ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

lulu + Mikeneko Homeless – This Christmas Lovely Day [MARU-148]

 lulu + Mikeneko Homeless - This Christmas Lovely Day [MARU-148]

 – Tracklist –
 01. This Christmas Lovely Day
 02. Kisses
 03. Watermelon
 04. ここ Koko
 05. This Christmas Lovely Day (Hercelot remix)
 06. This Christmas Lovely Day (Yunomi remix)
 07. Kisses (DZZ remix)
 08. Watermelon(MAVIS BACON remix)



 - 03. Watermelon


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2015.11.26
 Label : Maltine Records

 Keywords : Hip-Hop, Love, Pop, Remix, Vocal.


 Related Links :
  ≫ (lu_ul)
  ≫ lulu on SoundCloud / on Tumblr / on Twitter

  ≫ 三毛猫ホームレス on SoundCloud /


+ + + + + +


やっぱりMaltine Recordsは本当にすごいなあと思います。スイマセンMaltine Bookは入手して安心したのかまだ読んでないんですが、そこんとこを見ても私がMaltine Recordsというレーベルにガンガン関心(と書くとガンガンガン速っぽい)を持っているわけではないことは窺い知れるわけですが、でもやっぱりリリースを聴くだにつけ、すごいなあと思うのは、持ってくるものに常にPopが付きまとっているということです。足元にはクラブミュージックがあるんでしょうが(だから私が絶対的にハマることがないのだと思います)、その根っこから生まれ伸びた枝葉―リリースたち―は全方位拡散型といってもよいくらいのポップネスを持っていて、つまり私のようにクラブミュージックに関心のない人間のアンテナをも反応させるだけの圧倒的な力強さをもっていて、だからこそMaltine Recordsはここまで巨大な存在になったのでしょう。そう思います。

そう、lulu(敬称略)についても知ったのはMaltine Records側からではなかった気がするのですが、どうだったでしょう、SoundCloudで誰かがリポストしたトラックで知ったような記憶。andymoriやフジファブリックのカヴァーも披露していたりして、そこには初期衝動や抒情性があって、そして何より歌―声の力といってもいい―があったのです。

私は音楽における歌声っていうのはどうしようもない部分があると思っていて、多少は作ることはできるのかもしれませんが、根本的にはその人の歌声って変えられないものだと思っていて、嫌な言い方ですが好かれる声とそうでない声があるだろうし、それは経済に結びつければ、売れる声と売れない声という言い方もできるでしょう。たとえばスピッツのヴォーカルがマサムネさんじゃなかったり、ミスチルのヴォーカルが桜井さんじゃなかったりしたら、何かが違っていたと思います。何が言いたいかっていうと、このluluのヴォーカルがとにかくよいということです。なんといえば的確なのでしょう。M-1‘This Christmas Lovely Day’なんて決して憂鬱な内容ではないのですが、悲しみ、切実さ、願いがにじみ出ているのです。どなたかが宇多田ヒカルの歌声に“愁い”(“憂い”かもしれない)という言葉を使っていたような気がしますが、それをこのluluの歌声にも当てはめたい。Popなメロディラインや歌唱力もモチロン重要な要素ですが、私はこの声、歌声が何より、luluのトラックの最大の魅力。正直メジャー級だと思いますし、もっと広いフィールドでも活躍できると思います。

しかも歌声やメロディだけでなく、歌詞がまた、ヤバい。人間関係、主に恋愛における心の機微を、情景描写も交え、平易な言葉で、クリアに描いてみせる。ストレートにイメージを喚起する飾らない言葉たちは、多くの人の心に染み入るでしょう。この普遍性たるや。ヴォーカルを中心に据えた音作りもすごく合ってる(それをいったらこのPopへの接近を加速させるサウンドコーティングはやはり三毛猫ホームレスの手腕なのでしょうか)。一番好きなのは意外かもしれませんが‘Watermelon’です。伸びやかなヴォーカル、低空飛行からサビへの飛翔がすごく耳に心地よい。その裏で歌詞は切ないっていう。夏の終わりと恋の行方、そしてスイカ。Popだ!

後半4曲はRemixですが、これがまたPopで、ホントいっさいハズさない(歌をほとんど壊していないのは流石。抒情性も含めたオリジナルの強さが生かされています)。傑作という言葉を贈りたいデス。すばらしい。クラブミュージックにもアクセスしつつの女性ヴォーカルなポップスという点では、泉まくらDAOKOなどと共振する部分があると思いますし、そのお二方のファンという人は今作もマストだと思います。間違いない。あ、あとnetaudioの界隈でいうとlove.waveも近しいところにいると思います(私は言葉わかりませんけど)。


+ + +


Note :

Artist :
lulu
三毛猫ホームレス
Remix :
Track5 : Hercelot
Track6 : Yunomi
Track7 : DZZ
Track8 : MAVIS BACON
Photo:
Shintaro Yamanaka
Model:
Yuna / Hercelot
Style : POPS
Cat# : MARU-148
Released:2015/11/26
Format : MP3 320kbps




コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。