ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

GRΔP☰ T☰QUILΔ – BATTLE_FRONTIER

 GRΔP☰ T☰QUILΔ - BATTLE_FRONTIER

 – Tracklist –
 01. サンシャイン | ☼
 02. ブルー CHANNEL THEME PART I
 03. 悲しい CHANNEL THEME PART II
 04. Untitled
 05. 水を飲む | ♒︎
 06. 甘い (HAPPY)
 07. 私と一緒に砂の中 | ♡
 08. 涙 ☁︎ 大丈夫です
 09. dream_ランド.jpg
 10. ワカリマセン
 11. the sea of ゾーラ
 12. デクのデク END



 - 02. ブルー CHANNEL THEME PART I



 - 09. dream_ランド.jpg


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.
 :: CASSETTE TAPES HERE. ::

 Release Date : 2015.03.03
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Chill, Electronic, Melodic, Toy, Tropical, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ GRΔP☰ T☰QUILΔ on SoundCloud / on bandcamp

  ≫ sweet pea on bandcamp
  ≫ Mini Day Spa on bandcamp


+ + + + + +


アメリカはカリフォルニア州ロサンゼルス出身と思しきプロデューサ、GRΔP☰ T☰QUILΔ(GRAPE TEQUILA=ブドウのテキーラ)の作品です。bandcamp上で実質フリーで配信されていますが、Midnight Moon Tapesからカセットテープを購入することも可能です(現在この1作しかリリースはありませんが)。

SoundCloudから、sweet pea, Mini Day Spaといったアーティストのページをたどることができますが、実際これらは同一人物の別プロジェクトではないかと思います。何の確証もありませんし、そもそも何で名義を分けているのかもよく分かりませんが(作っている音はそんなに変わらないのです)、何となくそう思います。あとCRISIIってのも、もしかしたらって気もしますが、あまり目を広げてもアレなのでこの辺りで止めておきましょう。

このブドウのテキーラ名義では“PURPLE WΔVEZ​.​png”“RE: HISTORIC 恐竜”を以前にリリースしています。厳密にいえばSoundCloudで“DRINK WATER! EP”も配信してますが、これは丸ごと今作に収録されているので、あえて参照することもないでしょう(ただジャケットイメージは相当好き)。

はじめに聴いたのが今作にもある‘私と一緒に砂の中 | ♡’だったんですが、これは光ってると思って、律儀にリリース順に作品を聴いていったら、前2作はなんか違うんですよ、ぜんぜんオブスキュアで、Glitchyで、反復性の強い、わりとオーソドックスなVaporWave―とかあとはときどき電子音響に近い世界、つまりメロディの抑制された電子的なテクスチャーが目立つ。そこからは何の色味も、イメージも見えなくて、だいぶ印象が違う。‘私と一緒に砂の中 | ♡’だけだったか・・・なんて思いながら、今作を再生したら、ああ、やっぱり今作だけ違う! なんでこんなに違うんだろう。玉ねぎっていくら皮を剥いても玉ねぎですけど、これは玉ねぎ剥いたらイチゴが出てきた、みたいな驚き具合(たとえがおかしいな・・・)。

正直VaporWaveでもなくね?って思うんですが、なんか最近もう意匠だけで判断して何でもVaporWaveって呼びそうになっちゃうんですが、でもやっぱりVaporWaveを踏まえた上でのこのサウンドなのだと感じさせる部分も少なからずあるので、決して無関係ではないでしょう。VaporWaveじゃなかったらここにはどんな呼称が合うのかって考えたんですが、Tropical Toy Waveです。なんでもWaveつけりゃいいってもんじゃねーぞってのは確かに仰る通りですが、このジャケットイメージからも明確に打ち出されているTropical感は、サウンドからもほぼ全編で感じ取ることができますし、またチャイルディッシュな可愛らしい電子音もそこかしこで鳴ってますし、そしてシンセティックなレイヤーによるWavyな質感もふんだんにある、とくれば、もうTropical Toy Waveです。気の抜けたChillWaveという言い方も似合うかもしれません。ちょっとVGMっぽい聴き心地もあって、その辺りも私の琴線に触れるのでしょう。

サンプルベースなのかそうでないのかは判然としませんが、とにかくMelodicで、めちゃめちゃドリーミィです。‘Untitled’の膨張した遊園地感とか、下手したらmallsoftですが、でも何か違うんです。muzakではなくて、もっと本気で音楽の側に引き込もうとしている強い力を感じます。子供に還る。‘甘い (HAPPY)’のエバーグリーンな空気も危険です。耳を傾けざるを得ない、スレスレの吸引力。‘涙 ☁︎ 大丈夫です’や、‘デクのデク END’も、タイトルでかろうじて助けられているけれど、トラック自体は内省を促すような、メランコリックなものです。

何がしかのサンプルをエディットしているにしても、音楽の力を強く感じさせるものが多くて、前2作とは作風が大きく異なっているので、これはどちらかがかなり意図的に作られているんじゃないでしょうか。今作を聴いてから、前の作品を聴くと、意図的に壊れたテクスチャーを作っている気もしてきますが、果たしてどうなんでしょうか。気になる方はどうぞ聴き比べてみてください。いずれにせよ今作は、ちょっと荒っぽい部分もありますが、それも力強さにつながっていて、なんとも不思議な作品です。


+ + +



 - 同じ, ごと, クソ? (from “PURPLE WΔVEZ​.​png”)



 - Mini Day Spa – Lonesome Beach



 - sweet pea – stay : sweet peaはちょっとpsychedelicですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。