ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Dreaming Moths & Woodwalker – Mu’s Journey

 Dreaming Moths & Woodwalker - Mu's Journey

 – Tracklist –
 01. Dreaming Moths – Capicúa
 02. Woodwalker – Guts
 03. Dreaming Moths – Plastic Clock
 04. Woodwalker – Adderall
 05. Dreaming Moths – Warm Blankets
 06. Woodwalker – Revoltillo
 07. Woodwalker – Ash
 08. Woodwalker – Falling Asleep with Bug/s
 09. Dreaming Moths – Pluck
 10. Dreaming Moths – Trinket
 11. Mu



 - 01. Dreaming Moths – Capicúa



 - 06. Woodwalker – Revoltillo


+ + +


 Release Page ≫ [ 1 ] / [ 2 ] Download Free! / pay what you wish.
 :: Mu’s Journey CD is available. ::

 Release Date : 2015.04.20
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Electronica, Glitch, Sample-Based.


 Related Links :
  ≫ Dreaming Moths on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp

  ≫ Woodwalker on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


以前にKitty On Fire Recordsからの“Truth”を紹介した、ウルグアイのトラックメイカー、Dreaming Moths(Marcelo Guaraglia)。彼と、アメリカのトラックメイカーWoodwalker(Rex Brown)のスプリットアルバムが公開されています。WoodwalkerとDreaming Mothsの接点はここが初めてではなくて、2013年に公開された“Ouroboros EP”でアートワークを手掛けたのがMarceloでした。またWoodwalkerは、今作にヴォーカルで参加しているMegan Searlも含めたユニットthe cardiff giantや、business casualからリリースを行っているVista Kid Cruiserのメンバーでもあります。

2人が共同作業の上で作ったと思しきトラックはラストの‘Mu’のみで、あとは作曲からプロデュースからミックスまで、各個人で行っているようです。ということで、2人の間に共通の景色というのは存在していないまま、制作が進められたのではないかと推測できるのですが、不思議と散らかった内容にはなっていないのですね。もともとサンプルペースのElectronic musicをスタイルにしているという点で確かに共通点はある2人ですが、メロディに重きを置いている様子のDreaming Mothsと、VaporWaveにも通じるアブストラクトな音像を描いているWoodwalkerが組んでこうなるのだから、面白いという他ありません。

タイトルにある“Mu”というのはそのまま日本語の“無”の意味も持っているようです。“Mu’s Journey”=“無の旅”という言葉の意味を考えたときに、どういう意味なんだろうって考える、というか悩んでしまいました。“無”という人物(というのも変な考え方だ)の旅という考えがしっくりくるかもしれません。そしてその無という人物はMarcelo GuaragliaとRex Brownのamalgam―混合物であるのです。なぜに“無”なのかがよく分かりませんが、何の目的意識もなしに産み落とされたトラックたちを指していると、そう考えることも出来ます。またジャケットイメージをよく見てください。複数の人物が描かれていますが、いずれも顔の部分が一様に消されているのです。これは徹底されていて、ダウンロード時についてくるブックレット内においても、描かれている人物の顔はすべて分からないようになっています。ここにも“無”の要素が見てとれます。そこに何を見るかは人それぞれでしょうが、私は悲しみを感じます。

さて肝心のサウンドがどうなのかという話が後に来てしまいました。ものすごくメロディに富んでいるという分けではないのですが、編集によるフックがスパイスになって、耳をとらえるトラックが多くあります。スピード感のあるトラックはほとんどなくて、唯一M-9‘Pluck’にBreakcoreのパターンが現れるくらいです。あとは落ち着いたトラックが並ぶので、ノイジーなサウンドが好きな方には不向きかもしれません。基本的にサンプルベースなわけですが、使っている音色がたおやかなこともあるんでしょうか、M1~2のあたりには、Post-Rock―いわゆるシネマティックな方ではなくて、ポスト・プロダクションという意味での―や、音響派のような響きもあるではないですか(でもだからといって音響にこだわっているということではありません)。生っぽいドラムに弦楽器の爪弾きにストリングス、ささやかなエレクトロニクス。長閑な風景。ハイラマズとかあの辺を想起します。M-2‘Guts’ではソフトな歌声も交えて、Popに接近。

情報に寄ればM-3‘Plastic Clock’は12~13の曲からサンプリングを行っているそうで、なるほどAmbienceとソウルな歌声、物憂げなピアノ、さまざまなエフェクトが重なり合って、まどろみを誘うようでいてバイタリティのある不思議なトラックに。以降も、冒頭部分でタイトル通りのやさしさが広がるM-5‘Warm Blankets’や、編集感覚満載のGlitchtyにして軽快なギタートラック‘Revoltillo’‘Falling Asleep with Bug/s’、和楽器の音やジャジーなリズム、スポークンワードや淡いピアノを重ね合わせて、緊張と緩和を一緒くたにするM-10など、サンプルに基づきながらも、巧みな手腕で次々と異なる景色を描き出していきます。中でも出色なのは先にも書いたM-8でしょう。ピアノを活かしたオブスキュアな出だしから一転してBreakcoreに入っていくわけですが、随所で日本語をサンプリングしており―おそらくは“ジョジョの奇妙な冒険”から―、“ハッピーうれピーよろピくねーーー”や“ハイエロファントグリーン!”のセリフが飛び出してくる。シリアスを華麗に飛び越えてシュールに不時着。

流しながら聴いてしまうと、サラリと終わってしまうのですが、じっくり耳を傾けると、いろいろと面白い発見があったり、心地よい景色を発見できる作品だと思います。そこに何を見るかも、またリスナーにとっての旅と、そう捉えることも、できるのかもしれません。気になった方は、両者の他の作品も是非。


+ + +


Credit :

Tracks 1, 3, 5, 9 and 10 written, produced, and mixed by Marcelo Guaraglia.
Tracks 2, 4, 6, 7, and 8 written, produced, and mixed by Rex Brown.
Track 11 written by Marcelo Guaraglia, arranged and mixed by Rex Brown.
All songs written in 2014. Mastered in April, 2015 by Juan Manuel Cola.
Toy instruments on tracks 1 and 10 by Precarius Ensemble.
Vocals on track 2 by Cameron Crowley, words by Cameron Crowley and Rex Brown.
Chopped up Italian on track 2 spoken by Annalisa Thielmann.
Words on track 10 written by Belen Lopez, spoken by Rafael, translated by Rex Brown.
Vocals on tracks 2, 4, 7, 8 and 9 by Megan Searl (Thank you Megan for your many contributions to my music and to this album, you are a great musician and an even better friend).

Cover art by 386Q. (owannai.tumblr.com)
Sleeve art designed by Marcelo Guaraglia.
Lineart by 386Q, pictures by Sol Anna. (www.facebook.com/sol.ann4)

(CC) by – nc 3.0



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。