ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

lexis shii – Four Heart Romance

 lexis shii - Four Heart Romance Cover

 – Tracklist –
 01. Four Heart Romance (The Passage of Each Day)
 02. Four Heart Romance (Noah Hafford Remix)



 - 01. Four Heart Romance (The Passage of Each Day)


+ + +


 Release Page Download Free! (* = pay what you wish.) :
  ≫ [ main* ] / [ MEGA

 Release Date : 2016.08.01
 Label : Not On Label

 Keywords : Electronic, Pop, Vocaloid.


 Related Links :
  ≫ lexis shii on Facebook / on SoundCloud / on Twitter


+ + + + + +


まさかlexis shii(いつの間にか☆が取れていますね)が戻ってくる、というかリリースをするとは思わなかった! PURE AESTHETEから“It’s Only Goodbye ~ No, Longer”をリリースしたのが2014年、それからリリースらしいリリースはまったくなかったし(今でもSoundCloudには公開されているトラックはほとんどない)、音楽的な動きもHi-Hi-WhoopeeにMIXを提供したことくらいしか記憶にありませんでした。この界隈、じゃなくても、何も告げずにフェイドアウトしてしまうクリエイターってのは多くいますから(事情はさまざまでしょうが)、lexis shiiもさすがにこれはもう戻ってこないかなあと、残念に思っていたところ(ネット上で2年の沈黙ってけっこうですもんね)。“It’s Only Goodbye ~ No, Longer”が好きだった私は、たとえ単発であろうと、このリリースはすごくうれしいです。

lexis shiiといえばPopなメロディとVocaloidによる歌唱が特徴。というとありがちに思えるかもしれませんが、個人的にはバックトラックの混沌具合がこのlexis shiiのユニークな部分だと思っています。前作の時にも何でこのバックトラックにこのメロディ乗っけってるんだってすごく不思議に思ったことを、今でも聴くたびに思い出します。リズム面ではTrapっぽい雰囲気もあったりして、その上をさまざまなシンセフレーズが行き交い、しかもメロディは直球でPopっていう、このマジカルなバランス。一歩バランスを崩すと甘くなりすぎたり、逆にPopから外れてしまいそうなところを踏みとどまっている。

そんなlexis shiiが作ってきた今作はタイトルトラックとそのリミックスという、2トラックしか含まれていませんが、lexis shiiの真骨頂が示された快作といっていいでしょう。再生時間をみると分かりますが、タイトルトラックはなんと8分超えの長尺。ElectronicなビートにPopなメロディ、Vocaloidの歌唱と、確かにlexis shiiの特徴が変わらずにありますが、しかしこれはずいぶんとストレートな印象・・・洗練されたのか、それとも・・・と思っていると、明らかにこのトラックは前半と後半に分けられていて―もっと細かく言えば4つのパートになるのかもしれない―終盤に入って、伸びやかなヴォーカルと合わせるように、ビートは激しく、シンセは唸り始め、ここ一番のエモーショナルクライマックスが訪れて、安心のlexis shii節が堪能できるというわけです。歌詞も私はすんなり頭に入ってくるわけではありませんが、悩みに憂う背中をそっと押すようなものになっているようです。ちょっとさびしそうで悲しげで、でもそれらをやさしく照らすような光が感じられるというフィーリングは、私の中でやはり“Pop”に一致します。

そしてNoah Haffordが手がけたリミックスはビートをよりストレートに、煌びやかな電子音や、心躍るシンセフレーズを加味して、オリジナルよりさらにPopに接近させたトラックになっています。たとえばFuture BassとかBass musicに依ったスタイルになっていないのは、私としては好感触です。Noah Haffordはこのほかにも自身のbandcampなどでもPopなElectronic musicを公開しているので、気になる方は是非聴いてみてください。せっかくなので、以下に1曲(メチャメチャよい!イントロでもう胸が騒ぐ)―





今作でlexis shiiのトラックメイカーとしての健在ぶりがアピールされたわけですが、スパンは空いても良いですから、これからもときおり私たちの耳と心を刺激してほしいですね。是非とも。


+ + +


Credit :

Cover Art by: htr3ia.wix.com/memori // twitter.com/hinomemo

thx for the remix Noah!
soundcloud.com/noahhafford // twitter.com/NoahHafford



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。