ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Ether – Road to the Sky [USC-WR-1411.0235]

 Ether - Road to the Sky [USC-WR-1411.0235]

 – Tracklist –
 01. Eternal Flight (Introduction)
 02. Distant Rainbow
 03. Night Sky (Sampling Version)
 04. Railway Line
 05. Magellanic Clouds
 06. Night Sky (Synth Version)
 07. Eternal Flight (Outroduction)



 - 04. Railway Line


+ + +


 Release Page * = pay what you wish.) :
  ≫ [ main ] / [ Internet Archive ] / [ Kroogi*Download Free!

 Release Date : 2014.11.25
 Label : USC (United Studios Corporation)

 Keywords : Ambient, Chill Out, Electronica, Melodic.


 Related Links :
  ≫ ether on VK (VKontakte) (※Only logged in users)


+ + + + + +


以前にもSilk Roadを紹介した、ロシアのプロデューサー、etherことAlexey Sirotkinの作品です。前作と同じくロシアのレーベル、USC (United Studios Corporation)よりリリースされています。Internet Archiveからはフリーでダウンロードできますが、bandcampやKroogiからは購入も可能です。今回の紹介にあたって、ehterのVKを知ることができましたが、ログインしているユーザーしかプロフィールを見ることはかなわないようで、あいかわらず素性はよく分からないままです。

作品ごとにしっかりテーマ設定がなされているのが、彼のこれまでの特徴ですが、今作も例にもれずです。Commでは宇宙、“Silk Road”ではそのままシルクロードを、というのがこれまでのテーマですが、今作は“空”というのが、テーマになっているようです。前作に対して、次は深海をテーマにしてほしいとか書きましたが、はたして願いはかなわなかったわけで、そこはちょっと残念ですが、でも今作もすばらしいので文句は言えません。

“Silk Road”では、オリエンタル、エスニックな音色やフレーズが散見され、また悠久のランドスケープをイメージさせる音像が印象的でしたが、今作にそういった部分はあまり感じられません。やはり作品ごとに作り分けがなされているようで、職人的な気質を感じます(だからたぶん、サウンドトラックとか手がけたら、上手に作るんだろうと思います)。しかしいわゆるピュアなAmbient/Droneのような、線形のレイヤーで浮遊感を演出するような、ありきたりな作りにはなっておらず、サンプルボイスやリズムも効かせたトラックを作ってくるあたりが、一味違います。

シネマティックな音空間に漂う深遠で神聖な空気は、空に対するわれわれ人間の思いの深さと畏敬の念をあらわしているようで、ときにとてもロマンチックに聴こえます―このあたりは、リリースページにある一文、“we are way too weak to break free from the ties of gravity of our planet. Nevertheless, despite of all, we are going on dreaming.”に通じるものを感じます。 派手派手しさもなく、キャラクター性もないサウンドだけれど、だからこそ空間や脳内のイメージに馴染む(ストレスをかけない)という側面もあって、ここに心のリズムをシンクロさせることができれば、気持ちよくチルアウトできることでしょう。

個人的に好きなのは、中盤から終盤にかけての流れです。ドリーミィなDowntempo‘Railway Line’、朝焼けのアブストラクトな空にピアノが光を射す‘Magellanic Clouds’、ひるがえって尖ったシンセとリズムが走る‘Night Sky (Synth Version)’、そして悲哀を込めたドラマチックなレイヤーに星々の瞬きのようなシンセがちらつく、哀愁の‘Eternal Flight (Outroduction)’。よいです。ジャケットイメージもグッド。タイミング的にInterstellarを彷彿(メモラブルな映画でした)。


+ + +


Composed by Ether.
Synthesizers, programmed, sampler, written and arranged by Alexey Sirotkin.
Photography «Mars 2099» by Julien Girard courtesy of ESO.
Logo design by Alexey Sirotkin.
Artwork by Anna Riet.
Dedicated to a very dear person.

(CC) by – sa 4.0



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。