ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

ricrdo – 春の眠り(SPRING SLEEPS)

 ricrdo - 春の眠り(SPRING SLEEPS)

 – Tracklist –
 01. FUTARI
 02. F I E L D with magic
 03. save tha bees
 04. ◕◠◕ BACK HERE TOMORROW ◕‿◕
 05. lonely ghost
 06. All
 07. Who we want to be (TEPLOHOLOD X RICRDO)
 08. MOMENTS X RICRDO
 09. Lonely (outro)



 - 02. F I E L D with magic



 - 06. All


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2014.11.04
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Beats, Electronica, Hip-Hop, Sad, Post-Trap.


 Related Links :
  ≫ ricrdo on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


おそらくはリトアニアのトラックメイカー/プロデューサ、ricrdoの作品です。これまでにも複数作をbandcampで公開しており、マインドCTRLからもリリースがあったりしますが、現時点での最新作“春の眠り(SPRING SLEEPS)”が、もっとも耳馴染のよい作品かと思います。前から気にはしていたんですが、SoundCloudで流れてきた‘spring never be the same again’で改めて気持ちを持っていかれたのです。そしてbandcampに舞い戻ったところ、今作に出くわしたと。

下に示した‘spring never be the same again’を聴いても分かるように、何がどうという分けではないのです。電子音の揺らぎと明滅が作るメロディ、ノスタルジックな音像。わずか1分半ほどのそれはあまりにも短くて、記憶をくすぐって逃げていく。そう、何かをガッシリと握ることはしないのです。ricrdoのサウンドは。“タンポポの綿毛”という表現を、私今も昔も、自分のブログなどで何回か使ってきましたが、久しぶりにここにも使います。タンポポの綿毛ってフワフワしてますよね。つかんだと思っても、手のひらをスルリと外れて逃げていく。スッスッスッと。フワフワフワと。丁度ricrdoのサウンドも同じように、捕まえることはできないのです。フワリと浮かんでいて、ついつい捕まえたくなるのだけれど、それを許さない。手の中で形を変えて逃げていく。でもかすかに(そう、かすかに)感覚はあって、それが何かと言えば、ノスタルジアなのです。明確な形ではない、曖昧なノスタルジア。

音楽的には、Hip-Hop~Post-Trapのビートを使った、Ambient/Electronicaという感じなのだけれど、にじみ出るSadなフィーリングと、相俟っているノスタルジアが、いくらかサウンドに影を落とし、それが彼のサウンドのキャラクターになっているように思います。どのトラックもだいたい2分台で終わってしまうので、なかなかそのSadでノスタルジックなフィーリングには浸りきれないのだけれど、だからこそ、何回もリピートして聴いてしまう。そう、形のない、アタックの強くないサウンドだから、繰り返し聴いても、それはまるで環境の一部のように私を取り巻くだけで、決して“飽き”を感じさせることはないのです。その在り方はまさにAmbient music(環境音楽)です。けれど、環境的でありながら、どうしても隠しきれない抒情性があって、そのために今作は浮世を離れるための手段として機能もするわけで、その在り方はすごくユニークに感じます。Cloud Rap/TrillWaveともリンクするのでしょうが、私の中ではまた少し違う位置づけです。

Post-Trapのシーンでは珍しくない日本のアニメからのセリフの引用なども用いられていますが(‘lonely ghost’)、逆にそれが異質に思えるくらい、全体的なナード感は薄いです。Wondering AlbatrossというAmbient/Droneプロジェクトも持っているようですが、そういった志向があればこその、このAmbientに寄ったricrdoのサウンドであることは、ほぼ間違いないでしょう。

電車に揺られながら聴いていると、まぶたが落ちることがほとんどですが、落ちないまでも、私を包む空気を、鮮やかに塗り替えてくれます(こんな感じか? ≫ “Shinji Listens To Vaporwave”)。パンチもないし、即効性もない。それでも、(私にとっての)どこでもないどこか、の新しい形を提供してくれる、良作です。



 - spring never be the same again


+ + +


Max Kemmett photography

MOMENTS soundcloud.com/maxkem
TEPLOHOLOD soundcloud.com/teploholod



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。