ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

カテゴリーアーカイブ: Morning Hour Records

ᴅᴀɪᴋᴜ ɪɴᴅᴜsᴛʀɪᴇs – astronomy club [MHR040]

 ᴅᴀɪᴋᴜ ɪɴᴅᴜsᴛʀɪᴇs -  astronomy club [MHR040]

 – Tracklist –
 01. collateral
 02. below the buzzards
 03. kill this distance ft. atw
 04. human voices
 05. and we drown



 - 03. kill this distance ft. atw


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.04.29
 Label : Morning Hour Records

 Keywords : Anime, Breakcore, Electronic, Emo, IDM, Hip-Hop, Melodic, Sample-Based.


 Related Links :
  ≫ Cherax Destructor on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter / on patreon


+ + + + + +


2012年にNat Wesleyによって設立されたアメリカはテキサス州ヒューストンのレーベル、Morning Hour Recordsより。Cherax Destructorとしての活動をメインにするPatch Hutleyの別名義、ᴅᴀɪᴋᴜ ɪɴᴅᴜsᴛʀɪᴇsの作品です。彼は同レーベルに運営者としても関わっており、これまでにCherax Destructor名義で“Cenotaphs”、“Hymn of the Haunted Hunter”、helpful kappa名義でも“we are spirits now, rejoice”をリリースしており、一定の人気も獲得しています。“Cupcake”を聴いたころから彼が作るメロディが好きで、気にしていたんですが、チェックを怠っていた間にずいぶんとリリースを重ねていたようで、今では両手の指を超える数に。

名義の使い分けがどのようになされているのかハッキリしませんが、おそらくᴅᴀɪᴋᴜ ɪɴᴅᴜsᴛʀɪᴇs名義では現時点で今作しかリリースはありません。Cherax Destructorはもっとも間口が広いといいますか、音楽性が幅広いと思います。メロディを生かした柔らかいウタモノから、Electronicな響きの中でIDM/Hip-Hop/Post-Rock、その他さまざまな音楽性のエッセンスを感じさせる作風。いずれにしても最終的にはメロディで聴かせるスタイル。helpful kappaでは割とメロウなイメージもあって、ストレートなPost-Rockに寄っている印象もあります。

彼の作る音楽は、バンド志向っていうほどでもないかもしれませんが、衝動性、エモーショナルな部分が強くあって、それが歌-メロディと組み合わさったときに、とても心に響くのです。その衝動的な部分、エモーショナルな部分がもっとも色濃く反映されているのが、このᴅᴀɪᴋᴜ ɪɴᴅᴜsᴛʀɪᴇs、なのかもしれません。どこまでがサンプルベースなのか分かりませんが、さまざまなサウンドを組み合わせて作り上げられたカオティックなサウンドは、今までになく金属的で、ダークな調子もあります。しかしその中でもやはりメロディが忘れられていないのが、彼の持ち味。

アニメからの引用もあるようですし(私にはハッキリとは分からない)、Breakcoreの側面も見せてくる、と書くと金太郎飴的なイメージも持たれるかもしれませんが、彼のサウンドは先にも書いたように、どこか肉体性を感じさせるのです。特にM-3‘kill this distance ft. atw’は抜群にEmoい。EDMやIDMやHip-Hopを飲み込んで、AlternativeなPop/RockをEmoに放射。なんならちょっと泣きそうになるくらい。好きなアーティストのライヴ見て泣きそうになったことある人ってたくさんいると思いますが、あれって悲しいとか嬉しいとか、そういうのとは別で、そういうのは飛び越えてて、感情昂って泣くんだと私は思います。このM-3もそう。歌詞の意味を100%把握できないけれど、やたら感情昂るのです。アニメの要素にしても、カオティックでEmoいサウンドに埋め込むことで、いわゆるナードなイメージからは巧妙に距離を置いているように思います。その辺りの聴取感もユニーク。

今回はその‘kill this distance ft. atw’にヤラれてしまったので、今作をピックアップしておりますが、ほかの作品もどれも素晴らしいので、気になった方は是非、上記bandcampなりSoundCloudなり訪れて、耳を傾けてみてください。下にいくつか-



 - leave our broken shells behind (from “we are spirits now, rejoice”)



 - The Rescue (from “Lost No Longer”)



 - Cupcake (from “Objects in Space EP”)


ちなみに“Cherax Destructor”って、“ヤビー”ってザリガニの学名らしいよ!


+ + +


Message :

because the fear is always there, but we keep it at a distance – through a broken lens, facts and figures we so easily forget, or a song about somebody else

all donations will be intensely appreciated and warrant a personal thank-you email + a cheeky bonus track 8)

artwork by sharpieboss
sharpieboss.tumblr.com

live drums on 01 by flowerrs
soundcloud.com/flowerrs
vocals on 03 by adamth3walker
soundcloud.com/page-fortysix

with eternal love + thanks to Yōko Kanno and Hiroyuki Sawano

~that must be the power of daiku industries~



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。