ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

ςherishh – TRAGIC COINCIDENCE

 TRAGIC COINCIDENCE Cover

 – Tracklist –
 01. loose leaf
 02. cloud candy (w/ defkon)
 03. yuma
 04. bullet train
 05. you (w/ octbr)
 06. mystical
 07. no answer (outro)


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ mediafire ] Download Free!

 Release Date : 2015.04.20
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, ChillWave, Electronic, Future, IDM, Melodic, Post-Trap.


 Related Links :
  ≫ ςherishh on SoundCloud


+ + + + + +


先ごろの“PAPER CRANE VOL. 1”にも参加していたサンディエゴ日本のトラックメイカーςherishhの初作が、完全フリーで公開されています。もともとはhers.という名義で活動していたようで、SoundCloudにはその頃のトラックも公開されていますいました。

何の気なしに聴いていたら、やたらとMelodicな作品になっていて、ビックリしてしまいました。確かにイマっぽいサウンドではあります。Hip-HopやPost-Trapのビート、Wavyなシンセチックな電子音、耳に優しいメロディたち―それはFuture Bass/Bubblegum Bassと呼ばれるサウンドに属するといって、間違いはないでしょう。私自身が特にそのシーンを掘っているわけではないので(じゃあどこなら掘ってるんだ?っていわれると、甚だ疑問)、いちがいにこの作品がそのシーンの中でどうこうと言ってしまうのは危険ですが、とりあえず感じたことを書きましょう。

Popなフィーリングはあれども、良くも悪くも感情をうかがわせない、プラスチック・ドリームとでも呼べる、カッチリとしたカラフルな景色が、私のFuture Bass/Bubblegum Bassに対するイメージです。この作品の中でもM-2などは、非常にそのイメージに合致します。VGMを思わせるLow-Bitな響きや、螺旋階段を下りていくような、グルグルとした音の連なり。ただ、冒頭にあるピアノと環境音(水の流れ)は、情景喚起の効果をもっていて、一瞬ですが頭の中に透明な景色が広がります。トラックの展開中にそれは消えていきますが(なぜならダイヤルアップの接続音とかコッソリ挿入してあって、自然風景は追い払われるのです)、最後にまた戻ってきて、これがM-3の冒頭にある、たおやかなギターにそのままつながっていくという、ニクいトラック配置。このM-3も出だしはやたらとメロウで哀愁漂っていて、非常に抒情的。夕暮れ時に吹く、肌寒い風、のような(何ならシンセもちょっと控えめに感じられる)。

M-4もWavyなシンセを前面に据えながらも、決して突進力にたよらない、どことなく長閑という形容も似合う景色を描き出していて、異色な気がします。派手な装飾にごまかされがちだけど、使っているメロディはすごくエモーショナル。聴き手の感情をくすぐります。そしてここでも遠くに電車の音が聴こえてきますが、これがそのまま次のトラックの頭につながっていくのです。ピアノの流麗な流れと電車の走行音、どこかから引っ張ってきたナレーションが重なり合って、ぼんやりとした旅情(のようなもの)が描かれる。そして始まるFuture soundはElectronicな質感でにぎやかなのだけれど、それは道中の楽しさを表したように、再び電車の走行音に飲み込まれて消えていくのです。旅の終わりってちょっと悲しいですよね。そんな感じです。

追憶を呼ぶような電子音のディレイが印象的なラストトラックもそうだけれど、空間を感じさせる音作りです。確かにFuture Bass(あるいは“Neon”と呼ばれるサウンド)やBubblegum Bassの影響下にあるスタイル(どっちかといえば前者が強いか)ですが、環境音の挿入などにも表れているように、表現が風景的で、そこが彼のサウンドの特徴にも思います。だからガッチガチに音が詰め込まれているというイメージはなくて、かなりメロディに寄せてきているということもあるんでしょうが、ある種の隙(すき)のようなものが感じられるサウンドです。それがダメだということではなくて、その隙―余白がリスナーにイメージの余地を与えているという意味で、よいところだと思います。

興味を持った方は、これまでのトラックも多くがSoundCloudからフリーでダウンロードが可能になっていますので、ぜひ訪れてみてください。哀愁のChillでWavyなFuture Bassサウンドがさく裂しています。ちなみに今作、SoundCloud上では各トラックに短い記述が付されています(丁寧に、トラックごとのイメージもきちんと用意されている ≫ 追記:現在はセットリストごと削除されています)。読んでいると、どうもトラック数がもっと多かったようなんですが・・・、カットされたんでしょうか。

追記:“TRAGIC COINCIDENCE”、およびSoundCloudから消失した過去トラックを含めたファイルが、一括ダウンロード可能になっています(≫ here)。Thank you for sharing!



 - be back later w/ xenosys



ςherishh – TRAGIC COINCIDENCE」への2件のフィードバック

  1. ςherishh 05/22/2015 4:38 am

    「あの最近出たアルバムをリンクしてちょうだい」って人に頼まれて、偶然ながらここまで来ました♪

    確かに、ちょっと前まではもっとアップされてました。いまどきのFutureBassと比べて、自分が作った音楽がつまらなく感じ始め、多くのトラックを完全にカットしてしまいました。でも、コラボしてくださった人に失礼をしないため、コラボだけを残したのです。でも、前に作ったトラックは全部DLできますので是非是非♪

    ブログしてくれて、本当に感謝してます。びっくりです^^;これからもよろしくお願いします。

    • BUG 05/23/2015 12:41 am

      >ςherishhさん
      コメントありがとうございます。“TRAGIC COINCIDENCE”、セットリストごと消えてしまったのでどうしたのかと思っていました。そういった理由だったのですね。

      ςherishhさんのサウンドは、ガチガチのFutureBassとはまた違って、抒情的なところがユニークだと思っています。
      今後サウンドが変わることもあるのかもしれませんが、そういった部分は変わらずに残していただけるとうれしいです^^。

      もちろんこれからもフォローさせていただきます。よろしくお願いします。

      あ、過去トラック、早速入手させていただきました。ありがとうございます^^。

      BUG

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。