ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

sensei40 – adventures in vHS vol​.​2 // erotica, horror & jungle edition

 sensei40 - adventures in vHS vol​.​2 // erotica, horror & jungle edition Cover

 – Tracklist –
 01. svensk dragkedja
 02. opportuni?
 03. kurrylude
 04. rupee boogie
 05. dariva
 06. moeesehs
 07. kaltakia mastoraki
 08. telepathic sea monster
 09. sioux farfalle
 10. mitaba!!



 -  01. svensk dragkedja


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.10.21
 Label : Not On Label

 Keywords : Cinematic, Erotica, Hip-Hop, Horror, Sample-Based, VHS.


 Related Links :
  ≫ sensei40 on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


VHSの魅力というのは、どこにあるのだろう。日本で全盛を極めたのはバブル時代というのが、一般的な認識のようです。そういった背景もあるのでしょう、今では到底作品として世に出ることはないであろう代物が次々と、大量に、世に放出され、それが今もってマニアのコレクション心をくすぐっているという部分もあるようです。けれど私が言っているのは“そういうこと”ではなくて、VHSテープに収められた映像や音声に、なぜ魅せられるのかという話。前にもほかの作品について似たようなことを書いた気もするけれど、私にとってはやはり“いかがわしさ”というやつが、大きな魅力になっている。現在の再生機器によるものと比較すると、圧倒的に粗い画質と音声―必ずしもVHSのみがそこにあてはまるわけではないのだけれど、その部分は少なくとも私の中ではVHSと不可分となっています。

粗い画質と音声によって醸されるいかがわしさという点で話を進めていきますが、たとえば、そう、最近だったら“推定年齢12000歳の巨人が冷凍睡眠状態で発見される…イランの洞窟”(“Anunnaki Royals found in a sleeping stasis”)とか、逆に50年以上も昔だったらビッグフットの有名な動画(“Patterson/Gimlin Bigfoot Film – Complete Version”)とか、そういった一種オカルティックな映像であるとか、やはり音楽ファンとしてはいわゆる海賊版の存在も忘れちゃいけない、決して地上波には乗らないアンダーグラウンドで過激なミュージックビデオなどをダビングにダビングを重ねまくった劣悪な状態で観賞したりとか、70~80年代のパワー溢れるホラー映画であるとか―(別にこれを出す必要はないんだけど、たまたまですね)“OGROFF”―、その種の分けのわからなさと、不明瞭さを充満させ、しかしだからこそ知的好奇心を煽られ、そこから必然的に立ち上る浪漫の煙というヤツが、私にとってはVHSの最大の魅力(繰り返しますけど例に挙げた映像の記録媒体が実際にVHSのテープであるかどうかは問題ではないのです。私の中でVHSと結びつくイメージとしてそのようなものが在る、ということです。そして一文を長く書き過ぎだなアハハ)。

別にDVDだってBlu-ray Discだって、各種ストリーミングだって、いかがわしいものはいかがわしいんだろうけれど(エロティックなものも含み)、その点VHSの方が圧倒的強度を持っているのはなぜなのだろう。ここでやはり時代背景を取り入れざるを得なくなったけれど、VHS全盛期にはやはり観賞場所はお茶の間が基本だろう。デッキがそこにあるからだ。お茶の間でいかがわしい映像を見るとしたらどうする? 気がおけない友人と、というシチュエーションもあるだろうけれど、圧倒的に1人で、ってのが多いんじゃないかなあ。だから人目を盗んでこっそりと、一人で行うその秘密めいた行為―観賞―にあるスリルってやつは、VHSの内包するいかがわしさを何倍にも膨れ上がらせる、のではあるまいか。そう考えると、いまどきの一人に一台ってPC環境では、アレですね、そういったスリルなんて微塵も発生しないですね。そうすると逆に、その個人のPCで行われるすべての行為が、もう全ていかがわしく思えてきてしまいますよ、私は。欲望に直結しているといいますか。怖いもの見たさ、みたいな欲望は今だとLiveLeakとか(他にもあるね・・・)が引き受けてしまうのだろうし、真偽問わずとも信じられないくらいGoreなイメージがそうやってあっという間に世界を駆け巡っているその現実、空恐ろしい―

はて。いったい何の話をしている、のか。

sensei40って何か不思議な名前ですけど、プロフィールを信じるなら、ギリシャのトラックメイカーのようです。作品に付された記述を読むと、今回は“swedish and hindi erotica, cult horror, and italian spy & jungle virgin movies”の類からサンプリングを行っているようです(西部劇も含まれるよう)。そしてそれらを編集加工したのが本作ということになるようですが、冒頭からたまりませんね、このVHS感、もとい、いかがわしさ。まぶたの裏に浮かぶ、Lo-Fi ヴィジョン。なにがしかのイメージのもとに作られているとは思いますし、やはり映画からのサンプリングということで、自然シネマティックな作品になっています。ジャングル探検隊が暴いた古代の墓からゾンビウィルスが世界に蔓延する!みたいな(なんかイメージが“ブレインデッド”に引っ張られてる気がする。あとそこまでホラーチックではない今作)。eroticaということでその路線の喘ぎ声なんかも使われているけれど(思えばジャケットイメージもその方向なのか?)、どこかコメディタッチなんですよね全体的に。深刻さだとか過激さだとかはまったくなくて、ちょっと矛盾するかもしれないけれど、長閑な雰囲気があるんですよ。タグに使われているようなブードゥーのおどろおどろしさも醸されていますが、すべてをジャングルが包み込んでいるような、フラットな視線で見守っているような、奇妙なぬくもりが感ぜられます。ズバリちょうどよい。VHS感、いかがわしさは確実にありつつも、入れてるビートはHip-Hopだし、不思議に心地よい。そうかここにあるのはきっとエキゾチックだ。

ひとつ前にカンフー映画をサンプリングした“adventures in vHS vol​.​1 // martial arts edition”もありますが、これを聴いててふと思い出したのが、昔Last.fmで出会ったHwang Jang Lee。めっちゃ近しいサウンド。でも関係ないか。・・・今回特にまとまりがない文章・・・。


+ + +


Note :

This time sampling flicks like swedish and hindi erotica, cult horror, and italian spy & jungle virgin movies. Also, felt obliged to sample a western so here’s a second bunch of noisy nuggets. MITABA!!!!



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。