ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

ULZZANG PISTOL – 『HARAJUKU SUNDAY』 原宿ドンタク EP

ULZZANG PISTOL - 『HARAJUKU SUNDAY』 原宿ドンタク EP

– Tracklist –
01. 『HARAJUKU SUNDAY 』 原宿ドンタク
02. INTERLUDE (GYMNOPDIE.01)
03. LOVE!DISCO
04. M ε r m Δ i d C Δ f ε (ft. Z U N O)
05. Gee (SAILOR MERCURY REMIX)


– 01. 『HARAJUKU SUNDAY 』 原宿ドンタク

+ + +

Release Page * = pay what you wish.) :
≫ [ SoundCloud ] / [ bandcamp* ] Download Free!

Release Date : 2013
Label : Not On Label

Keywords : Electronic, Fantasy, House, J-Pop, SynthWave, Vocal.

Related Links :
≫ ULZZANG PISTOL on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp

≫ ~SpiritOcean~オーシャンスピリット on Facebook / on SoundCloud

+ + + + + +

おそらくはフィリピンのミュージシャン、ULZZANG PISTOLことZeon Gomez。彼の1st EP“『HARAJUKU SUNDAY』 原宿ドンタク EP”がSoundCloud上でフリーでリリースされています(※現時点でM-1‘『HARAJUKU SUNDAY』 原宿ドンタク’はDL不可。ストリーミング再生のみ)。

作品を聴く前に彼の活動とリリースを整理してみましょう(自分のためにも)。まずHana Acbdとインディー・ポップ・デュオSpirit Oceanを、そしてここで取り上げたこともあるNo RomeことRome Gomezと、Rome and the Catsというバンドも組んでいます。

リリース関連は、日本と縁があるところだと、耳ざとい音楽ファンにはおなじみのFOGPAKシリーズ、これの#8に参加してます。また、mus.hibaがリミックスしたChoongumの‘Waves Of Data’に歌を乗せたり、日本のテクノポップ・デュオMargaret Spoonの作品にゲスト参加したり。他に細かいところを上げていくと、KOSMO KATも参加のD A T A F R U I T S . F Mのコンピレーション“FUNKY FREAKY FREESTYLEY”への曲提供、最近だと彼自身も編纂に関わった“Trying To Find Love In A Parallel Universe”(DL)への参加(@y0kotetsuさんも参加している!)があります。気になったところでは、Meishi Smile“LUST”へのリミックス提供も記憶に新しいla pumpkinと組んだ‘【夜の律動】feat. Yikii’がよいですね。

さて、彼の名義はカタカナ表記で“ウルザング・ピストル”とありますが、何ですコレ?って思いますよね。ウルザング=얼짱のようで、あえてカタカナで書くなら“オルチャン”になるようです。意味は“かわいい”。“かわいいピストル”。お、おう、ということで、彼も“Kawaii”に魅了されたトラックメイカーのひとりのようです。先に書いたSpirit Oceanは、いい感じに脱力したインディー・エレクトロ・ポップなんですが、このソロ・ワークはまたアタックの強い、アグレッシヴなサウンドが魅力的ですね。テクスチャーはともかく、サウンドの色はKOSMO KATっぽく感じる部分もあるし、もっと近いところだと‘LOVE!DISCO’におけるグリッターなシンセの乱舞と歌い上げるヴォーカルは、No Romeと共振するものを感じます。

作中でもっとも輝きを放っているのは、やはりタイトルトラックのM-1。エフェクトをかけたソフトなヴォーカルとダンサブルなリズム、まぶしい電子音と突き抜けるシンセは海岸沿いを吹く風のよう。また、隙間に頻出するサンプリングされた日本語“アイシテル”は絶妙なフックになっているし、日本語と英語の入り乱れた、しかし違和感なく自然に響く歌詞は、原宿で遭遇した少女に恋してしまった、夢のような心地を綴っている。この“意外にウタモノ”っていう部分が、なんとなくtofubeatsっぽく感じたりもします。

M-2ではタイトル通りGymnopédiesをベースにしたMelodicなシンセ・サウンドを聴かせてくれます(全編に挿入されている日本語のセリフは必要なのかどうか分かりませんが。ちょっと浮いちゃってる気がします。でもインタールードだからいいのかなぁ)。M-4もグリッターなシンセとHouseなリズムに日本語サンプルをまぶしながら、享楽的に駆け抜けるラッシュなトラック。ラストは少女時代の名曲‘Gee’をバリバリにエディットしてHouse/SynthWaveな仕上がりに。

他のプロジェクトも聴いてて思うのは、彼のサウンドはPOPということです。ここで触れたほぼすべてにおいてそれが損なわれていないという部分に、括目せざるを得ません。展開の仕方がSoundCloudに偏っているのが誠にもったいない。bandcampも使うべきでしょう、ここは! Spazzkidやbo en、KOSMO KAT、Meishi Smileといったような(※勝手に私が一括りにしている)新世代のポップメイカーとして、もっともっと人気を獲得できると思います。

下にいくつか気になったトラックや動画などを。いやしかしPOPだな。気になった方はドンドン掘り下げてみちゃってください。

追記:2014年9月にめでたくbandcamp開設。現在は全トラックをname your priceで公開中。なのでこれからの人はbandcampへ飛べ!


– HATSUKOI (Ft. Yikii闇童話) : これは上記のコンピレーション“Trying to find…”収録。


– la pumpkin & ulzzang pistol – 【夜の律動】 feat. Yikii

+ + +


ULZZANG!PISTOL- 『かわいい』PINK MV(Kawaii Pink)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。