ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Paradice: Revisited by Friends & Lovers [ZLEP​-​16]

 Paradice: Revisited by Friends & Lovers [ZLEP​-​16]

 – Tracklist –
 01. You (poro poro Remix)
 02. Drowned Fish (White Bikini Remix)
 03. Because of my eyes (mus.hiba snow Remix)
 04. You (Uio Loi Remix)
 05. Quietly (la pumpkin Remix)
 06. Drowned Fish (Alper Remix)
 07. You (Kosmo Kat Remix)
 08. Because of my eyes (Jesse Ruins Remix)
 09. Quietly (yotsuba lifestyle Remix)



 - 05. Quietly (la pumpkin Remix)


+ + +


 Release Page Download Free!

 Download or Purchase “Paradice” Here:
 zoomlens.bandcamp.com/album/paradice-zl-21


 Release Date : 2014.12.16
 Label : ZOOM LENS

 Keywords : Ambient, Electronic, Post-Pop, Remix, Shoegaze, Vocal, Synthesizer.


 Related Links :
  ≫ LLLL on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


2014年中ごろにZOOM LENSよりドロップされたLLLLのアルバム“Paradice”。それまでのLLLLのサウンドにあった、硬質で冷たく、幻想的でありつつサイバーなイメージを保ちつつ、より煌びやかな、そしてPopな方面に舵を切った、新感覚のElectronic/Shoegazeになっていて、“優れた作品”というのもおこがましいほど、すばらしい作品でした。そんな“Paradice”が、2014年も終わりに差し掛かったころ、再びリスナーの前に姿を現したわけですが、今作はRemix集になっていて、リミキサー陣がまた豪華です。

ZOOM LENS界隈ではおなじみのmus.hibaやKOSMO KAT、Uio Loiやla pumpkinをはじめ、Omni E​.​P.も記憶に新しいWhite Bikini、poro poroやAlper、yotsuba lifestyleといったニューフェイス、そして世界で活動する日本のインディバンド(デュオ)Jesse Ruinsが参加しているという、新旧織り交ぜつつ、バラエティ豊かな顔ぶれが並びます(mus.hibaやKOSMO KATを“旧”にくくるのも憚られますが)。このリミキサーの選択に対する審美眼というのは誰の力が発揮されているのでしょうか。ZOOM LENSのオーナーのひとりであるMEISHI SMILEも少なからず関係しているのでしょうが、このレーベルのリリースは毎度毎度、自分たちのレーベルのカラーを外さず、それでいて新しさや楽しさを求めることを忘れず、新鮮なサウンドとその作り手を我々に教えてくれます。そのアンテナの敏感さ、探究心の強さには常に恐れ入り、また感心します。すばらしいレーベルだと思います。

オリジナルではラストに入っていた“You”から始まるというのも、面白い構造ですが、このM-1はトランシーなシンセとフラットなビートを効かせたアッパーなノリが印象的。オリジナルとはガラリと変わったシャイニーな景色が面白いんですが、オリジナルからもってきたウィスパー気味のヴォーカルが挿入されていて、このおかげでちょっと相対性理論ぽくも聴こえて、LLLLの中にそれを見出すとは、個人的には新たな発見でした。M-3の“Because of my eyes (mus.hiba snow Remix)”もよいです。冒頭で作られる、ドリーミィなAmbient空間。まさにmus.hibaの真骨頂。オリジナルのコズミックな空気をトラックの出だしで霧散させ、そこから冷たく幻想的な雪景色を描きにかかる、その構成もお見事です。

一回目のクライマックスが、アルバム半ばの‘Quietly (la pumpkin Remix)’。オリジナルの中でもフェイバリットだったこのトラックが、表情を変えつつも、しかし依然としてクライマックス足り得るのは、オリジナルの力強さと、リミキサーの手腕によるものでしょう。la pumpkinらしい、ピアノが静かにゆっくりと降り積もる(それはまるで雪のように)出だしから、オリジナルでもひときわの抒情性を醸していたストリングスを全面的にフィーチャーしながら、その中でヴォーカルを響かせる、Post-Cassicalとも呼べるElectronicaに仕上がっています。その冷たく悲しい景色は、ハッと息をのむほどに美しい。

KOSMO KATによる‘You (Kosmo Kat Remix)’もさすがの仕上がりで、得意のグリッターなHouse/SynthWaveサウンドがさく裂しています。オリジナルなコズミックな空気とも共振しつつ、陽性の方向にエネルギーを向けているのは、いかにもKOSMO KATらしく感じます。続く‘Because of my eyes (Jesse Ruins Remix)’は、感触的にはもっとも“電子音楽”っぽい。細断されたヴォーカルラインと、冷徹なビートにストレンジな電子音の共演は、Acidな響きも放っていて、リスナーを感情性のない、乾いた電子の海に放り込みます。作中でも異彩を放っていて、捉えようによっては、もっともリミックスらしいリミックスかもしれません。

ラストはyotsuba lifestyleによる、またしても‘Quietly’のリミックスで、前曲との対比もあり、私を安心の海へといざないます。オリジナルのメロディを大事に使いながら、バックをよりPopに、親しみやすい意匠に近づけたトラックで、作品の締めにはとても似合います。ちょっと楽しくて、ちょっと悲しくて、そしてどこか清々しいっていうトラックで、こんなトラックを聴いてしまったら、yotsuba lifestyleに対する注目度も上がるというものです。

2014年5月に催された、ZOOM LENSの日本初のショーケース、その名も“PARADICE”で、初めてLLLLの姿とプレイを目にしましたが(といってもネットを通じてですが ≫ watch here)、そのときは、とにかくミステリアスなオーラと、あらゆるサウンドを飲み込んだハイブリッドな音像で、グロテスクともいえる圧倒的なイメージを残しました。しかしここ―今作で積極的に抽出されているメロディたちは、いかにLLLLのサウンドがPopなのかを、我々に改めて教えてくれています。そうPopだからこそ、“Paradice”はZOOM LENSからリリースされたのだろうし、また今作もPopなリミックスになっているのだと思います。機会があればもっとパンチの利いたリミックスも聴いてみたい気がしますが、このあふれ出るポップネスは歓迎せざるを得ません。まだの方はオリジナルもあわせて是非。


+ + +


PHOTOGRAPHY:

Tetsushi Tsuruki »
www.flickr.com/photos/zuru1024/
zuru1024.tumblr.com



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。