ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

CHICKENANDROFLS & Laffe the Fox – I Like You Better as a Monkey [BL_44]

 CHICKENANDROFLS & Laffe the Fox - I Like You Better as a Monkey [BL_44]

 – Tracklist –
 01. Hang in There, Kid (CHICKENANDROFLS Cover)
 02. Space Port Bravo
 03. A Billion Dead Stars
 04. I Like You Better as a Monkey
 05. Reachable Dream (CHICKENANDROFLS Cover)
 06. Undecisions



 - 02. Space Port Bravo


+ + +


 Download Page Free! / you can buy it.

 Release Date : 2015.02.25
 Label : BleepLove

 Keywords : Chiptune, Electronic, Melodic, Punk.


 Related Links :
  ≫ Laffe the Fox on SoundCloud / on YouTube

  ≫ CHICKENANDROFLS! on Last.fm / on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp
     on Tumblr / on YouTube / on Noichan


+ + + + + +


ロシアのチップチューンレーベル、BleepLoveからのリリースです(ちなみにこのBleepLove、一時期ウェブサイトがなくなったので、あわや閉鎖かと危惧しましたが、リニューアルして再始動しております。主宰は自身もVRUMZSSSRとして活動するEova Luciole)。

今回のリリースは、ノルウェーのLaffe the Foxと、アメリカのCHICKENANDROFLSによるコラボレーション作品。どちらもChiptuneメイカーで、Laffe the Foxは以前にも同レーベルからもリリースを行っていますし、CHICKENANDROFLSもbandcampで多くの作品を公開しています。今作に関しては、どのように制作が分担されたのかクレジットはされていません(“CHICKENANDROFLS Cover”とあるのは、CHICKENANDROFLSのオリジナルですが)。しかしファイル名を見ると、CHICKENANDROFLS & Laffe the Fox、CHICKENANDROFLS feat. Laffe the Fox、Laffe the Fox feat. CHICKENANDROFLSと表記が使い分けられています(M-5はLaffe the Fox単体)。その辺りに、楽曲制作における比重が表されているのかもしれません(それが正しければ半々といったところでしょうか)。

どちらもメロディを主体にしたChipsoundを作っているので、それがここで大きく変えられているということはありません。非常にMelodicで耳馴染のよい、Chiptuneが初めから最後まで駆け抜けていきます。あくまで私見ですが、 CHICKENANDROFLSの方が、よりVGMらしい、ミニマルで8bitな響きのトラックを作っているように思います。対してLaffe the Foxは、Bit-Popというタグを常用していることからも分かるように、Chipsoundを使ったPopを作っていて、スタイルが幅広いように感じます。

双方のサウンドにあまりパンキッシュなイメージはないのですが、今作は不思議とその方向を感じさせるのはなぜでしょう。M-1‘Hang in There, Kid’などは、ギターこそ聴こえないものの、シンバルクラッシュや疾走感のあるリズムに、ヴォーカルも交え、明確にファストなPop Punkスタイルを披露しています。続くM-2‘Space Port Bravo’は、ここではディストーションギターが前面に出され、Chipsoundとガッツリ組んで、カラフルで豪快、そして軽快なChiptuneが鳴らされています。どちらのスタイルからも若干外れたような、けれど、非常にPopな作風になっていて、よい意味で期待を裏切る出来。M-3‘A Billion Dead Stars’もこれまた、ブラストビートと、ちょっと間の抜けた8-bit soundが組み合わさって、ちょっとファニーな、しかしアグレッシヴな、突進力のあるトラックになっています。

後半はストレートなChiptuneがメインになっている印象。煌びやかなレイヤーが幾重にも重なるタイトルトラック‘I Like You Better as a Monkey’は、草原の階段を駆け上がるような、さわやかさと疾走感があふれた気持ちの良いトラック。でも‘Reachable Dream’は若干パンキッシュなノリが戻ってきますし、よくよく聴けば最後の‘Undecisions’も、ノイジーなBit-Soundとファストなリズム利用して、破壊的なイメージを演出しているようにとれる、やはりパンクなスタイルです。

双方のこれまでのリリースと比べても、ちょっと傾向が違うように思えますが、しかしファンの人は必ずや楽しめるであろう作りになっていて、ニクいセンスが光ります。BleepLoveはどちらかというと、アブストラクトなサウンドが多いイメージがあったのですが、こういったPopな作品もどんどんリリースしてくれるとうれしいですね。


+ + +



 - Laffe the Fox feat. remedmatika – Initiate Sunset (from “Party”)



 - CHICKENANDROFLS – Americola (from “Americola”)



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。