ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

人以上VANQUISH組み込ま利益 – 精神衛生

 人以上VANQUISH組み込ま利益 - 精神衛生

 – Tracklist –
 01. 不安
 02. うつ病
 03. 恐怖症
 04. 慌てる
 05. 妄想
 06. 神経症
 07. 失敗



 - 02. うつ病


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.01.28
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Eccojams, Meditative, Melodic, Nostalgia, Shoegaze, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ 人以上VANQUISH組み込ま利益 on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


まさにミステリー。たいがいにしろよって名前ですよね、“人以上VANQUISH組み込ま利益”。何を言わんとしているのか、まったくもって分かりません。VANQUISHが何なのかも、明言はされていません。しかしおそらくは、2010年にSEGAから発売されたTPS(Third Person shooter)ゲーム“VANQUISH(ヴァンキッシュ)”のことかと思われます。なぜそうなるのかというと、bandcampで彼がプロフィール画像に使用しているのが、おそらくは当該ゲームからの抜粋だからです。初作の冬季大会 WINTER GAMESも、ハッキリとSEGAのソニック・ザ・ヘッジホッグをイメージに使用していますし、SoundCloudで公開している‘冬の夜は WINTER NIGHTS’もNiGHTSの曲をサンプルにしていたりと、ビデオゲームに寄った傾向があることが分かります。

それはそうと、このジャケットイメージ、たまらないです。柳瀬茂(やなせ・しげる)の絵を彷彿させる、劇画タッチの、しかし3次元の人物。肌は白く、髪は黒く、唇は赤く、妙に作り物めいていて、人形のよう。決して平均的な今を反映していない妙な古めかしさといい、これまた映像化された江戸川乱歩作品“江戸川乱歩の美女シリーズ”なんかを彷彿させる。今にもベッド脇のカーテンの裏から、天知茂演じる明智小五郎が、眉間にしわを寄せながら登場しそうじゃないか(そんなことないか・・・)。まずこの意匠でグッと引き込まれます。ミステリーの予感。

でもこんな奇を衒ったようなネーミングのくせして(っていう言い方もナンですが)、この作品は実にコンセプチュアルなのです。タイトルは“精神衛生”ですが、各トラックのタイトルにも目を向けてみてください、見事に精神状態、その在り方を表すものになっています。VaporWaveの典型例として挙げられる、意味の通らない、ノーマルを外れた、ヘンテコな日本語というヤツにはなっていないのです。トラックの内容も、どちらかといえば、シリアスに受け止めることができます。サンプルを異形化して、VaporWaveらしさを出すことに主眼が置かれている様子は、どうやらありません。確かにVaporWaveっぽい演出を使ってはいますが、あくまで世界観が重視されているようで、さながら、この作り物めいた人物の心の動きを音像化していると、そう、考えることも出来るでしょうか。

不安な心に一滴ずつ水滴が落ち、それが波紋を広げていくような(だがなぜか眠りに誘うような安心感もある。一定の反復的なリズムのせいだろうか)‘うつ病’、実際に慌てている様子というよりは、慌てていたことを回想しているような(つまり過去からの攻撃)、ノスタルジックな‘慌てる’、M-6‘神経症’は確かに作中でもっとも脅迫的な音像で、飛び交う電子音と風のように吹き流れるバックの空間は、焦りと不安を醸します。ラストの‘失敗’―なぜここにきて“失敗”という言葉がチョイスされるのか、はなはだ遺憾ですが、瞑想的でノスタルジックで、どこか神々しさも含んだヘブンリーな空間からは、甘美な死線の向こうからのまなざしを思わせる、浮世を越えたノスタルジアが不気味に響きます。と、いろいろ考えると、聴き方によってはちょっと怖いですね。

音自体は非常にメディテイティヴ、瞑想的で、リラクシンなものなのですが、ここにある(もしかしたらないかもしれない)コンセプトを考えると、がぜん受け取り方が変わってきて、面白いです。ヘンに考えなければ、精神衛生には非常に良いように作用する、機能的な音楽なんじゃないでしょうか。睡眠導入にも使えると思います。タイトル、トラックタイトル、ジャケットイメージ、サウンド、すべてが一点に向かっているような、非常に意思(あるいは意図)を感じる作品です。好きです。そして面白い。

他の作品ではここまで静かではないので、やはりこの作品の作りは意図的なのでしょう。他作品でもコンセプチュアルかつPop志向な節がうかがえるので、MelodicなVaporWaveが好きな方は、是非聴いてみてください。下にいくつか―



 - アメリカの特権 (from “スペースコロニー SPACE COLONY”)



 - 絶望的に恋に HOPELESSLY IN LOVE



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。