ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Line craft – neko

 Line craft - neko

 – Tracklist –
 01. open
 02. la nuit douce (reprise)
 03. cat’s cradle (feat.yokotsuka yuuya)
 04. cause and effect (feat.remoch)
 05. dramatic count (feat.kouichi watanabe)
 06. Your brain waves (feat.asa)
 07. close



 - 02. la nuit douce (reprise)


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2014.03.31
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Electronica, Melodic, Piano.


 Related Links :
  ≫ linecraft-music.com
  ≫ Line craft on SoundCloud / on Twitter


+ + + + + +


Line craftは日本の音楽ユニット。manaさんとyamaさんによる2人組。2011年から主にネットを通じての音楽活動を行っています。そんな彼らのアルバム“neko”が、完全フリーという形でリリースされています(補足ですが2014年春のM3では、今作に5曲を加えてCDの形で販売がされたそうです)。私が彼らを知ったのは今作にも参加しているasaさん経由(同窓会レーベルからリリースがありますね。以前ココでも紹介しました)。

心の在り方は音楽の聴き方にも多分に影響を及ぼします。今作をはじめて聴いたときの私は、気が急いていたのでしょう。一度聴いたあと、心の片隅に入り込んだものの、日々の音楽生活の中で、今作が表面に浮かび上がってくることはありませんでした。そしていろんな面で一息ついた今の私が、改めて今作を耳にしたのはなぜだろう。心の片隅で何かが響いていたのでしょうか。エコーのようなものが。木霊のようなものが。

改めて耳を傾けたときに、なぜだか私は涙ぐんでしまった。驚きではないのだけれど、それがなぜなのかが、私はすごく気になってしまった。何回も今作を聴いてみた。思うに私は、そこに肯定というか、許容を感じたのでしょう。大人になって、働くことに人生のほとんどを費やし、これでいいのかと悩む暇もなく、日々動き続ける社会の波に押し流される。自分なりに頑張ったって、それが何に結びつくこともなく(構えられたミットにボールを投げ続ける制球力は、どうやら私にはない)。そんな風に思考の帯がグルグルと絡まり始めたところに、今作がしみ込んでいった結果、その絡まりが緩やかに解きほぐされたのだと思います。救いというと大げさすぎるので、やはり許容や肯定という言葉が相応しいのでしょう。


気が付けば作品の内容に触れていない。さて。冒頭の‘open’が妙に緊張感というか、性急な調子(駆け足の音や、遠くからの車のクラクション)があるなあと思ったんですが、これはきっと、日常の喧騒とそこからの脱出を音像化しているのだと思います。これがあるからこそ、以降のゆるやかなサウンドスケープがより一層映えるのだと。

悲しいくせにやさしいPianoの旋律がとても印象的です。Acousticな響きとElecronicな質感がバランスよく溶け合った、澄んだ音像はとても心地よくて。聴いていると、私の頭の中にはなぜか写真のように、色んな景色が浮かんでくるのです。川沿いの遊歩道とか、大きな歩道橋とか、その上から眺める車の流れや人の動きだとか、朝の駅の改札出口と、その向こうに見える都会のビルたちとか、ライヴハウスへ向かう途中にある名前も知らない雑貨屋さんとか、駅前の小さな神社にある桜の木とか、いつかどこかで見たような、でも知らないような、日常の景色が、淡く光りながら、スローに流れていく。そういう意味では風景的でもあるのかもしれません。

何も起こらない毎日、さえない時間の繰り返し、そんな、誰もが通り過ぎている日常を、ささやかに彩り、そこに意味を与えてくれるような、やさしさが流れています。目に映る何気ないシーンが、次々と、不思議な光を放っていきます。文学、それとも邦画のような、ジンワリとした余韻。心に余裕を。日常に輝きを。やっぱり魔法は存在するのだと思います―音楽の、魔法。

ちなみに彼らはCALMLAMPから“Your brain waves”をやはりフリーでリリースしています。今作に収録されている‘Your brain waves’は、そこにasaさんによる歌を乗せたもの。夕暮れの防波堤。独り。物思い。そんな景色。とてもよいです。とても。


+ + +


参加アーティスト

cover design – ekko(circumstance)
http://www.circumstance.info/

Tr3 – (programming,beatmaking,synthesizer) – yokotsuka yuuya(邂逅,circumstance)
www.yokotsukayuuya.com

Tr4 – (programming,beatmaking,synthesizer) – remoch
https://soundcloud.com/remoch

Tr5 – (drums) – koichi watanabe

Tr6 – (vocal,melody) – asa
http://a-s-a.petit.cc/apple1/



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。