ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Lil Samba – SHERBET DREAMS

 Lil Samba - SHERBET  DREAMS

 – Tracklist –
 01. sherbet❤dreams
 02. holographic meatloaf
 03. star wars VII
 04. cloudy☁castles



 - 04. cloudy☁castles


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2014.6.17
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Cloud Rap, Hip-Hop, Melodic, TrillWave, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ BOOMTICK on Facebook / on SoundCloud / on Tumblr
  ≫ Lil Samba on Twitter
  
  ≫ Kelpboyz on bandcamp / on Tumblr / on Wikia


+ + + + + +


Kelpboyz(昆布ボーイ?)というCroud Rap集団のリーダーであるLil Sambaのビートテープがフリーでリリースされています。Kelpboyzのメンバーは他にも何名か表記されていますが(詳しくは上記Wikiaなど参照)、今のところリリースがあるのは、このLil SambaとLil Melancholyだけみたいです。

Lil Samba(Tristan Mullins)は他にもBoomtickという名義をもっていて、そちらでもやはりCloud Rap/TrillWaveなサウンドを披露していますが、どのように区分けを行っているんでしょうね。個人的にはこのLil Sambaの方が浮遊感強めなのかなあと思ったりしましたが、単に彼のリリースを待つリスナーのために、Boomtick用のリリースから外れた曲をコンパイルして公開してくれたような、そんな節もあります。

SoundCloudやbandcampで音楽を聴いてると、いわゆるジャンルみたいのがよく分からなくなります。別に必要ないって言われればそうなんだけど、でも自分が好きな傾向の音楽を探すときに、頼りになるのはやっぱりジャンルなり、キーワードなりなんですよね。SoundCloudは似た傾向の音楽を紹介してくれたりするけど、それじゃ物足りないってときもありますよね。もっと直接的に探したいって思うとき。そういうときにジャンルやキーワードって必要だなあって思うし、自分が好きなサウンドが巷でなんて呼ばれているのかって、すごく重要になってくる。SoundCloudのタグなんてワケわかんないもん(笑)。

で、今作にあるようなサウンドが私は好きなわけですが、これをCloud RapやTrillWaveって呼んでいいんだなって分かったのは割と最近のことで(え)、ハッキリそう思わせてくれたのはたびたびここにも書いてきたmemory cardsなんです。そしてこのLil Sambaの作品は、memory cardsと相通じる部分があって、非常に私好み。Boomtick名義でリリースしている“DEM COOKIES”(2013)は、電子感のないjazzyなインストHip-Hopが収められていて、以降とはだいぶ傾向が異なっていますが、この変化の間には何があったのでしょう。いずれにしろMelodicなところは共通してるので、やはりPOP志向なんでしょう。

M-1にある、幽玄な女性ヴォーカルとAmbientな包容力の融合は、なんだったらCocteau Twinsすら想起する幻想感。ときおり聴こえるディレイ/リバーヴを効かせたギターの爪弾きや、深いエコーがかったリズムもそのイメージを助長します。M-2‘holographic meatloaf’(すげータイトル)も、サンプルにエフェクトをかけてのチャイルディッシュなヴォーカルが、耳に心地よい。フワフワと伸び縮みするミスティックな空間をフイにぶった切ってヴォーカルを浮かびあがらせる演出も、ミニマルな展開にメリハリを与えています。

スターウォーズをタイトルにしつつ、なぜかドラゴンボールのセリフ“かめはめ波”を引用したエモーショナルなM-3も面白いです。これを聴いて初めて、“かめはめ波”という言葉に、溜めて爆発的なカタルシスがあることに気づきました(笑)。編集されて、かなり引き伸ばされていると思うんですが、一文字発音されるごとに高まる緊張感。この緊張感が曲の起伏すら左右していて、いや面白い。ラストのM-4もまた幻想感たっぷりの女性ヴォーカルフィーチャートラックで、これもよい。はっきり歌メロが流れているし、完全にウタモノとして機能してるんだけど、ちょっと愁いつつも、どこかさわやかなこの空気、まるで秋風のような心地よさじゃあないですか。たまらんですね。

というわけで、コンパクトなんだけど、小粒ぞろいで非常にグッドです。何回もリピートしたくなります。この作品を聴いて気に入った方、うれしいことに、このあと彼は“GHOSTS & BEER”という、今作の片割れをリリースしてくれています。フリーなので是非ゲットしてください。あと上記BoomtickのSoundCloudでも、素敵なトラックがいくつも聴けるので、 是非ぜひ。せっかくなので以下にいくつか―



 - ☂parasol☂

 - // f e r n s //


―この辺は“Bad For Education”というミックステープに収録されるみたいです。


+ + +


source is 融和. thanks.



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。