ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Three Wishes – Restoration EP [GT008]

 Three Wishes - Restoration EP [GT008]

 – Tracklist –
 01. Dream
 02. Wake
 03. Simple Drawings
 04. Lionheart
 05. Water Treasure
 06. Sand Burial (Genie Theme)
 07. Dream Pt. II



 - 01. Dream


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2015.07.25
 Label : GEM TONES

 Keywords : Ambient, Edit, Meditative, Melodic, New Age, Trap, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ PRINCE PROZAC on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


2015年発足の新興レーベル、GEM TONESより。Three Wishesの作品がフリーでリリースされています。

Three Wishesというのは、どうやら3人で作られた共同プロジェクトのようで、リリースページにメンバーらしき表記があります。それによると、K△R△ 、K8E 、PRINCE PROZACがThree Wishesの構成員ということになりますが、残念ながら私の気合が足りず、PRINCE PROZAC以外の情報には、たどり着けませんでした。

PRINCE PROZAC自身もbandcampで“CAPSULE 1”という面白い作品をリリースしています。New Age/MeditativeなAmbienceとTrapビートを組み合わせた、Meditative Trapとでもいえる、類似サウンドの少ないユニークな作風です。当然彼/彼女がメンバーにいる、このThree Wishesにおいても、その作風は反映されていて、随所でユニークなサウンドを聴くことができます。

M-1がもういきなりクラシカルなNew Age調のサウンドで始まりますが、シンプルにそのまま流していくのかと思ったら途中で編集感はなはだしくて、強引に脱臼させられたような感じです。M-2においてはさらにその傾向を顕著にして、1分にも満たない中で、ひたすらに同じフレーズを反復して最後はGlitchしたままM-3になだれ込んでいくという、投げっぱなしぶりが潔い。

M-3は流れを一気に変えて、Trapなビートとドラマティックなメロディを組み合わせて、ラッシュ感のある風景を演出。なんだか教材映像のBGMようなシンプル&イージーなトラックですが、この走った調子は作中でここにしかなく、これははPRINCE PROZAC以外のメンバーが持ち込んだものなのかもしれません。M-4がまた、どこかエスニックな雰囲気もあるMeditative/Editなトラックになっていて、ここまで聴いて頭によぎったのが、以前にも紹介した木の反射の作品“Body [Disc I]”なのですね。まあアッチはもっと直球でAmbient/Meditative/New Ageでしたけども。共振する部分が感じられて、いろいろ勘繰りたくなります(というか今気づいたんですが、木の反射って、もしやPEGA 速力なのか? bandcampからリンクが貼られてるわ・・・)

さて、M-6‘Sand Burial (Genie Theme)’はいきなりアラビックなフレーズが全開で鳴り響き、終始それで貫かれるという、まったくもって意図が読み取れないのですが、もしかして今作はアレかな、宝探しか何かの道程をイメージしてるのかしらん。夢から覚めて(‘Wake’)、空を飛び(‘Simple Drawings’)、広大な砂漠を彷徨い(‘Lionheart’)、オアシスで暗くさびしい一夜を明し(‘Water Treasure’)、お宝―それは魔法のランプか。“Three Wishes”という名前は無関係ではあるまい―にたどり着いた(‘Sand Burial (Genie Theme)’)、と思ったら夢だった(‘Dream Pt. II’)、みたいな。

ということでもはやVaporWaveなのか何なのか、何と呼称すれば適当なのかも分からない不思議ミュージックでした(聴いててニヤニヤしちゃったり)。いやしかしNew Ageを経由したMeditativeとTrapが結びついている、その部分が大きいので、New Trapとか呼んじゃおうかと思いましたが新しいTrapみたいで紛らわしいので、やはりMeditative Trapか!(結局適当)。メロディがあるのでそんなに聴き難いことはないし、一度聴いてみるのも良いと思います! 判断はそれからで。

ちなみにGEM TONESですが、PEGA 速力の作品もリリースしてるし、何気にsweet peaのカムバックシングルもあるし(見事にザ・VaporWave)、幽霊, T O G E T H E R!の作品もこれから控えているらしいので、個人的には要チェックです。≫ ※2016年9月現在、レーベルは休止中のようです。


+ + +


(CC) by – nc 3.0



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。