ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

FruitsClippers – SIRENA

 FruitsClippers - SIRENA

 – Tracklist –
 01. BUBBLEWRAP
 02. STARGAZER
 03. PRINT ERROR
 04. SEASHELLS
 05. FLAVOUR FEVER



 - 04. SEASHELLS


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2015.03
 Label : Not On Label

 Keywords : Electronic, Pop, Techno-Pop, Tropical.


 Related Links :
  ≫ FruitsClippers on SoundCloud / on Tumblr / on YouTube


+ + + + + +


カナダのアーティスト、FruitsClippersの新作がリリースされています。一作目“FRUITS”も、やはりSoundCloudで公開されていますが、7曲収録のアナウンスがされているのに、5曲までしか公開されておらず、またリリース先として設定されているbandcampもいまだ開設されておりません。まあそこには何がしかの事情があるのでしょう、与えられた5曲を楽しむのが吉ですし、私はそうしています。

毎回ジャケットイメージが可愛らしくて、一作目“FRUITS”は、キウィフルーツとハサミ(Clipper)を組み合わせたシンプルなイラストで、今回は“SIRENA”(人魚)とハサミを組み合わせて、なんともシュールでクールなイラストになっています。DeviantArtにあるイラスト群とタッチが同じなので、おそらく自らデザインしているのではないかと思います。

このFruitsClippersという名義もそうですし、またDeviantArtで公開しているイラストのモチーフを見ても、中田ヤスタカの一連のプロジェクト、広くは日本のエレクトロなPopに、強く影響を受けていることが分かります。“FRUITS”ではEspeciaの作品からヴォーカルをサンプリングしていることからも(今作でもやってるのかな?)、日本のその界隈へのアンテナを持っていることは間違いありません。

中田ヤスタカ、ということですと、一作目の方が、その直系だったかなあという気がします。どこがどうって私には言えないんですけれど、使っている音色だったり、エレクトロなドライブ感だったり、キュートな雰囲気が、ヤスタカ節を感じさせる部分が多かったように思います。今作も別にPopでないということはないんですが、ちょっと違う方向に進んでみてるような、そんな印象もあります。人魚ってタイトルも関係あるのかないのか、やっぱりTropicalなイメージをさせるサウンドになっていて、その辺りも、影響していると思います。ヤスタカサウンドにTropicalなイメージってないですもんね・・・。そういう意味では冒険、チャレンジに踏み出していて、好印象です。

ビーチと太陽、はしゃぐガールが浮かんでくるM-1、ちょっぴり陰りのあるアダルトなM-2、ミニマルなVGM感漂うインタールードM-3、もっとも歌メロの立った、軽やかなM-4、ちょいとサンバチックなM-5で締めと、楽曲のカラーも分けられていて、よい感じです。もっとグリッターでパンチの聴いた音作りになると、完全に私の好みになるので、是非ともその方向に進んでほしいところですが、果たしてどうなりますか。期待してます! 

ちなみに彼は映像クリエイターとしての顔も持っていて、影響源はさまざまあるようですが、クオリティの高い作品をいくつもYouTubeで公開しています。興味のある方はそちらもチェックです。


+ + +


CONTROL (Music by CAPSULE)






DRINKER (Music by Kyary Pamyu Pamyu)




コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。