ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

John D. Reedy – The Great Long Distance

 John D. Reedy - The Great Long Distance

 – Tracklist –
 01. Dreams of Budapest
 02. 60 Days
 03. 30 Days
 04. Heathrow / Stansted
 05. Dreams of Athens
 06. Sehnsucht
 07. Athens International
 08. Summer’s Afterglow
 09. The Great Long Distance
 10. Lost Dog
 11. We Remain
 12. Together



 - 04. Heathrow / Stansted


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.02.17
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Cinematic, Classical, Long distance relationship, Piano, Soundscape.


 Related Links :
  ≫ Evæl on SoundCloud / on bandcamp

  ≫ John D. Reedy on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


イギリスのミュージシャン、John D. Reedy。以前にはEvælの名義でリリースもあります。Neo folk/Neo classicalな音楽性のメランコリックなウタモノ“Breath”を経て、リアルネームで挑んだ今作のテーマは、“long distance relationship”。

遠距離恋愛の12ヶ月(なので12トラック)を表現した音像になっているようですが、ClassicalなPianoのメロディとAmbientなエフェクトが描き出すのは、ドラマティックでロマンティックなサウンドスケープ。ジャケットイメージから想像を膨らませると、時は中世、航海士の男と、港町の娘の恋、といったところでしょうか。航海によってはいつ帰ってくるかも分からず、命の保証すらないような、危険極まりない、船の旅。もしかしたらもう会えないかもしれない。大げさではなくそんな可能性があるのだから、旅立ちのとき、そして生還のときに、それぞれの心中には、それはそれは強い気持ちがあったことでしょう。

初期の航海では遭難や難破、敵からの襲撃、壊血病や疫病感染などによって、乗組員の生還率は20%にも満たないほど危険極まりなかった。しかし遠征が成功して新航路が開拓され新しい領土を獲得するごとに、海外進出による利益が莫大であることが立証された。健康と不屈の精神そして才覚と幸運に恵まれれば、貧者や下層民であっても一夜にして王侯貴族に匹敵するほどの富と名声が転がり込んだ。こうした早い者勝ち の機運が貴賎を問わず人々の競争心を煽り立て、ポルトガル・スペイン両国を中心にヨーロッパに航海ブームが吹き荒れるようになった。(from Wikipedia

そんな“大航海時代”という大きな大きな流れの中で見れば、船乗りと町娘の恋なんていうのは塵(ちり)のようなものなのかもしれないけれど、でもきっとあったと思うし、そこにあった気持ちの強さっていうのは、どんな物差しでも測りきれないものだったでしょう。大航海時代というロマンチックな(けれど厳しい)時代の中に埋もれたロマンスが、ここに記されている、そう考えると、時間にして決して長い作品ではありませんが、非常に重みが感じられてきます。1冊の本や、1本の映画にも負けていないような。12のトラックに物語は付されていませんが、聴いた人がそれぞれ、想像してみるのも、面白いかもしれませんね。

音楽的には特別なことが成されているわけではありません。穏やかだったり、ハッピーだったり、ピースだったりというよりは、どちらかというと、切なかったり不安だったりといった、sadな感情性が強いようにも感じられます(それはそうか)。意外に、ということもないんだけれど、メロディで引っ張る感じではなくて、大きなうねり―つまりサウンドスケープ―で空間を演出している感が強いので、その辺りがタグに用いられている“post-rock”に通じるのかなと思います。

ひとつ気になるのは、この物語がハッピーエンドなのか否かという点なのですが・・・。ラストが‘Together’なのでポジティヴに解釈できそうですが、その前の‘We Remain’はどう捉えるべきなのだろう。ジャケットイメージにしたって、これが出発の前なのか、それとも帰還の後なのかで、またそこに生じるものが大いに変わってくる。と、ここでJohn D. ReedyのSoundCloudを覗いてみると、わずか3トラックが残されていて、タイトルにはそれぞれMonth 22, 23, 24とつけられている。これは今作に収められなかった“その後”なのだろうか、果たして・・・。

リラクシンとはまた違うと思いますが、自身の頭の中に物語を作り上げることができたなら、終幕のときには涙が頬を伝う可能性もあるでしょう。というように、非常にイマジネイティヴな作品でもありますが、音楽単体でみても素晴らしい作品だと思います。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。