ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Majin Bu – 015 [PPR #407]

 Majin Bu - 015 [PPR #407]

 – Tracklist –
 01. 015
 02. Hectagon
 03. Reedham
 04. Black Cloak
 05. AMG
 06. Spiral Galaxy
 07. Epilogue



 - 05. AMG


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2015.11
 Label : Pure Potentiality Records

 Keywords : Electronic, Hip-Hop, Sample-Based, Trap.


 Related Links :
  ≫ Majin Bu on SoundCloud

  ≫ BENSTEPNER.COM
  ≫ Ben Stepner on Last.fm / on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


アメリカのプロデューサ、Ben Stepnerがけん引するネットレーベル、Pure Potentiality Recordsより。彼とd/nyceによるユニット、Majin Buの作品です。前にも紹介しましたが、d/nyceについては相変わらずくわしいことは分からず。今回の“015”というタイトルに込められた意味も分からない。ついでに、このジャケットイメージも何じゃろかという感じ。だがそれがいい。前回紹介した“Hologram”のジャケットイメージだってよく分からなかったし。

Ben Stepner自身もそうですが、このMajin Buもけっこうな頻度で作品を公開しているので、私もすべて聴ききっているわけではないのです。前にも書きましたが、完成形なのかラフスケッチなのか、とにかく連投、Benに関しては違う名義でもまた連投なので、ほぼ自身のリリースで固められたレーベルのカタログは現時点で400番台というのも納得です。しかし粗製乱造というイメージも私の中にはなくてですね。なにがしかの引っ掛かりを感じておるので、こうやって機会があるときに聴いていくわけです。

今回もけっこう久しぶりに耳を傾けてみたのですが、はて、いかに。と、メロウなフィーリングを獲得していることに驚かされた(Hip-Hopのメロウとはちょっと違うんだと思うけど)。ミニマルなことはミニマルなんだけど、明らかに聴き心地に音楽的なものが流れていて―言い換えればMelodicに感じられて―、そこが何より私を惹きつけるのです。今作や“Ginger Candy”のジャケットイメージ、それからNinja Cyborg”もそうだけれど、なんとなくオリエンタル(ないしはアジア)的なものがイメージとしてあるのかなあと、感じます。別にサウンドとして表面化しているわけではないので、それほど強いものではないと思うんですが、ネーミングやイメージのチョイスに現れるくらいには、意識されているんだと思います(以前にも“Yoshimitsu”というタイトルがありました)。

Hio-Hop~Trapのビートと、簡素なメロディ(これはオリジナルかサンプルかは判然としない。どちらもあるのかもしれない)を組み合わせた、シンプルなミュージックなのですが、メロウというか、若干の感情性、抒情性のようなものが感じられて、心をくすぐられてしまうのです。‘AMG’などはメロディはゆるやかなのに裏でTrapビートがポコポコと回転していて、なんだか奇妙な聴き心地。面白いです。使われているメロディのせいもあるんでしょう、聴きようによっては、ちょっとVaporWaveっぽくもある。‘Spiral Galaxy’などはAmbient/Electronicaタッチのウワモノがドリーミィに響く小品。そこで一回トーンを落として、そのままラストの1分弱の‘Epilogue’へ繋げるという、作品としての流れも意識されているであろう、珍しく(?)、まとまりのある作品になっています。

全トラックではないかもしれませんが、今作に関してはサンプルに使われたと思しき曲が、タグに記載されています。せっかくだから記載しつつリンクも貼っておきましょう。どういう形で取り入れられているか、耳を傾けてみると、面白いですよね―

01. 015 ≫ Quincy Jones – The Secret Garden (1989)
02. Hectagon
03. Reedham ≫ Squarepusher – A Journey to Reedham (7AM Mix) (from “Big Loada”, 1998)
04. Black Cloak ≫ PARTYNEXTDOOR – Party At 8 (prod. TM88)
05. AMG ≫ G.Benson – Love Will Come Again (from “In Your Eyes”, 1983)
06. Spiral Galaxy ≫ Zombi – Andromeda (from “Cosmos”, 2004)
07. Epilogue ≫ Brian Eno& Robert Fripp- The Heavenly Music Corporation (from “No Pussyfooting”, 1973)



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。