ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Viewmaster – Old Days Diary [GHGR 011814]

 Viewmaster - Old Days Diary [GHGR 011814]

 – Tracklist –
 01. Sixties
 02. Everyday i lose my hair
 03. Always on my mind
 04. Let me go
 05. It’s about time


+ + +


 Release Page Download Free!
 :: originally released on Paperheartmusic.net ::

 Release Date : 2014.12.18
 Label : GodHatesGodRecords

 Keywords : Alternative, Indie, Pop.


 Related Links :
  ≫ ViewMaster
  ≫ Viewmaster on Facebook


+ + + + + +


四季でいったら、昔は秋が一番好きでした。ノスタルジャー。でもいつからか、春が一番好きになっていました。冬の終わりを予感させる、生暖かい風が吹いたときの、なんとも言えない清々しさがとても好きです。大げさにいえば、それは別れの空気であり、言い方を変えれば、出会いの始まりのような。自分の中では、なんとなく卒業式と重なるのです。

いつか電車に乗りながら見たシーンを、ブログに書いたことがありました。私は入口の脇に立っていて、ちょうど駅に電車が止まって、扉があいたとき、それはほんの短い時間だったけど、ホームに3つの人の姿が見えたんです。垢抜けない少年と、中年のおじさんと、若いスーツの女性だった。季節はちょうどこれから春になろうかという頃で、ああそうかって、私は思ったんです。あの少年はこれから大学生になって一人暮らしを始めるんだろう、それで今日はその部屋探しにやってきたんだろう。横にいる中年のおじさんは順当に考えれば少年の父親で、息子の部屋探しに付き添ってきたのだろう、そしてスーツの女性はきっと不動産屋の人間で、これから部屋を案内するんだろう。まさに今、これから何かが始まる、その感じね。そのシーンを見てるこっちが、これからのドラマに思いを馳せて、なんだかワクワクドキドキ(そしてちょっとセンチメンタル)してしまった。そんな春先―温かい空気の日、だった。

それは私の学生時代のはじまりともリンクして、思いは止め処もなく広がっていくんだけど、え、いつになったら今作の話になるのかって? いや、そう、学生時代がね、一番音楽の視野が広がった時期だったんです。回りにそういう話をできる友人もまあまあいましたし(だが人付き合いのスタイルは極めてネガティヴでした。極めて)、一人暮らしがはじまれば、自分の時間が爆発的に増えるじゃないですか、実家にいた頃より。だから阿呆のようにCDを(CDをね!)買って、一日中聴いたりしていた。で、あっちこっち彷徨うわけですよ、音楽の中を。あれも聴いてみたい、これも聴いてみたいって。

そんな頃を、思い出したんです。この作品を聴いていて。Power popって言っちゃうと語弊があるのかな。Weezer(は今でも聴くけど)、SNUGとか(自分で書いててなんだけど懐かしいなオイ)、American Hi-Fi(はちょっと違うか・・・)、日本のSOFT TOUCHとか(ずいぶんピンポイントですが・・・。ちなみに佐野史紀さんらはBEDTOWNとして活動中!)、あとヨシノモモコさん関連もPower popにつながらなくもないと思うんだけど、その辺りも好きでした(ヨシノさんはMomo-Seiで活動中!)、まあその他にも細かく挙げたらポロポロ出てくると思うんですが、そういったサウンドを積極的に聴いていた頃の、なんていうんですか、ワクワク、というか、ドキドキ、というか、そういう感じを、春のイメージと共に、思い出したんですよ。

ベルギーのGodHatesGodRecordsには、こんなPopな作品出すイメージ持ってなくて、ちょっと驚いていたんですが、もともとは2011年にPaperheartmusicからリリースされていた作品です。そしてバンドViewmaster自体も2009年から2012年の3年間という短い活動期間だったようで、すでに解散しています。今作が文字通り最初で最後の作品。しかしメンバーは個々に音楽活動を続けているようで、上記のFacebookで主要な情報は追うことができます。

Shoegazeにも通じる厚いギターと、ムーグのようにも聴こえる電子音が軽快に絡むドライヴィンなPop‘Sixties’がやっぱり白眉でしょうか。一発で耳を持っていかれます。そのあとの曲も安定のクオリティで、ニクらしいくらいに甘くPopに駆け抜けていきます。確かに突出した何かっていうのは見つけにくいかもしれませんが、たとえ低空飛行でも飛び続けることができたなら、それは素敵なことだと思うんですが、なぜ解散してしまったのでしょうか。惜しい。他の作品も聴いてみたかったです。ということで気になる方は、メンバーそれぞれの現在のプロジェクトをたどってみるのもよいかもしれません。どうやらフランス語?なので詳しい経緯、プロフィールは分からないのですが、元Viewmasterのメンバーたちに関連ありそうなプロジェクトはこちら―

 ≫ Eric in the Kitchen
 ≫ Mono[Pol]
 ≫ Monsieur Toto
 ≫ Mycatisgreen

ということで、春を予感させる風に吹かれながら、“Old Days”を思い出しながら、こんなPopを聴くのも、また一興です。何かいろいろと思い出しました。やっぱり春は好きです。あの風―


+ + +


ViewMaster – Sixties (old days diary EP)



+ + +


Remasterized By GodHatesGodRecords




コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。