ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Yokai – Lost Waters

 Yokai - Lost Waters

 – Tracklist –
 01. Kiosk
 02. Clarity
 03. Wavrunner
 04. Casual Tie
 05. Travel
 06. Digital Wallet
 07. Teach Me
 08. Rain Simulator
 09. Ocean Floor Diagram
 10. Do You
 11. Curtains



 - 07. Teach Me



 - 08. Rain Simulator


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2014.11.21
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Beats, Chill, IDM, Synthesizer, TrillWave.


 Related Links :
  ≫ Yokai on bandcamp / on Tumblr


+ + + + + +


アメリカはテキサス州オースティン出身と思われるトラックメイカー/プロデューサ、Yokaiの作品です。Yokaiって“妖怪”でしょうか。だとしたら“妖怪ウォッチ”から?きているのかな。くわしく分かりませんが。現時点での最新作は“( W E B B R A N D )”ですが、メロディに抑制された感じがあって、メロディ好きな私としてはコチラを推したい。ということで、この“Lost Waters”について書いています。

リズム面にあるくぐもった調子と、それによって醸される独特のAmbienceは、Beats系のそれでしょうか。Hip-Hopのビートと、電子感の強いシンセを組み合わせたスタイルで、Cloud Rap/TrillWaveといってもよいんでしょう。しかし、特徴的なのは、シンセにある丸み。リズム面と共に、メロディ/フレーズを鳴らしているシンセにも角がなく、アナログタッチのそのある種温かい響きは、とてもドリーミィな空気を作り出していて、この感覚はElectronica/IDMに近しいものがあります。なので聴き方を変えると、Boards of Canadaのような、Hip-Hop~Downtempo~IDMといった捉え方もできますが、その辺りどう聴くかはリスナーの音楽遍歴によるでしょう。

私としては、全編に漂う、メランコリーを孕んだChillなムードに惹かれました。“Lost Waters”の一曲目、‘Powerbook~’もけっこうな調子でしたが、全編でそれが持続はしていませんでした。 対して今作は、控えめながら確かにメロディが流れていて、それは決して派手派手しいものではないのだけれど、だからこそ、ゆるやかに、ゆっくりと、耳から流れ込んでくるのです。そのメロディと、そして粒子の粗い音像によって醸される郷愁、ノスタルジアは、悲しみとはまた違う何かを、私の中に広げていくのです。

M-3やM-10などは、音響処理がかなり強くされているので、ヘッドフォンで聴いていると相当に膨張した音像になり、Psychedelicな調子も感じられます。ところどころChopped & Screwに思えるエディットも聴こえてきますし、このエコーイックな作りはVaporWaveからの影響でもあるのかもしれません。M-4‘Casual Tie’やM-8‘Rain Simulator’では、シンセをメインに据えて作中でもひときわ強い電子感、浮遊感を出してきており、このあたりは明確にTrillWaveのスタイルを利用しています(でもこれは今だからそう思うだけであって、一昔前だったら私の耳はこれらをIDMと捉えただろうと思います)。M-6にみられるストレンジなビートとゆがんだ電子音の交錯による音楽的盛り上がり・興奮は、IDMっぽいし、M-7にあるDrone調のシンセとスロウなビート、エディット感のある人声を混合して描かれる冷たい景色は、どこかOneohtrix Point Neverの影を感じたりもします。

そういった、さまざまな要素、エッセンスを嗅ぎ取れる今作ですが、それでも一本筋が通っているように感じるのは、シンセを基調とした、メランコリックでありつつもChillなフィーリング、そしてどこか冷たい―というか喪失感が全編を彩っているからでしょう。この喪失の感覚が、タイトルの“Lost Waters”につながるのかもしれません。即効性や派手派手しさはまったくありませんが、今様のシンセサイザー・ミュージックとして捉えると、よい意味で非常に中庸的で、バランスのとれた作品なのかもしれません。PCで作業中に聴いていたら、フトした拍子に、見事に今作の波に入り込んでしまい、どこかへ連れ去られそうになりました。だからやっぱりChillな作品であることは間違いないです。興味を持った方は、ぜひ他の作品も上記bandcampからどうぞ。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。