ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Ulzzang Pistol – Girlfriend [ZL​-​22]

 Ulzzang Pistol - Girlfriend [ZL​-​22]

 – Tracklist –
 01. Intro
 02. Girlfriend
 03. Secret Love (feat. Yikii)
 04. Ulzzang Pistol & No Rome – Danceforever (feat. Sarah Bonito)
 05. Ulzzang Pistol & Okapi – Bubblegum (feat. Hatsune Miku)
 06. Kawaii Pink 2 (feat. Sarah Bonito)
 07. Virtual Girl (feat. Achi from Margaret Spoon)
 08. Barrel of my Eye (feat. KOSMO KAT)
 09. Starcrossed (Prod. Similar Objects)



 - 06. Kawaii Pink 2 (feat. Sarah Bonito)


+ + +


 Release Page Download Free! / you can buy it!
 (Bandcamp Download includes special bonus cover track.)

 ≫ View official Zoom Lens album page here : zoom-lens.org/zl_22.html


 Release Date : 2014.10.07
 Label : ZOOM LENS

 Keywords : DreamWave, Electronic, J-Pop, Rap, Synth-Pop, Vocal.


 Related Links :
  ≫ ULZZANG PISTOL on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp
     on Tumblr / on Twitter

  ≫ ~SpiritOcean~オーシャンスピリット on Facebook / on SoundCloud


+ + + + + +


アメリカのネットレーベル/ミュージック・コレクティヴ、ZOOM LENSより。以前にも紹介したフィリピンはマニラのトラックメイカー、Ulzzang Pistolの作品がドロップされました。フリーでも手に入れられますが、購入も可能です(その場合はスペシャルボーナストラックがついてくる! でもリリースページをよく読むと、中身はすでに書かれちゃってる・・・笑)

前回“『HARAJUKU SUNDAY』 原宿ドンタク EP”を紹介した際に、Spazzkidやbo en、KOSMO KAT、Meishi Smileと関連付けましたが、やはり当然というべきか、その界隈に食い込んできたようで、この作品はMeishi Smileの牽引するZOOM LENSからリリースされました。しかもほとんどのトラックでコラボレーションが行われているんですが、メンツがまたハズれていない。‘HATSUKOI’でコラボしたYikiiや、Kero Kero BonitoからのSarah Bonito(!)、同郷のSimilar Objects(彼にこういうPOPなイメージはなかったので意外でした)、日本からはKOSMO KAT(!)や、以前作品に参加したMargaret Spoonからachiさんを招いていたり、同じフィールドにいながらもバラエティ豊かなメンバーがならんでいます。

夜景を眺めるような、何かがはじまりそうな、とてもドリーミィでロマンチックなイントロ。続くタイトルトラック‘Girlfriend’は、まばゆく光るバックトラックにのせて、ひとりのガールに焦がれる気持ちが、全編日本語で歌われます(今作にはpdfファイルでzineがついているんですが、そこには各トラックにまつわるストーリーと、歌詞が掲載されています)。日本語は決してよどみなく歌われているわけではありませんが、逆にそれが感情の強さを感じさせます。あえて日本語を選んで、それによって感情表現を行おうとしている―つまりある種の障壁、困難をのりこえて表現を行おうとしているわけで、そこにかけるエネルギーというのは相当なものではないかと予測できます。そのことが非常にエモーションを感じさせまして、胸を打ちます。ガールに手が届かないそのアンタッチャブルな悲しみを描いたような、思わせぶりなMVも印象的。

作品全体でみても“原宿ドンタク EP”よりグレードアップしていることは間違いないんですが、個人的にうなったのが、Sarah Bonitoを招いた二つのトラック。彼女はM-4では歌詞を共作、M-5では歌詞を提供、そして両トラックでヴォーカルをとっています。Sarahは日本人ハーフなので日本語を巧みに使うことに驚きはないわけですが、非常に印象深くて、改めて才能を感じます。特に‘Kawaii Pink 2’の“かわいいピンクに囲まれて このままここにいればいい ピンク色のピーターパンっているのかな”、“毎日毎日大人になって みんなここを去っていく でも私は演技をしてるだけ”とか、大人になることと、子供でいることの狭間でゆれる心情を、キュートなHip-Hop/Rapで表現していて、メチャメチャよいです。POPなコーティングに耳を持って行かれがちだけど、よくよく聴くと葛藤が封じ込められて、深い。Rapから歌メロにつながってくる曲構成も含めて、すごくJ-Popというか、POPです。

作中でもっともBPMの速い‘Bubblegum’は、初音ミクをフィーチャーしている点も含めて、どこかニコ動っぽさを感じます。派手なディストーションギターを交えた疾走感あふれる曲構成もしかり。J-Popというと語弊があるかもしれませんが、こういうストレートな曲も披露してくるあたりに、Ulzzang Pistolのレンジの広さが伺えます。

achiさんが歌詞とメロディを提供した‘Virtual Girl’は、ちょっと冷たい感じでロボティックな雰囲気。エレクトロ・ポップ。ヴァーチャル・ガール(仮想少女)の視点で、‘君’に触れられない悲しみが唄われます。このタイトルとテーマからして、エイミー・トムスンのSF小説“ヴァーチャル・ガール”を思い出します。精巧に作られたロボットの少女マギーの成長譚ですが、ひとつ今でも覚えているシーンがあって、彼女が人間と身体を重ねたときに“これが人間同士で近づける最も近い距離なんだろうか。だとしたら・・・”って思うところ。彼女は確かそこに悲しみというか物足りなさを感じていたと思うんですが、非常に似通ったものをこのトラックからは感じます。


ちょっと話が逸れますが。たとえば自分にとってのMaltine Recordsのすごさって、POPであることなんです。クラブ・ミュージックを経由したPOPという形で、私のようなクラブ・ミュージックに興味関心のない者にも耳を傾けさせる、傾けさせてしまう、そんなリリース群だけでなく、その佇まいも含めての、あらゆる意味でのPOPさ。そしてZOOM LENSも今では、ジャンルにこだわらず、Digital punk rock spiritをキーワードにして、POPであることにこだわりを見せてリリースを続けています。だから、ZOOM LENS ― Meishi Smile ― Maltineというつながりには非常に納得できるし、ZOOM LENSから今作がリリースされたことにも納得できるのです。何が言いたいかというと、この作品が、POPということです。Indie的な隙が包み隠さず現れているところが、またいかにもZOOM LNESっぽい。キラキラしてるんだけど悲しくて、とてもロマンチック。


+ + +


Ulzzang Pistol- Girlfriend [PV]




コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。