ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

GRID.POINTS – Remember EP

 GRID.POINTS - Remember EP

 – Tracklist –
 01. Grey
 02. You
 03. Remember
 04. Sun Ritual



 - 03. Remember


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2014.06.21
 Label : SOMICO

 Keywords : Beats, Chill, Dream, Synthesizer, Wavy.


 Related Links :
  ≫ GRID.POINTS on Facebook / on SoundCloud


+ + + + + +


“Electronic music collective for artists eighteen and younger.”という説明文に従えば、かなり若めのアーティストに限ったリリースを行っているアメリカのミュージック・コレクティヴ、SOMICOより。若干17歳のトラックメイカー、GRID.POINTSの作品がリリースされています。

モコッとしたくすんだビートに、レトロスペクティヴにゆらめくドリーミィなシンセ。ChillWave~Cloud Rapの流れも汲んでいるのかもしれないけれど、少なくともリリースする側からはそのキーワードは持ち出されていません。音の重ねっぷりやその圧で攻めるというよりは、逆に手数の少なさが印象的です。M-1などはシンプルな音作りで、けれど何ともいえないドリーミィなサウンドスケープを描いていて、なかなか他にはない聴き心地。

特徴的なのは、絶妙にアトモスフィリックな空間の中で鳴らされるメロディの音色、そのレトロタッチの響きにあります。アッパーでもダウナーでもない、ボンヤリとした思考のモヤ(まどろみという言葉がよく似合う)を表現するような、その音づかいとメロディは、耳を傾けるに十分に値するかと。

レトロスペクティヴとはいっても、SynthWaveなどの形式的にわかりやすい80sサウンドを志向したものではなくて、カセットテープのような粒子の粗さや、わずかな音のよれ・ねじれ、懐古的なシンセの音色といった部分でレトロ感を感じるので、もしかしたらVaporWaveも咀嚼した上での、この響きなのかなあとも思いましたが、SoundCloudなどを覗く限り(といっても公開されているトラックはほとんどない)、その様子はありませんでした。サウンドの異形化よりは、ビートとメロディと、それを囲む空間の組み合わせに関心があるような気がします。いずれにせよメロディに気を使ってるトラックがほとんどなので、Pop志向なサウンドが好きな私にはうれしいですね。

M1~3までは、まさにRememberなタッチのトラックが並んでいるんですが、ラストの‘Sun Ritual’だけ、ちょっと流れからハズれているような気がします。ChillWavyなアタックの強さが前面に出ていて、それまでの夢見心地な空気が一気に分断されていくのが、狙いなのかどうか、ちょっと唐突。次作も気になるところですが、是非M1~3のテイストでいってほしいです。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。