ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Kasseo – Beijing EP [AMG020]

 Kasseo - Beijing EP [AMG020]

 – Tracklist –
 01. Intro
 02. Beijing
 03. Remain
 04. La Belle Époque
 05. Déjà Vu
 06. Border



 - 04. La Belle Époque


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.06.01
 Label : AmbientMusicalGenre

 Keywords : Ambient, ChillWave, Downtempo, Hip-Hop, Melodic.


 Related Links :
  ≫ KΛSSEO on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


ロシアンインディペンデントレーベル、AmbientMusicalGenreより。ロンドン、シェフィールド、ベルリンを基盤に活動している様子のKΛSSEOの作品がリリースされています。自身のbandcampでもこのあとに“Perspective EP”をリリースしていますが、こちらの方が好印象だったので、こうして紹介しております。

Downtempo/Hip-Hopのリズムにアコースティックの温もりとChillWave経由のシンセ感をまぶして、非常に聴き心地のよろしいサウンドを作り上げています。

ミニマルなリズムがトラックを牽引していますが、ウワモノの表情や音色が豊かなので、反復性にすぎる印象もなく。実演奏なのかサンプリングなのか分かりませんが、使われている楽器音には硬いところがまったくなくて、すべてがやさしくまろやかに、耳の中へ流れ込んできます。そしてヴォーカルラインの使い方も上手い。というか私好み。たとえば歌が主張しすぎていると途端にウタモノトラックとして機能し始めてしまって、歌声が野暮ったく感じられてしまうというケースが、私の場合ままあるのです。

しかしKΛSSEOのヴォーカルの使い方はよい。それは歌の前にもちろん声であるし、その前に音でもあるし、聴き心地にその側面もあるんだけど、でもやっぱり最終的には歌なんですよ(何を言っているか自分でもよく分からないな・・・)。使い方―エフェクトのかけ方や挿入の仕方自体は別に珍しい形ではないので、やはりバランス感覚に長けているのでしょうね。前に出すぎることもなく、楽器音やシンセに埋没することもなく、そして頻度も抑え気味のヴォーカルラインは、実にAmbientにトラック内を浮遊していて、聴き流すことも出来るし、そのメロディに耳を貸すことも出来る。

使われている楽器音や歌声のどこかにオリエンタルな調子もあって、そこも特色かもしれないですね(もちろんタイトルがBeijing-北京という部分も意識すべきでしょう)。ChillWave特有の、アフターサマーなチル感もどことなく漂っていて、暑さが和らぎ始めた時期に聴くと、抜群にフィットするかもしれません。気に入った方は“Perspective EP”の他にも、SoundCloudでもトラックがいくつか公開されていますので、是非訪れてみてください。



 - Feeling Alive

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。