ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

Samsara Inc. ‐ Possible Worlds [CUNTROLL092]

 cover
 
– Tracklist –
 01. Before winter ends
 02. Deep inside her eyes
 03. Episodes of other madness
 04. Gravity
 05. Hope
 06. Inner city night



 - 01. Before winter ends


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2016.03.01
 Label : Cuntroll

 Keywords : Acoustic, Chill, Downtempo, Melodic.


 Related Links :
  ≫ Samsara Inc. on Last.fm / on SoundCloud / on PROMODJ


+ + + + + +


ロシアンネットレーベル、Cuntrollより。以前に紹介したこともある、シベリア南部はアバカンのトラックメイカー、Samsara Inc.の新しい作品がリリースされています。

ピアノのメロディと、生っぽい、艶っぽいギターの邂逅、そしてElectronicなリズムと、音作りは前作と大きく変わったところは見受けられませんが、感覚的な部分で言うと、郷愁が軽減されて、爽やかさが増したような、そんな印象を持ちました。M-1‘Before winter ends’などを聴いていると、ウィンドウチャイムのようなサラサラ、キラキラした効果音や、シンセのアクセント、ブラスの音色まで入り込んできて、幕の内弁当の様相で食べ合わせはバッチリ美味いという仕上がり。しかもリズムはDrum ’n’ Bass(!)。

やっぱり相変わらずLoungeっぽいソフト感というか、イージーなフィーリングみたいなものが漂っているのだけれど、肝になっているのも相変わらずギターの音色だと思うわけです。伝わりにくいかもしれないけれど、このインディーな雰囲気というんですかね、どこから引っ張ってきた―つまりどこに影響源があるのかは分からないんだけれど、インディーギターロックバンドみたいなギターフレーズをチラっと垣間見せるときがあって、その拍子に私の琴線はブルブルと応答してしまうのです。このギターの生っぽさ、感情性というやつは特に全編で発揮されているというわけではないんだけれど、この部分がやっぱりSamsara Inc.のサウンドの肝になっていると思うので、もっとギターを聴きたいなあと、素直に思う次第であります。

別に世界中の音楽を聴いているわけでもないくせに、何かと“ロシアは独特”と、頻繁に私は書いていますが、今作を聴いてもやっぱり独特だなあと思います。大味なのか細かいのかよく分からない音作り、上にも書いたように影響源がストレートに感じられない、エッセンスのミステリアスな混合具合。‘Hope’なんて、ハートの鼓動やグラスの割れる音を小道具に使いつつ、先にも書いたようなインディギターな出だしからピアノが転がりアラ爽やかと思ったら、中途からいきなりWavyなシンセが前面に出てきてうねり始め、どこかしら牧歌的な風景が広がるという、謎の感覚が魅力的だったり。そのつながりでいうと、謎のシンセ音?かスクラッチ音?だか分かりませんが、鳥獣の鳴き声のようなキュイキュイした高音が鼓膜に切り込んでくる‘Episodes of other madness’も面白いですね。ラストの‘Inner city night’はタイトル通り、夜の街、アダルティな雰囲気で渋くまとめてきます。

トータルで約20分という短い作品ですが、コンパクトにまとまっていて、よい作品だと思います。総じてMelodicだから、非常に聴きやすいです。季節の変わり目にふさわしい、爽やかで、ちょっとだけ切ない音像が好ましい。


+ + +


(CC) by – nc – nd 3.0



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。