ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

TREEREFLECTION – OVERCAST [BLCR – 0028]

 TREEREFLECTION - OVERCAST [BLCR - 0028]

 – Tracklist –
 01. MORNING
 02. AWAKE IN THE SLEEP
 03. WET
 04. BODY WITHOUT A SOUL
 05. ESSENCE
 06. LAST BLOOM
 07. I AM (FEAT. PLAYA DEL ANKH)



 - 03. WET


+ + +


 Release Page Download Free! * = pay what you wish.) :
  ≫ [ main* ] / [ MEGA

 Release Date : 2016.02.25
 Label : Bloody Carpet

 Keywords : Ambient, Beats, Dark, Drone, Nature, Shoegaze.


 Related Links :
  ≫ TREEREFLECTION (a.k.a. 木の反射) on SoundCloud / on bandcamp

  ≫ PEGA (a.k.a. PEGA速力) on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


苔むした樹木の表面を映したこのジャケットイメージに惹かれたわけですが、よくアーティスト名を見てみると、TREEREFLECTIONとある。TREEREFLECTION? 直訳すればTREE = 木、REFLECTION = 反射。どこかで見た名前ではないかと思って、リリースページにあるSoundCloudへのリンクをたどると、その先でたどり着いたのは、やはり“木の反射”のbandcampであった。そして彼―木の反射が2015年末に2作目にあたる“Body [Disc II]”をリリースしていたことも知ったわけですが(ついでにいえば、同時期にNo Problema Tapesから、1作目と2作目を合わせた“Body [Disc I] + [Disc II]”を、カセットテープでリリースしている。デジタルフォーマットでも入手可能) 、そちらは前作を踏襲したNewAge~Orientalなフィーリングを持ったmeditativeなAmbient/VaporWaveになっていました。

おそらくそのあとに名義を“木の反射”から“TREEREFLECTION”に変更したのではないかと思うのですが、もしかしたら今後も使い分けていくのかもしれません。木の反射はもともと“PEGA速力”(現在は“PEGA”)として、Smooth JazzやLounge、AORの要素が強い、ストレートなMallsoft/VaporWave作品を作り続けていましたが(今も続けてます)、その一方で木の反射名義で、VaporWaveの手法を利用したAmbient作品を作ってきたわけで、ここにきて名前を変えるということが、果たして何らかの意味を持っているのだろうかと、考えてしまったわけですが、とりあえず聴いてみると、これがまたPEGAとも木の反射とも違っていたのです。おそらく何の手がかりもなければ、同じ人物が作ったとは見抜けなかったでしょう私。

Dark Ambient~Beats musicを感じさせる、非常に暗い作風になっています。ジャケットイメージやタグからもおそらくは自然をイメージしていると思われますが―森でしょう―、なるほど確かに、鬱蒼と樹木が茂る暗い森を音像化したような聴き心地。厳かな雰囲気も持った、Droningされたレイヤーは、森に立ち込める白いミストのよう。M-2‘AWAKE IN THE SLEEP’などは、あるかなしかの人声(ささやくような)がミストの向こうから聴こえてくるような、絶妙なエフェクトがほどこされていて、ミスティックなイメージを描くことに成功しています。

そんなダークなイメージを持つ流れの中で、異彩を放つのが、M-3‘WET’やM-7‘I AM (FEAT. PLAYA DEL ANKH)’、前者はAphex Twinの“Selected Ambient Works Volume II”にも通じるような涅槃を見せるAmbient/Drone、後者はDeepでコズミックなレイヤーの立ち上がりから、やがてエモーショナルなギターが鳴きはじめ、けれどそれはVaporWaveの音作りとはどうやら違うように感じられるという、意表を突くトラック。

M-4‘BODY WITHOUT A SOUL’にしても雨音と振動するビートの合体であったり、M-5‘ESSENCE’やM-6‘LAST BLOOM’も、変調するシンセレイヤーの滞留が神秘的でありながらも仄暗いシーンを演出するなどしていて、これまでの作品では見せていなかった部分を如実に感じることができます。そう考えると、名義の変更というのがやはり作風の変化と結びついていると捉えることもできますが、果たしてこれから先も今作のような作風で通すのか否か、気になるところですが、そこは要注目ということで。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。