ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

A-zu-ra – the bed of diverse flowers [9BR-031]

 A-zu-ra - the bed of diverse flowers [9BR-031]

 – Tracklist –
 01. Wreath
 02. Jumping Jack
 03. 薔薇祭
 04. Bloom and Spring
 05. Spores of the Sky
 06. Tides of Green
 07. The Bed of Diverse Flowers



 - 02. Jumping Jack


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2014.03.30
 Label : 9-bit Records

 Keywords : Chiptune, Electronic, Pop, Spring break.


 Related Links :
  ≫ Studio A-zu-ra: Flavors.me
  ≫ A-zu-ra on Last.fm / on SoundCloud / on bandcamp
     on Tumblr [1/2] / on Twitter [EN/JPN


+ + + + + +


Aru “A-zu-ra” Azumayaは、アメリカのプロデューサ/トラックメイカー。彼の活動(あるいは肩書)は多岐にわたっています。上記のサイトから自己紹介文を引用してみると、“音楽家・非常勤プログラマ(とりあえずGMLのみ)・リズムゲーム譜面の作成者・日本語学習者・ビデオゲームスコアラー・非常勤ビジュアルノベルの和英翻訳者です。”とあります。日本語も堪能な様子で、引用した自己紹介文は、英語と日本語で書かれていますし、Twitterも英語用のアカウントと、日本語用のアカウントが使い分けられています。そもそも、活動名義のひとつである、“東屋アル”自体、日本語ですね。

そんな彼の作品が9-bit Recordsからリリースされています。彼のbandcampを眺めてみると、The OHC Collectionというものがズラリと並んでいます。これが何かという話ですが、私知らなかったんですが、OHCは“One-Hour Compo”の略。1時間で作曲する、コンテストのようなものなんだろうなと、だいたい察しはつきますが、でも細かいことがよく分からないんで調べていたら、日本語解説ガイドを見つけまして、読んでみたら、この解説、作ったのが他でもない、A-zu-raだったというオチ。アハハ。とにかく彼はこのコンテストの常連で、そのトラックたちをコンパイルしてbandcamp上でリリースしているようです。

このOHCへの参加とは別に、ここのところ彼が個人的に試みているのが、“Sevensongs of Springbreak”というシリーズになるようです。これはSpring break―春休みの期間中に、1日1曲というペースでトラックを作り、それをコンパイルしたもの。2012年、2013年、そして今回の2014年と、毎春リリースされてきています。小さくて分かりづらいかもしれませんが、今回のジャケット画像にも副題として“春休みの七曲プロジェクト 第3回”という言葉が付されています。

純粋なChiptuneかどうかというのは私には判断できないんですが、少なくともChipstyleのトラックたちがここには収められています。大した構えもなしに聴いていたんですが、そのあまりの素敵さに、ヘッドフォンを被りながら、ニヤニヤしてしまいました。とにかくメロディが飛び抜けていて、なおかつ、その底にある、J-Pop、あるいはクラシックなVGMの遺伝子たちが、私の琴線を刺激してやみません。

M-1の助走からの跳躍にあるカタルシス、M-2の心躍るポップネス、M-3のオリエンタルな趣、M-4のノスタルジックに伸びるメロディが運ぶ追憶、M-5のドラマチックな哀愁、M-6のメモラブルな緑の風景、M-7の深遠な包容力。どのトラックも非常に魅力的。特にM-3のオリエンタルでダンサブルなVGM感には、勝手に“がんばれゴエモン”シリーズを感じていたんですが、A-zu-ra自身は猫叉Masterこと佐藤直之氏(コナミ所属の作曲家さんですが、ゴエモンシリーズとは無関係のようですね)の影響をほのめかしています。実際にトラック名を上げて言及していますが、なるほど確かに影響、類似性を感じ取ることができます。猫叉Masterファンの方は、その方向から耳を傾けてみるのも、面白いかもしれません。

ということで、はじめから終わりまで、とても清々しくて、ちょっぴりノスタルジックで、でも最後にはハッピーな気持ちにしてくれる作品。すばらしい。彼のTumblrでは、今作の各トラックについての解説が、3回に分けて掲載されています(ラスト2曲は割愛)。興味のある方は下記リンク先で、ご一読ください。

 ≫ Development log – the bed of diverse flowers (part1) / (part2) / (part 3)



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。