ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

memory cards – save points

 memory cards - save points

 – Tracklist –
 01. homecoming
 02. bell jar
 03. moonrise castle
 04. crescent harbor
 05. crestfallen
 06. spoken softly
 07. river dreams
 08. starlit canals
 09. chalk cabins
 10. life aquatic
 11. needless, captivating
 12. every glance
 13. winter formal
 14. ever quickening
 15. skyloft
 16. haunted
 17. romance dawn
 18. light slip
 19. insubstantial
 20. crystalized
 21. cascading light
 22. continuum
 23. nothing said
 24. iris touch



 - 01. homecoming



 - 11. needless, captivating



 - 15. skyloft


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.05.10
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Beats, ChillWave, Cloud Rap, DreamWave, Fantasy, Nostalgia, Trap.


 Related Links :
  ≫ memory cards on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on T R A K T R A I N / on Twitter


+ + + + + +


Welcome back!! memory cardsが春先の宣言通り、渾身のダブルアルバム“save points”を引っ提げて帰ってきました。24トラックのフルボリューム。M-1のタイトルが‘homecoming’であることからも、彼自身、今作に帰還の意を込めているのが見てとれます。

もともとmemory cardsは、2013年からコンスタントにリリースを重ねていました。サンプルを主軸にしたファンタジックなChillWave/Cloud Rapを展開、Dreamcast Aways Collectionではジャパニーズ・ソングも取り入れつつ(その後この傾向はみられない)、メロディにあふれたトラックたちをコンパイルし、そのノスタルジャーぶりをさく裂させ、確固たるポジションを築きました。その後“Slot”シリーズを5作までリリースし、Twin Snakes(シングル)、Descent (Halos I​-​IV)と順調にリリースを重ねていたところで、2014年末に突如Facebookに投稿されたメッセージ―“Farewell and thank you for listening.”―が、大きな波紋、とまではいかなかったかもしれませんが、ファンにショックを与えたのは事実です(Ikaros イカロスのリアクションが実にアツい)。

年をまたいで、2015年頭、Facebook上で謎めいた投稿が行われました。アニメ“カウボーイビパップ”の最終回から(といっても私はツマミ見しかしてないので、知ったかぶりである。兄がファンだったのは事実だが)、“バン………!”のシーンを引用したりして。主人公スパイク・スピーゲルの生死が明確に描かれなかったラストシーン、それを引用する意図を考えると、どうしてもmemory cards自身の活動に関連付けてしまう。つまり、終わってしまった、のかどうかハッキリしない、という、ファンならば非常にヤキモキさせられる展開。なんというニクい演出。

実際そのあとmemory cardsは沈黙。さらにはTwitterからも消えてしまい(今は復活している)、どうやら死んだ(終わった)という見方が私の中でされ始めていました。

そこから沈黙することおよそ2カ月・・・3月末にようやくFacebookに写真を投稿という、嬉しいんだか嬉しくないんだかよく分からない動きを見せ始め(でもその画像の1枚には“Believe”という文字が入っていて、胸が熱くなった)、4月に入って、ついに帰還のメッセージを届けてくれたのです。“冬休みだった”みたいな感じですが・・・休む必要があったということでしょう。そして同時にアナウンスされたのが、今作のリリースについて。いや長かった。実際2カ月なんてボーッとしてたらあっという間ですが、インターネットという空間がボーッとするなんてことはない―常に情報が流れまくっているので、ネット上での2カ月の不在、沈黙というのは、正直長すぎたんじゃないかと思ったんですが、今アルバムに先駆けて公開されていたトラックへのリアクションを見ると、待っていたファンは多くいたようです。忘れられてなんていなかった。

前作(といっても2014年末だし、ぜんぜんインターバルは空いていないのだが)―“Descent (Halos I​-​IV)”では、サウンドに変化があったように感じられました。メロディよりもAmbientな包容力が優先されているように感じられて、ビートも主張してこないし、聴き心地は悪くないのですが、インパクトは薄めでした。そういった路線になるかと思っていたんですが、先行で公開された‘moonrise castle’を聴いて、その思いは覆されました。Hip-Hop~Trapを経由した太いビートにMelodicなフレーズが弾けるイントロで早速ノックアウト。遠くで聴こえるさりげないヴォーカルとホーリー(神聖)なレイヤーがファンタジックな空間を作り上げ、まさにmemory cards節なドリーミィ・サウンドがそこに。ときおり挿入される“memory…”というささやきも(ミックステープではこの形は常套手段ですが)、雲間から射す光のようにキラリと光る。何という高らかな帰還のあいさつかと、ファンの私はこっそりニンマリ。

全編にあふれるメロディはおそらくサンプルベースかと思われますが、不思議なほどに統一感があって、作品全体でまるでファンタジックなRPGの世界に身を置いているような、独特のフィーリングがあります。それはChillな感覚でもあり、高揚感でもあり、またノスタルジックでもあり、同時に、畏敬の念にも通じるような神聖な空気でもあります。その中に、ボーイ・ミーツ・ガールやジュブナイルな物語にあるような、ワクワク感、冒険感も内包されていて、memory cardsの真骨頂と呼べる作品になっています。

そんな優良作品である今作には面白い仕掛けが施されていて、各トラックにはそれぞれ姉妹トラックがあるというのですね。単純に使っているネタが同じという意味なのか、あるいはモチーフにしたイメージが共通しているのか、どういう意味合いかはハッキリしませんが、しかし同一ネタに関していえば、聴いていると分かるものもあります。まずは今作で私がもっとも好きな2つのトラック、‘homecoming’‘moonrise castle’。これは使っているメロディが同じです。あとダンジョン感いちじるしい‘crescent harbor’‘haunted’も同じく。そしてストリングスとウィスパリングなヴォーカルを効かせた、作中でもひときわ流麗な‘needless, captivating’‘nothing said’も、やはり同じ素材を使っていると思います。それ以外はちょっと現時点では分かりませんが、そんなことを気にしても気にしなくても、今作を楽しめることには変わりありません。もちろんすべての姉妹トラックを明らかにすべく聴き込むのも、楽しみ方のひとつです。

ということで、満を持しての快作でした。突っ走りすぎてダウンされても困りますが、願わくばこれからもコンスタントなリリースを期待しております。余談ですが、聴いていて思い出したのが、アメリカのPost-Rock/Electronicバンド(ユニット)、Lights Out Asia。浮遊感と硬質感を合わせ持った、Electronicなクラウドのような音像は、どこか今作と相通ずる部分があるように思います(そういう意味では今作にはPost-Rockなフィーリングも感じられる)。“Eyes Like Brontide”(2008)に収録されている‘X-33’とかすごい好きでした(もちろん今でも好き)。

ちなみにジャケットイメージは以前から多用している吉田明彦氏のもの。“ファイナルファンタジーIII”のリメイク版(ニンテンドーDS)に用いられたイメージのようです。実にハマってる。


+ + +


Note :

disc 1 is tracks 1-12
disc 2 is tracks 13-24
each track has an accompanying sister track



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。