ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

DRone 駅 – Stay Hydrated!

 DRone 駅 - Stay Hydrated! Cover

 – Tracklist –
 01. Puddles
 02. Ocean
 03. Thunder
 04. Rain
 05. Drowning
 06. Waterfall



 - 02. Ocean


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.09.17
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Drone, Hydrate, Piano, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ DRone 駅 on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


DRone 駅は素性不明。SoundCloudで唯一フォローしているのがIn-DreamviewというPost-Rockを主にしたInstrumentalプロジェクトなので、そちらと何がしかの関係があるのかもしれません。関係ないかもしれないので深くは追いませんが、そちらはそちらで素敵な音楽です。

DRone 駅の1作目は“Stereo Sunset”で、そちらはSample-Basedで気だるげな、つまりは真っ当なVaporWaveなのですが、この2作目はどうも毛色が違っている様子。タイトルにも表れているように水がテーマになっているようで、VaporWaveの気配はほとんど感じさせない、静かな作品になっています。M-1などDroningなレイヤー(スローなストリングスか?)が浮き沈みする中で、ギターの弦だろうか、シャラシャラと鳴り響き、また讃美歌のようなヴォーカルラインのようなものが重ねて流れてくる。その重さを持った浮遊感は荘厳な感覚にも結びつき、儀式的(あるいはRitual Ambient)なイメージもあり。この粛々とした調子は非常に好み。

M-2もポワン、トロンとした電子音の玉が瞬く、ドリーミィにして不穏なトラック。イメージは夜の海だろうか。月明かりの冷たくファンタジックな光と、その足元で寄せては返す波の動き。落ち着いた静けさの中にフト滲む海からの不安。M-3はかろうじてChopped & Screwedが用いられているけれど、されどこれをもってVaporWaveといってしまうのは、いささか強引か。エコーイックなドラムとまどろむようなギターの爪弾きは、VaporWaveと関連の強いJazzというよりは、Post-Rockのにおいが強いように感じられる。

今作の特徴のひとつにPianoがある。M-4‘Rain’、M-5‘Drowning’、M-6‘Waterall’では抒情的なPianoの旋律が用いられていて、これも今作のイメージを“静”の方向に近づけている。サンプルを使っているにしても過剰なエディットもかけられておらず、かといって80sのヴァイブを感じさせるようなメロディが使われているわけでもなく、VHSな質感があるわけでもない。そう、思えば今作について認(したた)めるのにVaporWaveのタグはいらなかったな・・・。そのワードに踊らされてしまった感がある。その側面から聴かないと魅力がない作品なのかと問われれば、そんなことはない(特にM-1~M-2が好みである)。

“Hydrate”というワードをなぜ用いたのか、そこにある真意は分かりませんが(なぜ“Water”ではないのか)、水の持つ静かなイメージと、また一抹の不安(のようなもの)は確かに感じられます。と、ここからいつもの関係ない話にいってしまうのですが、このダークブルーを基調にした、曲線の少ないジャケットイメージ、これが私の脳裏に呼び起こしたのは、ビデオゲームの“Outer World”(原題“Another World”)のデザインなんですねえ。あのゲームも地下世界を舞台にしていて水と無関係ではないし、どこかでつながったんでしょうね。世界観は違うけれど―



+ + + + + +


EmEss Musicのチャンネルでは、DRone 駅の“ぬれた臓器”というトラックに映像をつけて公開がされているけれど、このトラックはどこから持ってきたのだろう。これもPianoのトラックで、映像はEmEss Music側でつけたものだろうけれど、緊張感と暴力、そして静寂がないまぜになった映像は実に好みです。“セッション”(原題:Whiplash)や“アメリカン・サイコ”、“ファニーゲーム U.S.A.”、大友克洋の作品などが使われている。個人的には北野武監督の作品も似合ったような気がする。


DRone 駅 – ぬれた臓器




コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。