ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

MXRA – LUVCRAFT

 MXRA - LUVCRAFT

 – Tracklist –
 01. Crush
 02. Amulet
 03. Sakura
 04. Rare Bae
 05. Wavey
 06. Tentacle Grape
 07. Obsession
 08. Spellbook
 09. Luvcraft



 - 04. Rare Bae


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2014.11.21
 Label : Not On Label

 Keywords : Beats, ChillWave, Electronic, Hip-Hop, Pop, Trap.


 Related Links :
  ≫ MXRA on SoundCloud / on bandcamp / on Tumblr / on Twitter


+ + + + + +


プロフィールは不詳ですが、おそらくはアメリカのビートメイカー/プロデューサー、MXRAの初作がbandcamp上でフリーでリリースされています。95 Soundというグループあるいはコミュニティと何らかの関連があるようですが、詳しくは分かりません。興味のある方は自力でお調べくださいませ。

SoundCloudを代表とした音楽SNSのアンダーグラウンド(ともいえないかもしれない)において、マグマのようにドロリとしながら、しかし熱く煮えたぎっているTrap/Post-Trapと呼べるサウンドですが、このMXRAもそこに属するのかもしれません。Trapのビートとナード・カルチャーの組み合わせという図式。Hi-Hi-Whoopeeさんのコラム“Post-trap Music of the Online Underground”にあるように、“数十から数千人規模のリスナーやトラックメイカーが互いにフォローしあい、それぞれにゆるいオンライン・コレクティヴを組み、多くの島宇宙が乱立している。”ので、そこに飛び込んで、それぞれのトラックメイカーやコレクティヴの関連性までを探ろうとすると、かなりの根気が必要になります。複数の名義を持っていたり、正体を伏せて変名を用いているトラックメイカーも多くいるでしょう。そしてそれぞれがそれぞれに何らかのコレクティヴに属している(場合が多い)。その状態はまさにカオスであり、傍から見たら何が何やらという様子。

Post-Trapのシーンについての、“無数のアーティストが存在しているにも関わらずメディアやレーベルからは無視され続けている。なぜならそこには決定的なカリスマやオリジネイターが存在しないからだ。”(同上)という言葉には、メディアに疎い私でも、曖昧ながら肯定できます。ビートはほとんどTrapそのものなので、そこに新鮮味はなく、ウワモノとの組み合わが決め手になるわけですが、アニメやマンガ、ビデオゲームに代表されるナード・カルチャー(それはほとんどジャパニーズ・カルチャー)を参照したウワモノが、そこに画期的な輝きをもたらすことは稀です。

厳密にいえば、このMXRAのサウンドはTrapではあれども、ナード的な雰囲気は濃くありません。多くはメロディ部分においてサンプリングされていると思しき素材たちも、いわゆるJ-Pop的なものではないし、トラックのタイトルやジャケットイメージについても、ナード/ジャパニーズ・カルチャーの匂いは嗅ぎ取れません。それでも、上記のいわゆるPost-Trapサウンドと比べた場合に、圧倒的にPopだと思うし、Trapを経由したこのPopサウンドもまた、Post-Trapと呼んで差し支えないと思うわけです。

つまるところ、圧倒的なPop志向を感じるんです。ビートこそTrapだけれども、メロディがものすごく優先されているし、意匠についても煌びやかな音色がふんだんに使われています(この辺りはタグにChillWaveを使っていることからも、自覚的なんだろうと思う)。TrapビートとChillWave/SynthWaveのまばゆいサウンドの融合は、Cloud RapやTrillWaveとも聴き心地は類似しますが、それ以降のサウンドだと思いますし、またときたま見せるChopped & Screwedは、VaporWaveの影響かもしれません。

新しい、といってしまうと語弊があるかもしれませんが、非常にフレッシュなサウンドで、エキサイティングですし、単純に聴いていて心地よいです。MXRAのSoundCloudを眺めても、95 Sound以外の特別なコミュニティに関係している様子もなく、あまり横のつながりが伺えない点も、この界隈では新鮮です。似た傾向を感じたのが、PURE AESTHETEからリリースされているlexis✩shiiのIt’s Only Goodbye​~​No, Longerですが、このMXRAにも、lexis✩shiiに使ったのと同じ“新星”という言葉を使わせてください。すばらしい作品です。“決定的なカリスマやオリジネイター”として、lexis✩shiiともども飛躍してほしいです。あと、ジャケットイメージのせいで何やら暗いイメージがあるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。