っぽくなっちゃうかもだけど、ホントそんな感じです。

作中でもっとも渋谷系な力を強く感じたのがM-3‘ViVi’。印象的なのは早口言葉みたいにエディットされたヴォイス。そしてこれもYES/NO MUSICの受け売りになってしまうけれど、確かにNintendo感がありますね。メルヘンチックな世界と、安心感の同居というか(忘れちゃいけない子供らしさも)。いわゆる渋谷系サウンドのアップデートというのは色んな方がやってると思うんですが(中田ヤスタカなんかもそうでしょうか)、このトラックも、その流れ―Nu-Shibuya-Kei―を感じさせます。

確かに聴いてみれば、‘Autumnal glitch’(“A String Around Summer”収録)にある、細断されて点状になったヴォーカルやシンセを利用したクールなエディット感は、今作にも通じる部分があります。今作を聴くだけだとTomgggのサウンドに対するイメージは、“カワイイ”になるかもしれませんが、色んな作品を聴いてみると、きっと“スゴイ”とか“カッコいい”になること請け合いです。すばらしいPOPS! ここにあるワクワク感は、音は違えど、fu_mouの名曲‘Green Night Parade (feat.星子)’と似たものを感じます。

ちなみにアートワークを手掛けたKazami Suzukiさんは、Meishi Smile“LUST”のアップデート版(2014年1月リリース)のジャケットも手掛けています! 素敵な関連性ですね。

+ + +


Artist : Tomggg
ArtWork : Kazami Suzuki



(CC)  by - nc 2.1 jp



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。