ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Telepath – Window Druzy

 Telepath - Window Druzy

 – Tracklist –
 01. AFK 1994
 02. Middlemist Red
 03. Glittering Wood
 04. Wave for a while
 05. Window Druzy
 06. Encarta
 07. 1, 2, 3, Purple
 08. Call go through
 09. Rarest Opal
 10. Yesterday’s Tapes
 11. Dawn
 12. a brilliant play of color
 13. Viewfinder



 - 03. Glittering Wood



 - 10. Yesterday’s Tapes


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.
 :: ‘Window Druzy’ Limited Compact Disc w/art book is SOLD OUT. ::

 Release Date : 2015.01.30
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Drone, Memories, Synthesizer, VHS.


 Related Links :
  ≫ Telepath on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp
  :: 現在はoldboyという名義になっています。 ::


+ + + + + +


Boards of Canadaの“Music Has the Right to Children”を彷彿させるジャケットイメージに惹かれました(関係ないけどアレって1998年なんだなあ・・・)。おぼろげな記憶を映像化したような、煤けた群像が喚起するノスタルジア。アメリカのプロデューサ、Telepathの作品は実際Boards of Canadaのサウンドとそう遠くはありません。タグにもそのワードを使っているし、影響下にあることは間違いありません。もともとはBlade Runnerという名義で活動をしていたようですが、現在はTelepath(追記:現在はoldboy)に統一されています(ちなみにBlade Runner時代には、Anticonの“Best New Music 2012”に選出もされている)。

今作の前には3年間の軌跡を収めた、48トラック入りの、その名も“Ambient Works”がリリースされていますが、そんなトゥー・マッチなのはちょっと・・・という方は今作やその次の“Good Virtual Gods”から聴くのがよいかもしれません。

サウンドとしてはVHS感(粒子の粗さという点で)のある、Ambient/Drone、Synthesizer musicです。この煤けた調子―縒(よ)れていたり、ささくれ立っていたりといった、ほんの少しのGlitchyな調子と、持続的音像が、得も言われぬ望郷の念を抱かせるのです。頭の中では、いつかの、どこかの、風景が、シーンが、エンドレスで再生されるのです。風に揺れる木々の葉の間からもれる日差しだったり、ゆるやかに流れる川面でキラキラと反射し続ける陽光だったりが、私の頭の中に浮かんでくるのです。人の手を介さずに、自然に作り出される、ミニマルな景色(それは循環ともいえるかもしれない)。けれど、それは、いつかの、どこかのシーンであって、眼前にはない。そう、かつては私が目にしたものかもしれませんが、失われたものなのです。どこをどう探したって、私の頭の中と完全に一致するシーンを手に入れることはできないでしょう。そこにある喪失感たるや。

今作には短い文章が付されていて、“Window Druzy is a story about constant decay in memory. Technology has allowed us to share perspectives and capture moments in time, but nothing lasts forever. Inevitably, everything turns back to dust.”とあります。何物も永遠には続かない。すべては塵(ちり)に。それをここにあるサウンドは、まざまざと感じさせる、イメージさせるのです。見事に。ノスタルジアはいつだって過去が対象で、つまりそれは、ノスタルジアの対象は、今現在にはない。だからどうしたって、そこにはいくらかの喪失感がつきまとう。そのことを、絶妙に煤けたミニマルなAmbient musicで提示してみせる、見事な手腕。

正直トラックごとの弁別というのは、今作に対しては、やや難しい。けれど今作丸ごとで何かを感じさせることが主眼であるなら、それでもよいのかもしれない、なんて思います。このTelepathのトラックには映像が付されているものが多くあって(おそらくは自身で作製している様子)、特に今作はまるまる全編に映像をつけて、YouTubeで公開をしています。これがまた、下手な演出など加えない、ドキュメンタリーのような、ミニマルな自然風景を切り取って、つなぎ合わせたもので、今作を補完せんとするかのような、すばらしい仕上がりになっているのです。一見の価値あり。それを見ながら、リスナーはまた実感するのです。何気ない自然風景でも、同じものが繰り返されることは決してないと。そこから失うことの悲しみを感じ、もしかしたら、得ることの喜びにも気づける、かもしれません。


+ + + + + +


Telepath – Window Druzy (Video Companion)



+ + +


Note :
Window Druzy is a story about constant decay in memory.
Technology has allowed us to share perspectives and capture moments in time, but nothing lasts forever. Inevitably, everything turns back to dust.



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。