ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Disko-ions – Tapesoup

 Disko-ions - Tapesoup

 – Tracklist –
 01. Mushroom Farm
 02. Loft Cassette
 03. Depth Tested
 04. Sayga Dreams (Bandcamp Bonus)



 - 02. Loft Cassette


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.01.31
 Label : Diskortion Records

 Keywords : Ambient, Chill Out, Electronic, IDM, SynthWave, Techno.


 Related Links :
  ≫ Disko-ions on Last.fm / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


UKのレーベル、Diskortion Recordsより。Disko-ionsの新しい作品がリリースされています。名前からもわかるように、このレーベルはDisko-ionsのワンマンレーベル。彼の作品しかリリースされておりません。

これまでにも複数リリースがありますが、Techno的なフラットなビートと、チルなシンセを組み合わせた、抑制されつつも煌びやかな、SynthWaveなサウンドが彼の持ち味だったように思います。しかしやはりElectronic musicの作り手の性とでもいいましょうか、前作“Precincts”や、より遡っての“Bird Blender C30”では、VaporWaveの影響を感じさせるサウンドに。特に前者では如実にその傾向が表れていました(否定的な物言いではありませんよ、念のため)。良くも悪くも器用貧乏と申しましょうか、バランス感覚が目立ってしまって、いまいち引っ掛かりを感じられない、ツルリとした聴き心地に、“玉に瑕”という言葉を使いたくなるような。

しかしここにきてVaporWave色は取り払い、原点回帰の様相。warmlyなアンビエンスとミドルテンポのビートでもって、これまでよりも、いっそうAmbientな方向に傾いています。電子的な響きも強くあるけれど、私の耳をとらえるのは、M-1やM-2において流れている、ノスタルジックで包容力のあるレイヤーなのです。あるいはM-4における、クリスタルライクなスローな瞬き、その音像が生み出す、チルな感覚。総じてドリーミィ。とってもチルアウト、なのです。

失礼ながら、こんなによかったけなあと思って、過去作を聴き返してみたのですが、今までの私にどんなバイアスがかかっていたのか定かではありませんが、問題なく“よい”と感じられるではありませんか。毎回特にコンセプトのようなものは明言されていないのですが、作品ごとに明らかに傾向に違いがあって、そういった作り分けっていうんですか、それはやっぱりテクニックというか、才能だよなあと、思います。派手さのあるサウンドではありませんが、よい作品だと思います。今作も、これまでの作品も。

当然ながら、というべきか、近作の方が確実にクオリティがあがってきてるので(特に音の立体感が好ましいです)、これから先にまだ脱皮を控えているのではないかと、楽しみにしてます。下に過去作からもいくつか-



 - Love Interest (from “Precincts”)



 - Mongoose Trax (from “Pineselect Day EP”)



 - Geiger’s Lawn (from “Genealogy Bytes EP”)



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。