ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

PACIFICO CORP/国際 – アフリカへの旅

 PACIFICO CORP/国際 - アフリカへの旅

 – Tracklist –
 01. ジャングルに深く-INTRO
 02. BABEFAKE – ジャングルに深く
 03. 資本主義への賛美歌☺
 04. OO愛を通じ平和の旅
 05. 夜の砂漠の星
 06. REPTILE ダンス
 07. MODEMオアシス (Bonus Track)



 - 05. 夜の砂漠の星


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.
 :: 現在は// P E N T I U M 2 // ダニのbandcampからリリースされています。 ::

 Release Date : 2015.09.06
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, ChillWave, Earth, Eccojam, NewAge, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ PACIFICO CORP/国際 on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


エクアドルはポルトビエホ発というプロフィールですが、どうなんでしょうね。真偽のほどは分かりません。PACIFICO CORP/国際の4作目は実にアース(地球)感あふれる壮大なスケールでお送りするエコーイックなVaporWave。

1作目こそタイトルは“エコージャムはvaporwave”ですが、以降は“オセアニアルート”、“アジアルート”、今作を挟んで、“観光ヨーロッパ”、“目的地アメリカ”と、旅感を持たせたタイトルが続いています。そして現時点での最新作は、“インタラクティブ百科事典”で、これにはそれまでのタイトルすべて、怒涛の43トラックが収めれているという、まさに百科事典的集大成となっています。地球を一周したニュアンスでもしやこのプロジェクトはここで完結なのかと考えてしまいますが、また別の何かが始まるのかもしれません。

なんで敢えてここで4作目の“アフリカへの旅”を取り上げているのかという話ですが、理由は単純明快、最も私の琴線に触れたからです! 作品によって作風が大きく異なるわけではないんですが、中でも今作はNewAge/Meditativeなタッチを非常に強く感じます。

ビヨビヨと伸縮するシンセティックなサウンドスケープに鳥の鳴き声でしょうか、環境音がエコーイックに響き、トライバル・パーカッシヴに鳴るリズムは大地の鼓動のようで、民族的なコーラスが旅の視界を広げ、しかしメロディは確かに鳴り響き、ずっしりしたリズムとシンセ・オリエンテッドなサウンドは、ChillWaveのエッセンスをふんだんに含んでいる。だから不思議にChillな空気を感じさせてくれるのです。M-1~M-2の流れでもう気分は早くも異国に連れ去られ。緑の森に立ち込めるフォッグが感じられてくるのです。自然の神秘とでもいいますか。

M-3‘資本主義への賛美歌☺’なんて、タイトルだけ見ると皮肉だか何だかよく分からないのだけど、確かに讃美歌のようなコーラスをスローモ、エコーイックに編集して、エンヤ的NewAge感・ケルティックなムード(アフリカへの旅なのになあ)をVaporizedしていて、これがまた抜群に瞑想的なのです。歪なサウンドでどこまで聴かせるか、どこまで聴かせる形にするかっていうのはVaporWaveの主題のひとつかもしれませんが(音楽全体にそれはいえるかもしれません)、それを改めて感じさせたトラックです。

M-5‘夜の砂漠の星’ではサウンドはグネグネとうねり、Glitchyなのですが、作中で一際スケールがデカくて、アフリカの広大な大地が眼前に見えてくるようではありませんか。地球感。サンプルにされている歌の力もあるんでしょう。一瞬TOTOの‘Africa’かと思っちゃったけど(ベタすぎる発想)、違いますね。

ラストの‘MODEMオアシス’(このサイバーネイチャー感なタイトル好きだな)だけアラビックな調子になっていて、まあボーナストラックということもあるんでしょう、少し異質に感じます。

音楽についてアーシー(earthy)という言葉を使うと、ブルージーな方向に結びついてしまいますが、ここではその意味ではなくて、まんま“地球的”という意味で“アーシー”を使いたいデス。そんなアーシーな空気を前面に押し出したNewAge経由なVaporWave。リズムはあるけどAmbientな佇まいだし、メロディも豊かなので、非常に聴きやすくてグッドです。よい作品だと思います! 気になった方は他の作品もどうぞ―“インタラクティブ百科事典”を手に入れれば、全部聴けますけどね。そんな形でマルッと地球一周もよいですが、各作品ごとに聴き込めば、そこに込められた個別のイメージも見えてくるのかもしれません。

ちなみにM-2にある“BABEFAKE”ってのはBABEFAKEのことだと思うんですが、これは彼が作ったということなんでしょうか。いずれにせよ、PACIFICO CORP/国際との関係性は謎ですが。さらには別名義なのか横のつながりなのか分かりませんが、SoundCloudからは、// P E N T I U M 2 // ダニAMERICA NETWORK LTDc o s t a v i s i o n₴AЙ PЁDЯО ЇDといったトラックメイカーとリンクがされており、いずれにおいても傾向の異なるVaporWaveが披露されています。その先にはさらにbandcampが広がっていたりして、聴きたくともすべてを耳に収めるには、なかなか時間がかかりそうです・・・。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。