ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

memory cards – Slot 2

 memory cards - Slot 2

 – Tracklist –
 01. Uppers
 02. Ultima Weapon
 03. Uppers (Gold Wvlf Bootleg)
 04. Hospice (memory cards Dream Edit)



 - 02. Ultima Weapon


+ + +


 Release Page * = pay what you wish.) :
  ≫ [ main* ] / [ mediafire ] Download Free!

 Release Date : 2014.07.07
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Cloud Rap, Melodic, Nostalgia, TrillWave.


 Related Links :
  ≫ memory cards on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Tumblr / on Twitter


+ + + + + +


アメリカはカリフォルニア州ロサンゼルスの“ノスタルジャー p s 1”、memory cardsの作品です。以前にも“Dreamcast Aways Collection”を紹介しました。以降、単体で公開していたトラックたちをまとめた“Slot”シリーズをリリースしていますが、今作がその2作目。‘Uppers’‘Ultima Weapon’ほか、リミックスを2曲収録。

ChillWaveの浮遊感とHip-Hopのビートを重ねたTrillWave, Cloud Rap。私の中でその明確な定義、線引きはなされていないのですが、このmemory cardsのサウンドは、図らずも私の中でそのプロトタイプになりつつあります。これこそが、という感じ(私の中で、での話ですよ、ええ)。

いつもより浮遊感・包容力マシマシな感じで迫る前半2曲がたまりませんね。メロディやフレーズはどこかに元ネタがあるのかもしれませんが、その悲しげでノスタルジックなフィーリングも相変わらず。さすがは“ノスタルジャー”といったところ。要はこの充満するノスタルジアが、私の琴線を刺激しまくるわけですね。Rap部分がなくても通用するんじゃね?いや通用するんだと思いますが、このRap部分がエモ担当というか、グルーヴを支配していることに気づきました。これがあることによって、リスナーはより強い力で別天地へと導かれるわけです。

特にM-2‘Ultima Weapon’がフェイバリット。骨太のビートの上を流れる、幾重ものレイヤー。膨張する空間の中で、哀愁を放つPianoの響き。頭の中を流れ去る、曖昧な思い出たち。シャリシャリした音のヘッドフォンだと映えませんが、密閉型のもので大きな音で聴いてみましょう。得も言われぬ包容力と浮遊感に襲われることでしょう。そしてその中にはノスタルジアがあふれてもいるのです。もはや虜。なんという中毒性。気になった方は是非、前作“Slot 1”も合わせてどうぞ(もちろん“Dreamcast Aways Collection”もネ。未聴の方はマストです)。

ちなみにジャケット・イメージについて触れておくと、これはニンテンドー3DS用ロールプレイングゲーム“ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル”からの引用。描いているのは“オウガバトルシリーズ”などでキャラクターデザインを担当した吉田明彦氏です。広大なファンタジーの世界が孕む望郷感は、今作のノスタルジアにそのまま結びついていく。よいチョイスだと思います。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。