ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

ricrdo – 雪がカバーします

 ricrdo - 雪がカバーします

 – Tracklist –
 01. and if u…
 02. Vaka
 03. 柔らかい
 04. by the ocean
 05. 二人
 06. slow monotony
 07. z Zz Zz z



 - 03. 柔らかい


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.10.10
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Depression, Electronica, Hip-Hop, I love you, Sad.


 Related Links :
  ≫ ricrdo on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


リトアニアのトラックメイカー、ricrdoの新しい作品です。前作“only time knows best”から、およそ半年ぶりのリリース。青あざ?凍傷?傷ついた手の甲が痛々しく目に映るジャケットイメージはいったい何を意味しているのでしょうか。ネットの何処かから持ってきた画像のようですが、もしかしたら、冷たい雪の下から花々を救い出すために手に傷を負ったというような、ストーリーが裏にあるのかもしれません(なんてね)。

フワフワ、ヒラヒラとした電子音と、Hip-Hopを経由したシンプルなビート、そして不思議なタイミングでエディットされたヴォーカルラインが組み合わされた、ricrdo節は相変わらずです。何が好きって、このにじみ出るサッドネス。Sad music(私が勝手に呼んでるだけの曖昧なカテゴリ)の急先鋒なのです、このricrdoは。最近復活に気づいた【J P R N】なんかもスゴく近しいところにいる気配がしますが、やっぱりちょっと違う。Renjāもちょっと離れてしまった感じがあるので、これもちょっと違う。ollidazamuなどが近いのかな、などと思ったりもしますが、完全に重なるものではないので、このricrdoが作る浮遊感のあるシンプルなサッド・ミュージックは唯一無二、という結論になるのかもしれません。

雲ひとつない快晴は確かに気持ちの良いものですが、人生において快晴というのはそうそうあるものではありません(“心なんて一生不安”なのです)。つまり人生には往々にして曇天がマッチする。決して光り輝くものでもなく、かといってまったくの暗闇でもなく、灰色の心。絶えずつきまとう、不安や悲しみといった負の感情。それを感じさせながらもネガティヴに流れていかないのは、音作りの妙でしょうか。どこかに透き通ったピュアな部分が垣間見えているような気がして、それが儚さを孕んだ美しさに結びついているように思います。

好きなのは‘柔らかい’‘二人’です。前者は陽だまりのような柔らかなゆらぎが心地よく、後者は一人きりの部屋に入り込む冷たい秋風ような切なさが身に沁みます。これまでと同じサンプルを使ってるのかなあというトラックもありますし、ドラマチックな部分が減ってきてる感じもあり、それらを研ぎ澄まされたとみるべきか、否か。


+ + +


photo cover by someone on the internet…



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。