ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Oh My Muu – Self Help EP [ZLEP​-​23]

 Oh My Muu - Self Help EP [ZLEP​-​23]

 – Tracklist –
 01. Expectations (feat. Ulzzang Pistol)
 02. Reciprocation (feat. Yeule)
 03. Late Bloom (feat. No Rome)



 - 02. Reciprocation (feat. Yeule)


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2015.07.21
 Label : ZOOM LENS

 Keywords : Ambient, ChillWave, Electronic, J-Pop, K-Pop, Shoegaze, SynthWave, Vocal.


 Related Links :
  ≫ Oh My Muu on Facebook / on SoundCloud / on Twitter

  ≫ Ulzzang Pistol on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Tumblr / on Twitter
  ≫ yeule on Facebook / on SoundCloud
  ≫ no rome on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on YouTube / on Twitter


+ + + + + +


Meishi Smileが牽引するアメリカのネットレーベル/ミュージック・コレクティヴ、ZOOM LENSより。アメリカのトラックメイカー、Oh My Muuのデビュー作がフリーでリリースされています。これまでに他の名義での活動があったのかは分かりませんが、現時点では今作収録のトラックしか公開されておらず、そう考えると、これが世に向けて放たれた本当に初めてのトラックであるのかもしれません。

ZOOM LENSからリリースのあるUlzzang Pistolやyeule、またUlzzang Pistolの盟友であるno romeといった豪華メンツがヴォーカリストとして参加しており、彼らの声が表情豊かにトラックを彩りさまざまなシーンを演出しているのは確か。しかしトラックそのものが持つ力も相当に強いものがあって、この突然の登場にはまったくもって驚かされます。

グリッターでドリーミィなChillWave/SynthWave‘Expectations’を彩るのはUlzzang Pistol。彼の声はやっぱりロマンティックで悲しみをもっていて、歌が響き始めるや、リスナーの中には感情性を持った景色が広がり始めることでしょう。彼の‘Girlfriend’なんかはMVも含めてそうだけど、手の届かない悲しみが漂っていて、それは人間にとって普遍的ともいえる悩み苦しみの種でもありますので、彼の声(そして‘Expectations’)は、多くの人の胸を打つことでしょう。

M-2の‘Reciprocation’が打って変わって、淡々としたリズムを活かした、抑えた筆致のDigital-Shoegazeになっており、これがまたよいんです。ウィスパーなタッチで幻想的に唄われるYeuleの歌声も、はかなさや無常さを感じさせます。霧に包まれた景色の中で、徐々に視界がフェイドアウトしていくような、とても幻想的で、けれどどこか寂しくて、そんなイメージが頭に浮かんでくるのです。それでも軽やかに広がるコーラスやシンセのレイヤーには音楽的な心地よさが確かにあって、すなわちPopでSadで、私のハートのど真ん中を打ち抜くトラック。すばらしい。

‘Late Bloom’はグリッターなシンセサウンドと、ディレイ、リバーヴするヴォーカルとが入り乱れる、聴きようによってはサイケデリックなトラック。ヴォーカルを勤めたno romeに関しては、私の中で勝手にUlzzang Pistolの先輩格のようなイメージを持ってしまっているのですが(実際二人ともかなり若いのでどちらが上かはよく分かりません)、このトラックに関しても‘Expectations’をさらに眩くしたようなイメージです。M-1やM-3では特にヴォーカルを中心に据えた、歌をど真ん中で聴かせるつくりなので、この辺りが歌謡曲のようなイメージにつながっているのでしょう(これはSoutheast AsiaのインストゥルメンタルなElectronic musicにおいてもそうで、メロディをど真ん中で鳴らす傾向があります)。そのサウンドスタイルがJ-PopやK-Popといったキーワードにも結びつくのでしょう。つまりPop musicということです。

ZOOM LENSの嗅覚というのは本当に凄まじくて(前にも似たようなこと書きましたが)、少なからずクラブミュージックにもつながるレーベルカラーを持ちながら、移り変わりの激しいそのシーン・時流にはほとんど影響を受けず、それでいてリスナーの耳を奪う、Pop musicとしかいいようのないリリースを毎度毎度くりだしてくる、その鋭さたるや。それらリリースは、満を持して、というアーティストのときもありますが、まったく注目されていなかったアーティストをフックアップしてくるときも同様にあって、どこからどうやって見つけてくるのか、どんなアンテナのはり方をしているのか、毎回驚かされるのです。このOh My Muuも然り。脱帽です。

ということで今作、わずか3トラックですが、あいさつ代わりとその可能性を示すには十分すぎるEPです。次作にも期待します!!


+ + +


Artwork by Zeon Gomez
Mixed & Mastered by Rob Duffy



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。