ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

DDRKirby(ISQ) – Rain Original Soundtrack

 DDRKirby(ISQ) – Rain Original Soundtrack

 – Tracklist –
 01. Memoir
 02. Teardrop
 03. Teardrop [With Hope]
 04. Memoir (Reprise)
 05. Teardrop (Unused Version)
 06. Sprinkle (Unused Track)
 07. Memoir [With Rain]
 08. Teardrop [With Rain]
 09. Teardrop [With Hope] [With Rain]
 10. Memoir (Reprise) [With Rain]



 - 06. Sprinkle (Unused Track)


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 ≫ Play it directly in your browser here : goo.gl/cr3lL4
 ≫ Learn more about Rain here : sites.google.com/site/ddrkirby/coding-projects/rain


 Release Date : 2014.09.27
 Label : Not On Label

 Keywords : Classical, Electronica, Melodic, Piano, Soundtrack, VGM.


 Related Links :
  ≫ DDRKirby(ISQ)’s Site o’ Stuff
  ≫ DDRKirby(ISQ) on Facebook / on bandcamp / on Twitter / on YouTube


+ + + + + +


DDRKirby(ISQ)ことTimmie Wongの新しい作品は、ふだんのChiptuneとは異なって、ピアノをメインにした物悲しいサウンドトラック。Rainというフラッシュゲーム(公式ではatmospheric interactive pieceという表現がなされている)に使用したBGMをコンパイルしたものになっています。Rain自体もDDRKirby(ISQ)とKat Jiaが協力して作り上げたもので、ゲーム本体の制作から音楽までと、このサウンドトラックを通じて彼の幅広い才能を感じることができます。

ゲーム自体は非常に短いもので、方向キーとスペースキーだけで、おそらく5~10分以内に完結してしまいます。始終雨が降り続く灰色の景色の中を、小さい女の子が歩いていくだけ、それだけのものです。傘を拾ったり黒猫と出会ったりというアクションはあるものの、ほとんど道なりに歩いているだけで、目的地(家かな?)にたどり着き、そしてまた物語は繰り返されます。

雨は降っているし、景色は灰色ばかりだし、決して明るい世界観ではないのですが、愛らしいんです。絵柄のデザイン、雰囲気もそうだし、アクションもそう。曇天の中で発揮されるそういった愛らしさが、光というか希望(のようなもの)に結びついていて、プレーヤーをネガティヴな気持ちにはさせません。女の子が何で一人なのかとか(黒猫はいるけどね!)、雨は降り止まないのかとか、想像の余地が残されている部分も、世界に広がりを与えていて、よいですね。

と、ゲーム(というほどのゲーム性はないのだけれど、他に適当な言葉を思いつかないので)の内容にばかり触れてしまいましたが、音楽がまたよいんです。ちなみに今作、リリースページでは10トラックの記述しかありませんが、実際は19トラックが収録されています。ゲーム本編が上記のように短いので、使われている曲数は多くありません。19トラックもあるのは、ヴァージョン違いが多数収録されているためです(雨音が流れているものだったり、音色が加えられているものだったり。あと使われなかったトラックも収められています)。

ゲームの世界観をサポートしつつ、曲単体としても十分に成立する、すばらしいBGMたちが並んでいます。メロディのよさというのは、これまでのDDRKirby(ISQ)の作品でもすでに実証済みですが、今作はまたピアノメインということで多少毛色が異なる中、見事に安定したクオリティを保っています。少しサビしくて、でもどこかに温かみがあって、大げさに主張はしてこないけれど、そばにいてくれてる安心感は確かにあって・・・みたいな距離感がすばらしい。

19トラックある上に、基本的に同じフレーズを持った曲が並んでいるので、途中で食傷気味になるかもと懸念されましたが、1トラックが短いので、なにやら丁度良い按配に感じられます。やはり押しつけが強くないところも関係しているのでしょう。ピアノの音色に耳をゆだねているうちに、ふいに終わりが訪れます。ちょっぴりサビしい気分のときに聴くと、そっと寄り添ってくれると思います。良作。

サウンドを聴いて興味を持った方は、Rain本体の方も是非。短いので、触れてみるだけでも。

追記 : With Hopeのヴァージョンは聖剣伝説2の‘願い’を思い出しますね。すごくスキな曲です。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。