ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

ダークホルム – relivedナイトライフ [STC-015]

 ダークホルム - relivedナイトライフ [STC-015]

 – Tracklist –
 01. あなたがでステップ
 02. だまさ
 03. そんなに悪くありません
 04. 順番
 05. 逃げ場ありません
 06. 夜長
 07. ゲーム私たちは遊びます
 08. お入りください
 09. 前衛
 10. 認識カント
 11. dreamland夢の国



 - 07. ゲーム私たちは遊びます


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.11.13
 Label : STC Records

 Keywords : Chopped & Screwed, Electronic, Melodic, SynthWave, VaporWave, Vocal.


+ + + + + +


これは凄い。

VaporWaveは基本脱力しているというか、力強さとは無縁だという認識が私の中にはあるのだけれど、この作品は別。奇妙に力強い。しかもメロディを十二分にもっている。なんか分からんが押される。気圧される。凄くパワフルなバイブをもっていて、圧倒される。しかもそれはVaporWaveから派生していった向きもあるFutureFunkの享楽的な力強さとはまた別のものなのです。新しい次元の扉が開かれたような。

なぜか私の頭の中には、ホントに“なぜか”なのだけれど、プロレスのイメージがふとよぎったりもして、このノイジーで狂騒的な空間、そしてこちらに浸食してくる得体の知れないパワーが、そんなイメージを抱かせたのかもしれません。実際にプロレスを観覧したことのある方は分かるかもしれませんが、あの決して広くないリングで筋肉をまとった大きな身体同士がぶつかり合うことで発生するエネルギーの量というのは大層なもので、近くで見ていると、本当に押されるのです。触れられていないにも拘らず。と、はて、私は何について書いているのでしょう。軌道修正をば。そう、M-2~3など、なんならちょっとおどけたような調子もあって、たとえるなら魔界の運動会のBGMのようではありませんか! 水飴のようにしつこく粘るグロテスクヴォイスはときに獣の咆哮のようにも聴こえ、野性的・プリミティヴな力を感じさせつつも、どこかミステリアスで、不可思議なのです。サウンドはシンセオリエンテッドのようにも聴こえますが、そのあたりもプロレスラーの入場曲っぽいですよね?(いったい誰に語りかけているのか!)

ノイジーに膨張する空間と、Chopped & Screwedによる地底ヴォイス、排水溝ヴォイスがど真ん中で幅を利かせる中で、ふと聞き取れるメロディがあるのですが、それが“宇宙戦艦ヤマト”や“There Must Be An Angel”だったりするのです。やはりこのメロディの使い方がニクらしい。そんなようにPopなメロディを(スローモではありますが)ハッキリ鳴らしているのでそれを享受していると、ヴォエエエ、ヴォアアアとしたデス声にも通じるヴォーカルが後ろから突っ込んできて、これはちょっと新感覚VaporWaveじゃないですか。バックとヴォーカルがどっちも歪んでるんだけど、妙に乖離しているというか。(メロディとヴォーカルで)個別にエディットかけてるのかなと思ったりもするのですが、どうなんでしょう。どういう作り方してるんだろう。スタイルは確かにVaporWaveなんだけど、ノスタルジアや、過去を引用・異形化してリヴァイヴさせるのとはまた違った価値観を持っていると思います。面白い。不思議とリピートしちゃう。ウタモノVaporWaveっていうとまた違うのよな。なんかちょっとVGMっぽさもあるし。

ボーッと聴いてると引用されているメロディに気づかないのだけど、ふとカチッとチャンネルが合う瞬間があって、それはまるでラジオのアンテナがたまたま電波をキャッチして音声を拾ったかのようで、そんな感覚も面白く感じました。何気なく登場してるけど、怪作にして快作。

ああ、そうだ、短編小説の御大阿刀田高さんのエッセイ集“恐怖コレクション”の中だったと思うんだけど、“翻訳された海外の短編小説の中にはこれのどこが面白いんだろうと首をかしげたくなるものがある”という旨の文章があったと記憶しています(部屋のどこかに絶対にあるはずで、きちんと当該の文章を引用したいのだけど探す気合がないので曖昧な記憶でご容赦ください)。と思っていたら見つかったので、引用させてください―“とはいえ毎月翻訳される外国のミステリ短編には、どこがおもしろいのか真実首をかしげたくなる作品が少なくない。ダールやブラッドベリィなど大家の場合でも例外ではない。日本の短編の方がよほどすぐれているのではあるまいか。それとも読み手の興味が彼と我と異なっているせいなのか。いつも釈然としない。”。この文章にはすごく共感したことを覚えています。それと同じように、世の中には何か分からんが人気を集めているVaporWave作品があったりして(いやそこに限らず何でコレが?ってものは多くあります。それは私に見る目がないってこともありましょうが)、でもこの作品の方がよっぽど面白いし、すごいんじゃないかなあと個人的には思ったりもするのです。

話逸れたなあ。おしまい。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。