ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

PLAYLIST : CHRONO TRIGGER recollections







art : First Time in Zeal by Steph-Laberis


+ + +


そういえばSoundCloudってプレイリスト作れたなあ、って思い至ったのが、つい最近ことでした。だったらブログも移転したことだし、これまでやってなかった形で、netaudioを紹介するのもよいですよね、ってことで、わりと時間をかけて作らせていただきました。“クロノ・トリガー”のサウンドトラックに対する、リミックスやアレンジをコンパイルしたプレイリストになります。A-sideB-sideに分かれていますが、前者はElectronic、後者はAcousticなサウンドに重きを置いたつもりです。

同じようなプレイリスト作ってらっしゃる方はたくさんいますし、それらとトラックが重複しているものもあるんですが、自分なりにこだわって作ることに意味があると思ってるので、気にしないことにします。なるべくゲームの流れに沿う形でトラックを並べるという点と、冗長なものにはしないという点に、特に注意を払ったつもりです。あとは原曲が同じものを過度に並べることも避けました。探したことある方はご存知でしょうが、“時の回廊(corridors of time)”のリミックスやアレンジってすごいたくさんあるんです。もうホントに、選んでるとそればっかりに並べそうになってしまって、選曲に悩みました。

まあ悩んだとかいっても、結局人様が作ったトラックで成り立っているプレイリストなわけで、シェアしてくださっている作り手の皆様には本当に感謝いたします。そして何より、メインコンポーザーとして原曲を作られた光田康典さんには最大級の感謝と敬意を(注:このプレイリストにあるトラックは違いますが、“クロノ・トリガー”の楽曲は、一部は植松伸夫さんが作曲・編曲、松枝賀子さん作曲です)。1995年の発表からおよそ20年を経た今でも、こうやって世界中で愛されるゲームミュージックというのは、そうそうないのではないかと思います。

“クロノ・トリガー”は私にとってもマスターピースのひとつでして、生涯でプレイしたビデオゲームでベストテンを選んだら、間違いなくランク入りする作品です。3枚組のオリジナル・サウンドトラックも、CDラックのすぐ手に取れるところに置いてあります(なぜかPCに取り込んではいません)。アレンジ集の“THE BLINK OF TIME”もよく聴きました。ゲーム本編も含め、おそらくは私の原体験のひとつでしょう。心の中でとても大きな存在感を放っていて、エバーグリーンという言葉を使うときには、いつもこの作品を思い出します。

プレイリストはストリームオンリーですが、ダウンロード可能なトラックも多くあるので、気になったものは、お手元に置いて楽しむのもよいかと思います。作り手の方がトラックを削除すれば、当然このプレイリストからもトラックは消えますので、ご注意ください。

では、ちょっと長いかもしれませんが、お楽しみいただけると幸いです。


※当ブログ的に関連する作品としては、MITSUDAや、Chrono Tiedが挙げられるでしょうか。あとはリリースされたばかりの、JD Hardingによる、その名もChrono Triggerもありますし、ちょっと前ならthe bit whisperer によるWhispers Of Timeなども。また、アレンジ・プロジェクトChrono Symphonicもあります。探せばまだまだ沢山ありますので、みなさんも是非、自分好みのリミックス/アレンジ作品を探してみてはどうでしょうか。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。