ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

C A S I N O ☆★☆★☆ M A S T E R – 勝 者 ! ! ! !★W I N N E R★ [TKX-021]

 C A S I N O ☆★☆★☆ M A S T E R - 勝 者 ! ! ! !★W I N N E R★ [TKX-021]

 – Tracklist –
 01. 勝 者 ! ! ! !★W I N N E R★
 02. ±T R Y A G A I N±



 - 01. 勝 者 ! ! ! !★W I N N E R★


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.07.13
 Label : 東京為替

 Keywords : Casino, CAT’S♥EYE, Noise, Sample-Based, Sound Art, VaporWave.


+ + + + + +


依然多くが明かされないミステリアスネットレーベル、東京為替より。C A S I N O ☆★☆★☆ M A S T E Rの新作が登場です。このC A S I N O ☆★☆★☆ M A S T E Rについても詳細は不明。前作の“☆★☆ ボーナススピン幸運 !!!”についても書きましたが、そちらはパチスロ・パチンコのナレーションやホール音をサンプリングしたと思しき、ひたすらにカジノな環境音が詰め込まれたなかなかにエネルギッシュな作品でした。

まさか2作目があるとは思ってなかったし、やるなら思い切り方向を変えてくるかとも思ったんですが、そこはC A S I N O ☆★☆★☆ M A S T E Rを名乗るだけのことはあって、見事に前作の延長線上であり、そして前作を超える作品を投げつけてきました。まあ聴く前にどんなんなってるかなあとか一瞬考えたりするわけですが、これはもうBOOGIE MANの“PACHINCO MAN”(パチンコマン)でもサンプリングしてくるんじゃないかとか安易なことを考えていましたが、全然違いました(余談ですが、PACHINCO MANってホントにパチンコ屋でかかってたんですかね? ≫ “国内最大の自主規制とは?” 皮肉だ)。

この“勝 者 ! ! ! !★W I N N E R★”で使われているのは、アニメ“キャッツ・アイ”の主題歌であった“CAT’S EYE”。はじめは単純に歌を使っているだけかと思ったんですが、よくよく聴いたらさに非ず。パチンコ・パチスロのキャッツ・アイからサンプリングしている様子ではないか!!  しかしこの曲はセルフカヴァーも含めて多くのヴァージョンが存在するので、使われているのがどのヴァージョンなのかは不明。またパチンコ・パチスロ用に独自のものが使われている可能性もあるし、そこまでは調べきれませんでした。

前作には音楽的要素が皆無で、また音響的なエフェクトもほとんど使われていない様子で、ホントにパチンコ・パチスロの環境音(ナレーション含め)をそのまま使用したような作品だったので、音楽が途切れた空間にスロットを押すパチパチとした音が響くだけといったシュールな瞬間もあったのですが、それを考えると今作はかなり音楽的な方向に寄せてきています。しかもどちらかというと歌の方を前面に出してきているし、歌とナレーションと環境音のすべてにエフェクトをかけてきているので、前作のフラットなサウンドイメージとは打って変わって、歪み、膨張し、痙攣するカジノ空間という、特異な空間がここに生まれています。私が以前冗談めかして書いたパチンコゲイズという呼称もあながち似合わない感じではなくなってきています(カジノイズでもいいな)。カジノの環境音にエフェクトをかけまくるという、この枠組みで音を作ってる人はそうそういないでしょう。まさにC A S I N O ☆★☆★☆ M A S T E Rの名に恥じないオリジネイターっぷりです。

加えて、見逃せないのが、曲としては1983年にリリースされた“CAT’S EYE”をチョイスしているところです。ちょっと考えれば分かりますけど、別にこの曲でなくても、このスタイルは成り立つわけです。それこそ歌がなくたって。でも(パチンコ・パチスロという前作からの枠組みを崩さずに)、あえてこの80年代リリースの“CAT’S EYE”を選んでいるというところが、センスを感じます。なぜってやっぱりこの80年代のジャパニーズ・ソングを引用したエフェクティヴなトラック作りはVaporWaveへのアクセスを感じさせますし(でもChopped & Screwedな調子はない)、この感覚は少なくとも前作にはなかったものです。前作と今作、どちらが音楽的に興味深いかというのは、意見が割れるところかもしれませんが、私はただのカジノ環境音でなく、そこにVaporWaveのエッセンスを注入し(しかもそれはカジノ方面と見事にリンクしているわけだ)、新たな一歩を踏み出してきたという点で、今作にはチャレンジ精神・意欲を感じますし、それを踏まえて、やっぱり今作の方が上を行ってると思うわけです。

これによってサウンドスタイルを確立してしまうのか、それともまた別の一手を繰り出してくるのか。次のサウンドにも期待します。果たして次があるのかどうかってところがやはり疑問ですが・・・。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。